プロダクトローンチ×サプライチェーンマネジメント。


ピキッ、パリパリパリ・・。

何かが壊れる音がする。

新しい自分に生まれ変わった瞬間です。

今まで私は自分自身をセーブしてきました。

それはここ2年、大きく稼げるようになってからです。

いくら稼いでいるかは自分でもわからない。

起業当初から別に稼いだ額にこだわりはありませんでした。

(多分、稼いだ人ってみんなそうだと思う)

ただ、お客様に喜んでもらうため、

会員さんに稼いでもらうため。

それだけが目標でした。

今日の話しを聞いて、読者の皆がどう思うだろうか。

スタッフの皆はどう思うだろうか、会員のみんなは。。?

家族は、親戚は、サラリーマン時代の元同僚は?

みんな読んでいます。その中で私は書き続けなければなりません。

そのしがらみを初めて考えずに、限界ギリギリまで書いていきます。

ついてきてくださいね。

稼いだ金額は分かりませんが、支払った金額は覚えています。

今期、たった1年の半分の期間、つまり半年間で

私が支払った金額は6000万円。

手動で決済をして支払ったものだけなので、

経理に任せている月々の人件費などの固定費を合わせると

多分もっともっと行くでしょう。

売上が伸びていれば、支払いが増えるのも当然のこと。

無借金経営ですから、無駄遣いをできる余地はありません。

逆に売上や純利益には特に興味がありません。

私の持つ感覚は、常に「あなたが満足しているかどうか。」

満足させられなければ終わる。

この感覚のみで行動してきました。

この感覚は商売の基本です。

そしてそれが今の直角に伸び続ける業績に反映されてますから

この感覚自体に間違いはないと思います。

しかしそれが私個人としての満足度と、

あなたが求めていることとは、多分違うんじゃないかと思います。

稼いだ人はもっと自由にやりたいことを謳歌しているハズ。

そんな夢を見せるべきだし、私にもそれが出来ないワケではありません。

銀行の残高と相談しながらビジネスとして

何に投資するかを考えて行動しています。

スタッフやSOHO、業務委託契約を含めてたくさんの人が

現在弊社に携わっていますが、感覚としては個人事業主のまま。

それはどこからもお金を借りていないからです。

言葉には魂が宿る。言霊というのを私は信じています。

これは何もスピリチュアルなものではなくて、

究極のビジネスモデルと言うのは一言で言い表せられるから。

誰が発信した言葉でもいいんですが、自分のスタンスを一言で

万人に伝えられるというのはスッキリするもの。

それを今日はお話ししたいと思います。

言霊とは何か。それは標語ですね。

例えば2000年に流行語大賞を取った

言葉の中に「IT革命」という言葉があります。

IT革命という言葉がネット業界のことを指し、

このIT革命によってジャパンドリームが産まれたこと。

今では老若男女全員がこの言葉を知っています。

一言で全てを言い表す標語、

万人が腑に落ちる言葉には絶大なパワーがある。

これを私は言霊と呼んでいます。

法人に人格があるように言霊はまさに

魂を持った人格と言えるでしょう。

では、私がビジネスで成功した理由とそれを現す言葉はどこにあるのか。

その中の1つを一言で言い表す言葉が「プロダクトローンチ」です。

今では多くの起業家が用いている言葉で、

ロジックも素晴らしく丁寧にまとめられていますが、

仕組みの原本は誰にも学ばずに1人で行っていました。

全てはフロントエンドとバックエンド、そしてそれを繋ぐメールです。

本業の海外販売であれば、eBayの販売をフロントエンドと私は捉えています。

そしてeBayは非常に良質な海外の顧客メールアドレスが取れる。

そこに向かってステップメールを流します。

オークションの落札後の対応は全てステップメール。

1回目 → 落札有難うございました。

2回目 → 入金有難うございました。

3回目 → 発送完了しました。

4回目 → 商品は到着しましたか?

5回目 → あなたにだけ新商品情報をお伝えします。

メールを流すタイミングは、何かのキッカケがなければなりません。

ビジネスと恋愛はよく似ていると言われています。

そこにひと手間加えると、事務的なセリフではなくなります。

例えば女性とお付き合いするときでも、

1.クラスが同じだった。

2.学校祭で一緒に活動をした。

3.合コンでたまたま席が一緒だった。

などのキッカケがあるハズ。街中でナンパ師が声を掛けるときですら、

「可愛かったから」のような声を掛けるキッカケが必要です。

そのキッカケ、入り口を他人に頼らず自分で操作する。

多くの人が、ここだけ受け身なのは私にとって信じがたいことです。

そしてこれらのキッカケがないままに突然送るメールをスパムと呼びます。

相手に同意を得ずに簡単にできてしまうからこそ、

これを続ける人が非常に多い。

しかし相手の立場に立ってみると

そういうことをしたらリアル世界でどうなるか、

容易に想像がつくハズです。

ではフロントエンド、バックエンドは何なのか。

フロントエンドはeBayの出品ページそのものです。

情報業界でも無料オファーといった簡易なホームページで

メールアドレスと名前を登録するサイトがありますが、あれと同じ。

オークションの出品ページそのものがランディングページです。

その後、ステップメールを送ってファンになってもらって

リピート商品を販売する。

リピート商品の販売にもバックエンドページが必要です。

eBayでもいいですし、ネットショップでも良いで


The following two tabs change content below.