人に感謝される方法


br />

吉田です。明けましておめでとうございます!

年が明けて午前3時。ようやく1人になりました。

今、実家に帰っています。

ド田舎の一軒家なので、少し前までは私にとって寄り付きがたい場所でした。

なぜなら、未だにインターネットがダイヤルアップ接続だからです。

パソコンもウインドウズ98、母親が株価情報をたまに見るくらい。

ADSLも光もこの町には通っていません。

CATVはなんとか来てるのですが、契約をしていません。

今、私はデータ通信端末を携帯してるので、

いつでもどこでもネットに繋がることができます。

私がどんなビジネスをしているのか、

まったく興味がなかった両親や親戚も、

最近は、あまり話したくないのに逆に色々突っ込んで聞かれます。

「日本から世界の人たちに、インターネットでモノを売ってるんだよ。」

私はそう、誇りを持ってみんなに伝えます。

色んな仕事があるけれど、

1.どうせやるなら、人に感謝される仕事がいいな。

2.どうせやるなら、儲かる仕事がいいな。

3.どうせやるなら、人に言える仕事がいいな。

そう思って今まで続けてきました。

今ではだいぶ固定客もついてきて、紹介が紹介を呼ぶ感じになってきたので

私のビジネス自体は安定しています。

私の通常の発送量は年末の30日でも、

集荷と持ち込みを1日2回するぐらいの忙しさです。

昼間は集荷に来てもらってEMSなどを職員さんにお願いし、

書留付の郵便はその日のうちに別便で夜間窓口に提出するんですが、

受付だけで1時間かかってしまうぐらいの量になってしまいました^^;

私の2011年はどんな1年にしたいのかな。

元旦なので、思いを一人で巡らせてみるわけですが、

やっぱり気になるのは私個人のことより、会員さんのこと。

今年は1人でも多くの成功者を出すことに、

全力を尽くす1年にしたいと思います。

自分で稼ぐことと、人に稼がせることは、まったく別の能力です。

私より稼いでいる人もたくさんいるとは思いますが、

人を稼がせることに前向きな人は、意外に少ないと感じています。

これは当会の創設当時からの理念なのですが、

まだまだ海外販売は奥が深く、

現役の販売者である私でさえ分からないことがたくさんあります。

また、私たちは同じ日本人であり、仲間です。

みんなで手を取り合って、世界に挑んで行きたい。

日本の品物を海外に売るのは、

アメリカ人でもイギリス人でもなくて

日本人でなければならない。

日本の良い商品、良い文化を海外へ広める伝道師になる。

そして、みんなで成功する!

これが私の最終目標です。

だから、私が上手くいったノウハウは、

積極的に公開して行こうと思っています。

まだまだキレイに見せるのは下手くそですが、

リアルな話しはいくらでも出来ます。

みんなが成功するまで、粘り強くアドバイスを続けたいと思います。

本年もお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

【あとがき1】

1年の計は元旦にあり、と言います。

私の目標としては、今年は本の出版を1つの目標にしたいと思っています。

今まで海外販売を知らなかった方、外人アレルギーの方、

英語が話せない方、将来不安を持っている方に

私なりに元気を与えられるような、そんな本がかけたらいいなあ。

新年早々、着手しています。

【あとがき2】

「やりたいことが見つからない。」

こんなことを言う人は、20歳そこそこの若者だけかと思ってたら、

中高年の方の中にもたくさんそういう人がいることに気が付きました。

今の時代、消化不良の人が多いのかもしれません。

元気出そうよ。

すごいよニッポンは。

世界中の人が憧れる国。

街はキレイで、人が優しい。

1度行ったら、また来たくなる国。

海外の人は、日本のことをそんな目でみています。

これから、もっともっと世界は目まぐるしく変わっていくと思う。

でもへっちゃらです。やるべきことは、ただ1つ。

あなたを必要としてくれる人のために、

身を粉にして働きましょう。

そしたらきっと、あなたは素敵な時代に生まれたんだねって

自分を褒めてあげられるようになりますよ。


The following two tabs change content below.