ノーリスク販売法


br />

海外販売の特徴は、ノーリスクでビジネスができるところ。

なぜなら、私は派手な売上よりもリスクを極力削ることに

フォーカスを当てているからです。

昔のビジネスは、タラレバ経営が当たり前でした。

これがうまく行けばいいなあとか、

新しい商品を開発して、販路さえ獲得できればなんとか・・

みたいなことが多かったように思います。

信じられないことに、目途がたたないまま

事業計画書なるものを作成し、借り入れをして

事業を始めるケースも多かった様子。

これじゃあ、設立して3年以内に倒産する会社が

3割を超えるというのも分からなくもないですね。

だから、希望だけでビジネスするのは厳しいと思います。

さらに売れるかどうかわからない商品を大量に抱えるのも

あまり私の好みではありません。

そこで私は海外販売に目を付けました。

国内でネットショップや楽天等のモールに出店してる企業は

いまは常識になりつつありますが、

海外に販売してる企業はほとんどありません。

私の会社には毎日、日本郵便さんが来るのですが、

何年経っても集荷に1時間以上かかる人がほとんどです。

つまり、それだけ海外向けの出荷が珍しいということ。

(今は数が多いということもありますが)

また、やってみると簡単なのですが、食わず嫌いの日本人が

かなり多数を占めるので、誰も取りに来ない市場です。

その割にみなさん興味があるので、簡単に売らせてくれますね。

最初は商品リサーチが肝です。

海外向けなので、明日発送しようが3日後に発送しようが

たいした違いはありません。

街で目についた商品を売ってみようとするのもよし、

お店に行って、写真撮らせてくださいと頼むのもよし。

大抵みんな、快諾してくれます。

(というか、断られたことがない)

ただ売れない商品を売っても仕方ないので

海外で売れてる商品をリサーチして販売することになります。

これがテスト販売。

売れると分かったら、先読みできるようになってくるので

そしたらマトを絞って売ることができるようになります。

もし売れなかった場合でも出品手数料は数十円程度。

買って売れなかったときのことを考えると、余裕ですよね。

で、これは売れ筋だ!と分かったらお店に直接交渉します。

この前来てくれた営業の方は、いきなり定価の

56%を提示いただきました。

言ってみるもんですね、何事も。

そうやって、価格交渉力をつけていくことになります。

あとは、お客様の方から売れ筋を教えてくれるようになります。

今、7月ですがもうハロウィンの品が欲しいと言われたりするので

そろそろ時期なんだろうな、と予測したり。

じゃあ他の人はどーなの?って聞いたりして、ご縁が繋がります。

なので、もしこのビジネスが向いていないと思ったときでも

傷が浅いのが特徴ですね。

あとは、気が付いたら取引のケタは増えてるけど

自由になるカネが全然ないなんて悩みを抱える人も多いです。

仕入先行するとこんなことにもなりかねませんが、

お店の販売を代行するようなイメージで海外販売をすると

しっかりと手元にお金が残るようになります。

もっと大きく稼ぎたいと思ったら、自分でリスクをとって

販売攻勢に出ると更に儲かります。

【あとがき1】

やるリスクとやらないリスク。

リスクないなら、やればいいじゃん?

「知るはいっときの恥、知らぬは一生の恥。」

こんな世界があるんだーって知ってから、

タダならやればいいじゃん?って言ってここまで来ました。

知らないことでも、新しいことをやろうとすると

体力を消耗しますよね。私はそれを気合で乗り越えてきましたが、

あまり早く壁を超えすぎると確かに体力を消耗します。

私はかなりの速度で突っ走ってきましたが、

正直ちょっと走りすぎだったかな、と思ってます。

無理なくこのビジネスがあなたの身につくようなカリキュラムを作ってます。

焦らず、でも確実に。

自分の中に、グローバルな感覚を身につけていきましょうね。

【あとがき2】

エグゼクティブクラブには、高額報酬のアフィリエイトシステムがあります。

もし、当会を誰かにオススメしたいと思ったら、お気軽にご紹介くださいね。

ご登録のURLはこちらです。

tinyurl.com…


The following two tabs change content below.