不動の最高視聴率を誇るアニメとは?


br />

世界でも大人気の日本のアニメ。

日本のアニメは全世界で放映されています。

小さなころから「アルプスの少女ハイジ」や

「聖闘士星矢」「北斗の拳」「ドラえもん」などを見て

育っている人が多いので、特に海外のお客様の中には

ラオウをiPhoneの壁紙にしてて、私に自慢してくる人もいたりします。

そんな中、本家本元の日本で、

不動の最高視聴率を誇るアニメはなんでしょうか?

ワンピースでしょうか?

プリキュアでしょうか?

いいえ、違います。

tinyurl.com…

なんと!

サザエさんです(爆)

視聴率1%が約40万人と言われていますから、

サザエさんは視聴率20%、つまり800万人が見ている計算です。

2位のちびまる子ちゃんに200万人の差をつけてのトップです。

しかも、42年間も続いているんですから驚きです。

原作者の長谷川町子さんの没後20年も経過するにも関わらず、

なぜこんなに愛され続けているのか。

そして、制作が続けられるのか。

実は、今はたくさんの脚本家の方が原作「サザエさん」を4コマ漫画から

イメージを膨らませてアニメを作っているそうです。

脚本家はアニメーション制作会社さんから

4コマ漫画のテーマを貰ってそれを元に脚本を書いていきます。

4コマ漫画は8000もあるそうで、1度使ったら2年間は使用できない

決まりになっていて、原作の雰囲気を踏襲するように作られているそうです。

当時の環境を生かして制作しなければならないので、

いつまで経ってもワカメちゃんは携帯電話を持たないんですね。

その他にもルールがあって、お食事時の番組なので

トイレシーンは42年間一度も放映されたことがないという

特徴があったりします。

日本で一番視聴率の高いアニメ番組の視聴率、

いや全ジャンルの視聴率トップがサザエさんなんですよね、

いや本当にすごいことです。

今でも昔ながらの手法でセル画という、一枚一枚手書きでアニメを作る

(パラパラ漫画みたいな感じの手法)を用いています。

古臭い、新鮮味がないと言われているサザエさんですが、

ある意味数字が証明している、れっきとした「古典的アニメの世界」を

表現しきっているのではないかと思います。

私が運営しているエグゼクティブクラブも、

本当にたくさんの優秀な成果を挙げている会員さんに

恵まれるようになりました。

「日本から、世界へ。」このフレーズを胸に様々な主役を立てて、

私も脚本家の1人として、エグゼクティブクラブという

大きな看板を守って行きたいと思います。

他のビジネスと比べると多少とっつきにくい分野かもしれませんが、

日本の基幹産業である輸出ビジネスは、これからも無くなりません。

楽しく笑顔で、このビジネスを盛り上げて行きたいと思っています。

私の目指す海外販売は、日本人の誇りを守るビジネスです。

私はシンプルに、肩の力を抜いてこのビジネスを守って行きたい。

正しいことは、普遍的なこと、自然的なこと、古典的なこと。

その上で、世界中にシェアハウス・ゲストハウスを完備したり、

ジャパンエキスポのようなツアーを企画したり、

海外進出してグローバル企業になるような、具体的な目標も持っています。

それを自ら実践して、みんなに受け継いで行こうと思っています。

もう何もいらないけど、夢を持って生きていこう。

そのために、産まれてきたのだから。

【あとがき1】

私の書く記事は、リアルタイムでそのまんまのことを書いています。

自分でもちょっとびっくりなのが、書いたことが後々

現実になっているということ。

最近はちょっとやることが大きくなりすぎてナーバスになってましたが、

それにもすぐに慣れました。

ジャパンエキスポに行った未来記事を、

その日の私がなんて書くのかが、今から楽しみだなー。

あー楽しみ。記事の感想はよくもらうけど、

私が私のファンになるなんて、なんか変な感覚(笑)

【あとがき2】

今年は総勢100名でジャパンエキスポに出展し、

『旅費全額を、実質ゼロ円にする前代未聞のツアー!!』

を実行します。

先日、ご希望者の方に1回目の決済の申込ページをご案内しています。

お早めにお手続きくださいね。

【あとがき3】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.