中国仕入


は私、中国が大っ嫌い。

輸入を止めて輸出に走ったのも

中国仕入で失敗した苦い経験があるからです。

eBayから仕入れるより、

海外サイトから仕入れた方が絶対安く手に入るさ!

海外サイトから仕入れるなら、中国サイトから仕入れた方が

絶対安く手に入るさ!

そんな超甘い考え方で検索して行きついたサイトがありました。

お。銀行振込だけ? 惜しい!

PayPal支払できないの?って聞いてみたら

「ウチは、5万ドル以上じゃないとPayPal支払できません。」

という回答が。

ふーん、そんなもん?

じゃあ、まあいっか。

中国銀行へ、そうきーん。

・・・

・・・

2週間待っても、2か月待っても商品が届きません。

まあそんなことがかなり続いたワケです。

しかしまあ、こんな仕事をしているからでしょうか。

タオバオをはじめとする中国仕入系の情報が

かなり入ってくるのも事実。

えー、タオバオかぁ・・・(苦い顔)

と食わず嫌いを決め込んでいたんです。

そしたら、たまたまお食事会で知り合ったのが中国専門のこの方。

レッドタートルの鈴木さん

ほふーん。

なになに?

中国仕入は簡単ですよ?

んなバカチンなことあるわけないでしょーに。

色違い・贋作オンパレードでしょお?

と、聞いてみたところ。

「いや、代行業者使うんですよ。

 例えば、日本で1万円で売ってるものが中国だと10分の1の千円で手に入る。

 代行手数料を7%支払ったとしても、十分元が取れます。」

か・・・、賢い。

いやー、理屈は分かりましたけど、

代行なんてよく分かんないしなあ。

で、その後も帰り渋滞に巻き込まれちゃったりなんたらで

鈴木さんのことを頭から抹消しようとしたそのとき。

———————-
昨日はお世話になりました。

中略

お近づきの印に
私の商材をご進呈させていただきます。
もしご覧になって頂けましたら光栄です。
———————-

というメールが。

ありがとうございましたと、

そのお返事を談合坂SAで返したわけですが、

さっき鈴木さんの商材全部読み終えました。

読み終えたところで、

「あ、これいいじゃん!」

と思っちゃったワケですね。 ← 単純

フローは単純、タオバオで仕入れてヤフオクで売りましょうということですが、

タオバオで仕入れる際のポイントや

オススメの代行業者さんなど全部書いてある。

あー、そのまんま実行すればいいんだ、簡単だなあと思いました。

特に、輸出・輸入関係で既に取り組んでいる方は抵抗がないと思います。

なるほど。中国か。

鈴木さんの商材はこちら


The following two tabs change content below.