一緒に頑張りましょうの意味。


br />

「吉田さんは、どこに向かいたいんですか?」

それを言われて、言葉に詰まる。

自分に興味がある人は多いけれど、

他人に興味を持つ人は少ない。

そして、私もその言葉に対してふと自分自身のことを考えてしまうけど、

質問した人の立場になってみようと思ってみた。

つまり、やんわりと言葉を直接的に意図を察すると

「これ以上会員さんを増やすと、みんなへの対応がおろそかになりますよ。」

そういったことなのかな。ふとそう考えます。

技術的な質問だけで言えば、優秀なサポート陣がいるので大丈夫でしょう。

私自身が、全てのメールに返事をすることは減りました。

もちろん、どなたが答えるメールでも私は全て目を通していますが。

人気があるところに人が集まるのは当然のことだと思います。

そうすると、1人1人に直接お返事ができないこともあるでしょう。

私との距離が離れて、それが寂しいと

言ってくれる人の声も人づてに聞いてます。

あなたの気持ちは、率直にとても嬉しいです。

しかし、その空いた時間で今私にはするべきことがあります。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

tinyurl.com…

この本には確かこんなことが書いてありました。

企業は従業員のためでもなく、株主のためでもなく、

企業はつまり、お客様のために存在する。

つまり私は、いつまで経っても、

あなたのためにだけ存在していると言えるでしょう。

ほんの少しだけ前の昔。

エグゼクティブクラブはとっても小さな会でした。

海外販売をしようといいながらも、誰にも振り向いてもらえず。

1対1で懇切丁寧にアドバイスをしても辞めていく人は辞めていきます。

またある程度稼いだ方がいたとしても、私がすることと言えば

その実績をサイトで公開するくらい。

つまりそれって、実績を作ったと言うことで

私には良いことなのかもしれませんが、

会員さんにはメリットがあまりありません。

あなたにメリットがあること、それが一番重要ですよね?

そういうことで、桶屋が儲けている会はたくさんあります。

実はそういった会や塾自体って、運営者が経営にひっ迫していると、

何か会員さんに報いてあげることができないんですよ。

また会がうまく言っていたとしても、人にお金を払うというのは

とても勇気がいることです。やはり器量がないと務まりませんね。

そして母体が大きくなると、向かう仕事内容も変わってきます。

1対1が良いこともあるかもしれませんが、

当会には4年に渡り蓄積されたノウハウと、たくさんの成功者がいます。

人が集まると成功事例も相対的に増え、

ものすごいノウハウを持ってる人も出てきます。

いや、それを発見した私が一番驚きます。

そういう人は顔が引き締まってるんですよね。

最近は顔を見るだけで大体判別がつくようになりました。

しかし仕事が出来る人ほど一匹狼の人が多くて、

人を心底信用してない方も中にはいたりします。

ものすごいノウハウって、知りたくないですか?

私は知りたいです。会員さんの中でもそういう人は

積極的にスカウトしていきたい。そして、

その知る人ぞ知るノウハウをみんなに聞いてもらいたい。

そういうことを、これから私はやって行きたいと思っています。

物理的に、あなたと接する機会は減るかもしれません。

ただ、もしもあなたが成功したとき。私には準備ができています。

諦めない限り、夢は必ず叶います。

そのときは、私と一緒にビジネスしましょう。

私がいつも「頑張ってください」じゃなくて

「一緒に頑張りましょう。」「共に頑張りましょう」というのには

そう言った意味があるんですよね。

小さい会のときは、小さいなりのやり方があって、

大きい会のときは、大きいなりのやり方がある。

でも、常に考えているのは「どれだけ多くの成功者を輩出できるか。」

稼ぐことから逃げてはいけないと思っています。

海外販売がもっと多くの人に広まるといい。

私と一緒に、世界進出を果たしましょう。

【あとがき1】

今日は名古屋で手羽先をいただきました。

いやー、すっかり忘れてましたよ。

妻に名古屋土産を買ってこいと言われたことを・・。

一瞬謙遜しましたが、もらっておいて良かった☆

ありがと!

【あとがき2】

東京、名古屋とまわって大阪に寄って帰りました。

一瀬さんと船原さんに会いたかったからです。

懇親会だけちょこっと参加させてもらって、スッと身を引きました。

終電ギリギリだったんです。

会うってホント大事。

言葉はいらないよね。

【あとがき3】

夏の陣のDVDがかなりの好評で、

ちょっとエラいことになっています・・。

まだ購入を迷っている方は、とりあえず無料の対談を見てくださいね。

tinyurl.com…


The following two tabs change content below.