ミネルバの梟は黄昏時に飛び立つ


br />

「これだけやったのに、人は分かってくれない・・」

一所懸命頑張っても、成果が出ないということはよくあることです。

また、めっちゃくちゃ頑張ったけど大赤字ということも時にはあります。

愚痴を言えるうちは良いのですが、ほんの少し強くなったかなって

私が思うのは、そういう言葉を一切言わなくなったこと。

いや、そんなこと言ったって現状変わるワケでなし、

だったらもう手を動かしてやるしかないって感じですね。

例えば富士フィルムという会社は、カメラのフィルムを製造している

メーカーですが、カメラ全盛期の時代に米企業のコダックに

大きく引き離され、辛酸を舐めた経験があります。

提携も断られ、自社で開発するしか道が無くなった富士フィルムは

打倒コダックを目指して全社一丸となって取り組んできた。

ところが、現社長は当時を振り返ってこう言っています。

「本当の敵は、コダックではなくてデジカメだった。」

デジカメの普及によって、カメラフィルムの需要が急減して

なんと年間30%ペースで売上が激減し、ライバルのコダックは

破産に追い込まれました。

月40万円の給料をもらっている会社員を例にして考えると

翌年の給料が28万円。次の年の給料が19.6万円。

月々の生活費が30万円と仮定すると、

早晩立ち行かなくなることは明白ですね。

ところが、富士フィルムは今まで培ってきた技術力の矛先を変え、

化粧品の分野や液晶ディスプレイの分野に進出して

利益を激増させてみせた。さすが日本人の底力。

今までカメラフィルムの開発をしていた施設は、

化粧品の開発も行うようになりました。

カメラフィルムと化粧品は、「浸透」という分野で共通してたんですね。

施設・人員は同じで研究テーマを変えるだけ。

たったこれだけのことですが、これを実現することの難しさは

巨人コダックが実現できなかったことを考えても明白です。

富士フィルムは、強く、常に前を向き続ける会社だった。

そんな研究所には、梟(フクロウ)のモニュメントがあるそうです。

tinyurl.com…

ミネルバの梟は黄昏時に飛び立つー

古い知恵の黄昏の中から、新しい知恵が到来する。

梟が使者として飛び立つという意味だそうです。

日本で売っていたものを、海外で売る。

日本語で販売していたものを、英語で販売してみる。

戦いの守護神ミネルバが黄昏時に梟を飛ばす。

勇気ある挑戦を続けることで、未来への希望が生まれます。

きっと新しい時代が来る。

それを、今経験しなくちゃ。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.