ネオ・ジャパニーズ


br />

「シンガポールって治安はどうなんですか?」

え? なんで?

「いや、タイとかフィリピンに近いイメージだったので・・・」

あー。そっか、知らない人はそういうイメージなんですね^^;

えとですね、シンガポールという国は、首相の超トップダウン型の

経営・・・、じゃなくって国家戦略により急速に発展した国。

一気に成長したので、完璧そうに見えてところどころに

少々残念なところがあるのが、タマニキズですが、

治安はめちゃくちゃいい国です。

というのも、シンガポールは小さな国なので、

優秀な外国人にたくさん来てもらうことで発展してきた国。

つまり多民族国家なのですが、だからこそ犯罪を厳しく取り締まって

完璧な社会を作り出さなきゃならなかったのです。

シンガポールでは、少々の犯罪でも

手を出すのはリスクが多すぎると言います。

シンガポールには『ムチウチの刑』というのが残っていて、

ムチウチという言葉を出しただけでシンガポーリアンは顔を歪めます。

シンガポールには、蚊がいません。

マラリアなどの感染症を防ぐため、徹底的に幼虫の頃から駆除してるのです。

タバコは日本より高い税金が課せられ、ガムは禁止(道路が汚れるから)。

生活コストは東京よりも高く、車には購入価格の4倍近い税金が課せられます。

つまりシンガポールという国は、狭い土地に

『超』のつくお金持ちが集中して暮らしている国なんです。

実は私、かなり早い段階でシンガポールに注目してました。

リーマンショック後にシンガポールのお客様が急増したからです。

アメリカのお客様が急激に買い控え、台頭してきたのがシンガポール。

今では全体の実に4割のお客様がシンガポーリアンです。

「吉田さんの商売は、アメリカ向けでしょ?」

と、今日も聞かれましたが、いえいえ違います。

輸出ビジネスは「国ごと」の縛りでビジネスをしません。

もちろん、ターゲット国をある程度絞り込むことはしますが、

計画通りに行くことは稀です。

ただ1つだけ言えることは、「英語を話す人種に売っている」ということ。

英語をネイティブで話す人は全体の20%と言われています。

あとは、第2言語としての英語を使ってビジネスしたり、

Facebookなどで交流をしたりします。

フランス人が、ブラジル人の友達にプレゼントを贈ることもしばしば。

Facebook内では英語で交流してたりします。

で、お互い日本のアニメのFansub(多言語字幕サイト)の

話題で盛り上がったり。

英語を話す人は、英語で検索する。

日本語を話す人は、日本語で検索する。

英語を話す人は、日本語で検索できない。

アメリカに暮らす日本人も、日本語で検索する。

色々な実験をしましたが、結局シンプルな結論がこれでした。

サーバーがどことか、ドメインが何とか関係ありません。

全世界戦略的に考えると、全てのインターネットサイトは

『言語』に依存します。

グローバル時代に生まれた、21世紀『ネオ・ジャパニーズ』は

右手に日本語、左手に英語を持ち、

複数の翻訳エンジンをパワフルに活用して

インターネットという武器を使って日夜世界中を駆け巡るのです。

あ、ここまで偉そうに書いてますが、

私は、まったく英語がしゃべれません。

超自信を持って言います。

中学校の英語で赤点取ってたって、

海外販売は、楽しく稼げます!

【あとがき1】

中学時代の英語は赤点ギリギリだった、私のDVDはこちら

『海外販売セミナー ~英検4級の私が世界に顧客を持つ時代~』

tinyurl.com…

決済の後に、ご住所などをご登録いただく画面に遷移します。

決済いただいたメールアドレスに、ご案内が行っているはずです。

ご登録がお済みでない方は、至急ご登録をお願いいたします。

ご購入いただいた方で、ご不明な点がある場合は

dvd☆9-4.jp ← ☆を@に変えてメールください。


The following two tabs change content below.