人の逆を行く重要性。


br />

「それって利益取りすぎじゃないですか?」

価格に対する意識というのは、非常にナイーブな問題で、

特にビジネスを始めたばかりの方は利益計算に非常にシビアです。

〇ライバルが安い値段で販売しているから。

〇これだと売れないから

〇高すぎるとクレームになるかもしれない。

〇売上が減るかもしれない

〇お客様がリピートしてくれないかもしれない。

ビジネスをしていて思うことは、

とにかく全部逆をすればいいんだということ。

資格試験や大学受験をして良い会社に入ることは

正しいことなのだろうか?

それより、安定した収入を得られる術を学ぶことが

本当の意味であなたにとって必要なことではないでしょうか。

また国や会社の事情に捕らわれずに、

あらゆる場所で仕事が出来る方が本来的に

幸せなことではないでしょうか。

例えば海外販売を実践した時に、安い金額や利益ギリギリで売ると

ライバルの参入も早く、更に値下げをして販売をしてくるでしょう。

特にeBayの場合は今も市場が成長しているため、

評価が少ないバイヤーさんもどんどん足を踏み入れています。

彼らは最安値で購入するノウハウや、手段を持っていません。

彼らがまず第一に求めるのは

1.自分が探している商品が

2.予算の範囲で購入できるかどうか

この2つだけです。

いや、特に海外の人は日本人よりもカード決済に抵抗がなく、

なんかテキトウにボタン押してしまって購入・・といった

勢いで購入するタイプの人が多いので、値段にシビアすぎる人は

実はかなり入れ込んでいる人しかいないということ。

ライバルにつられて安い値段で売り続けていると、

それだけ安売り競争にハマってしまいます。

出品や発送で忙しいのに、なんか利益が出ないといったことがあります。

商品が高すぎてクレームになるというケースを

気にされている方も多いのですが、

むしろクレームをつけてくるお客様は、値段を安く設定しすぎた場合。

なぜなら、最安値の価格帯を狙っているお客様は

みんな最低価格を望んいでいるので、

少しでも高いとクレームになってしまうんです。

そういったお客様の対応に時間を取られてしまったり、

キャンセルになってしまったりするのは時間が非常にもったいない。

少々販売個数が減っても、あまり気にしないで

買うお客様を相手にしてた方がよっぽど生産的かもしれません。

値段が高すぎると利益が減ると思いがちの人も多いのですが、

毎日薄利で発送を続けている人よりも、発送5回分の利益が

1回で出た方が売上は楽に立つと言えます。

良いお客様だけに継続して取引してもらう方が、

悪いお客様に冷やかしで買ってもらうよりも長続きします。

また、良いお客様だけに的を絞ってコンタクトを取り続けた方が

リピート回数も比較的多くなるでしょう。

そういった意味では、やはり低価格戦略を取るよりも、

高価格戦略を取った方が、ビジネスとしては長続きします。

ただ、ビジネスにはあなたもご存じのとおり、

黎明期・成長期・衰退期と大きく分けて3つのステージがあり、

商品寿命と言うのはどうやっても訪れます。

成長期は新規参入も相次ぎ、どんどんと価格破壊が起きながらも

商品が売れて行くのが通常ですが、ここで無理して安売りをせず、

思い切った価格帯で攻めてお客様を獲得し、

衰退期に入っる前に、高値のまま撤退するのが上策。

集めたお客様にまた別の商品を提案することで、

これが資産となってビジネスそのものが安定をしていきます。

日頃から、ライバルより高く売るということを意識してみてください。

出品枠が広がっている人は、より客単価の高い商品を扱ってみてください。

そうすることで、あなたの利益が増えるでしょう。

常識の逆を行くってマインド。

かなり大事です。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.