人とビジネスと検索エンジンと。


br />

ポジティブなイメージっていつでも持てるワケではありません。

あの時なんで、あの選択をしてしまったんだろう。

どうしてこうなってしまったんだろう。

ビジネスをしていると、こうやって後ろを振り返るような出来事もあるし、

それは規模が大きくなるほど軌道修正が難しくなります。

最初のうちに、どんどん軌道修正できるような道筋を作っておけば

問題視するような大きな出来事を避けられるとも思っていましたが、

そればかりが全てとは言えないと思います。

こういった出来事に遭遇するパターンとしては、

内部的な原因と、外部的な原因の2パターンがあります。

内部的っていうのは、自分で蒔いた種。

外部的なものは、他の誰かからもらったもの。

自分だけのビジネスの場合は自分で解決すれば済む話しですが、

他の誰かから受けたものを解決するのは自分の経験の範囲を超える話しなので

元に戻るためには相当時間がかかります。

では、誰とも関わり合いを持たなければ良いのかというと、

そうじゃないのかなって。

その場その場で判断をしていくことで、よりタフになることができるし、

それによって得られたものは今後に生かせる経験になるでしょう。

その中で一番良くないのが傷つけ合ったり、

仲間割れをすることなんじゃないかなって思います。

SEOと呼ばれる検索エンジンの世界でも同じことがあります。

内部要因というのはサイト自身のソースコードの読みやすさ。

現在ではこちらよりも外部要因の方が大事だと言われています。

外部要因とは被リンクのこと。他のサイトからリンクを貼ってもらうことで

自分のサイトの価値があがるということです。

被リンクというのは、つまり友達のことで

誰かが自分のことを推薦してくれることで、

その価値が上がるということですね。

ツールを使って、ただやみくもに被リンクを集めたらペナルティを受けるし、

街ゆく人にただ声をかけまくっただけでは無視されます。

被リンク先のサイトの価値が上がれば自分のサイトの価値も上がる。

被リンクの積み重ねと歴史、そしてサイトの価値の向上が

長い目で見て収益に繋がって行くということです。

検索エンジンって人間を目指しているんじゃないかなって思うくらい

これは人間関係ともよく似ています。

友人関係・取引先関係のように、切っても切れない被リンクのような関係で

ずっと長く継続してきた場合、沈もうとするとき、上がろうとするときに

元に戻そうとする力が自然と働きます。

もう無理だと思っても、周りの誰かが応援してくれたり

励ましてくれたりするというのは、私にとっては本当にありがたい限り。

外部的な影響は誰かれかから必ず受けるものだけれども、

それも含めて資産になって行くんだと思います。

そうやって「生かされている」、なんて書き方をすると

なんか年配の人のような言葉使いになってしまうような気がするけれど、

こういった経験をまたその繋がっている人たちとシェアすることで

パイプが太くなり、全員の経験値があがるんだろうって。

もう人と関わるのはイヤだって思ってもそれはやっぱり無理だし、

1人でできるビジネスの範囲は限られているし、

被リンクのないサイトはGoogleに表示されない。

先のことは分からないから、今できることをやり切る。

「どこまでやり切ったか」をみんな見てると思います。


The following two tabs change content below.