人生には、遊びも必要。


IT系の有名な会社にはデスクの位置が決まっていない会社や、

オフィスに託児所スペースを設けてある会社、

自由な服装で出勤できる会社があったりします。

オフィスにバスケットゴールが設置してあって

自由にシュートできるとか、

室内犬を飼っていて、目が疲れたら遊んで癒されたり。

お堅いサラリーマン経験が長かった私は、

こういう会社にほとんど馴染みがありませんでした。

訪問先の企業で、こういう会社は何社か見たことがある程度です。

これが仕事にどのような影響を及ぼすのか。

数字で見えにくいところなので、効果の程は一見定かではありません。

ただ「よく仕事ができる人は、よく遊ぶ」という言葉どおり

やはり時にはリフレッシュも必要なんじゃないかということは

あなたにも理解できるんじゃないかと思います。

リフレッシュの達人になりたいと、私も思います。

集中して作業をするとき。例えば梱包とか発送とかの定型的な仕事は

処理量で成果がすぐに測れるため、ストレスも少なく達成感がある。

でもリサーチとかお客様に配信するメールなどは

ダイレクトに成果に結びつく仕事ではないため、

効率化や反応率を上げるために悩みこんでしまうことも少なくありません。

そんな時は「一緒に遊ぼうよ。」って声を掛けてあげること。

私に一番足りないところなんじゃないかなって。

昨日は私の近くでしばらく一緒に過ごしてくれた仲間が

ここに滞在している最終日だったので、本当に久しぶりに私の方から

「ご飯食べに行きましょうよ!」と誘いました。

焼肉を食べてその後手持無沙汰になったので車で海に連れて行き、

学生時代みたいに何も準備してないのに裸になって夜の海に飛び込んでみた。

クラゲに刺されたり蚊に刺されたりしてちょっと大変だったけど、

バカな話しをたくさんして、最高のひと時を過ごすことが出来ました。

「世界進出しなきゃね! ・・・卓球で。」

とか、ワケのわからない冗談を言い合って(一部身内で卓球が流行ってます)

雑談に花が咲きました。

人生には、遊びも必要。

美味しいご飯を食べて、夢を語り合って、冗談を交えながら

気持ちを豊かにすることで、モチベーションを上げることができる。

私はモチベーションって言葉があまり好きではなかった方ですが、

継続するためには何かしらの仕掛けが必要かなと。

例えばロールプレイングゲームでも、最初の敵は簡単に倒せて

徐々に強い敵が現れるから、その敵を倒したいとモチベーションが増す。

レベルが上がったら嬉しいから続けたくなる。

ボスを倒したりクエストをクリアすることで、

ラスボスを倒す前でも達成感を得ることができる。

仲間とパーティを組んで冒険に出かけよう。

そして夜の海に裸で飛び込んでみよう。

きっと心がスッキリして、満たされなかったものが解決する。

ふと霧が晴れて、視界が開けてくるイメージが持てるようになる。

それはきっと、何にも関係がないようで全てに関係があること。

大切なことはなんだろう?

今、それが私のテーマです。

【あとがき1】

「僕、アドバンスのライセンス持ってるんですよ。」

おお。私はオープンウォーターです。

久しく潜ってないなあ。ダイビングの話しです。

パラオの海はとてもキレイで、観光には全然ダメな街らしいけど、

一度は潜ってみたい海。

パラオにお客様いなかったっけかな?

どんなトコなのか聞いてみたいなー。

話しながら、うっすらとそんなことを考えてました。


The following two tabs change content below.