ジョホールバル


br />

まだまだシンガポール滞在中です。

今日は不動産投資の勉強をしに、マレーシアに行ってきました。

お客様でも、ジョホールバルに行ってきたって人は多くて

地名ぐらいしか知らなかったけれど、

実際行ってみて、とても面白いところでした。

今回、お世話になったのは真田孔明さん。

www.5oku.com…

丸1日かけて、色々なところに連れて行ってくれました。

整地された地面しかなくて、これからたくさんビルや

ショッピングセンターが建つんだろうなあという雰囲気。

門構えだけある大学など、公共の施設もできる予定。

そうか。まさしく『これからの街』なんだなーと。

チャーリー・タカさんが着工式で演説をされてました。

チャーリー・タカさんのブログはこちら。

ameblo.jp/charlie-t/…

彼は、私の概念と通じることをおっしゃっていました。

リーマンショック後、先進各国は100年に1度の危機に対応するために

かなり迅速に一致団結し、財政出動を行いました。

国がどんどんお金を使って景気対策を行い、金融緩和をしたために、

市場に資金が大量に流れ、ジャブジャブの様相を呈してきました。

対して中国などの新興国は、自国の通貨の価値が上がることを

極力抑えようと躍起になっています。

人民元が上がりそうになると、ドルを大量に買って

通貨安を維持します。自国通貨安政策。

アメリカがドルを大量に刷る。

中国がドルを大量に買う。

余ったドルは、銀行を通じて投資に使おうとする。

自然に、新興国で開発が活発になり、街が発展し、

人々が豊かになり、バブルが始まる。

新興国が、アツい。

景気の良い国には、ヒト、モノ、カネ、全てが集まる。

普段、お客様からはたくさん夢のある話しを聞いている私ですが、

実際ナマでこの熱気の帯びた不完全な街を見せられると、

「なるほど。こういうことか。」と妙に納得。

百聞は一見にしかず。

やはり、実際に見て歩くというのはとても良いことですね!

【あとがき1】

映像編集の在宅スタッフを募集しています。

在宅勤務は時給換算で、1,000円~3,000円程度(経験による)。

出張時の旅費交通費は実費支給、日当は2万円出します。

※ただし、仕事依頼時間中は他の仕事をしないでください。

 進捗の報告も逐一していただきます。

募集は1月末まで。

こちらからご応募ください。

tinyurl.com…

【あとがき2】

私がシンガポールに行くきっかけになったDVDはこちら

『海外販売セミナー ~英検4級の私が世界に顧客を持つ時代~』

tinyurl.com…

決済の後に、ご住所などをご登録いただく画面に遷移します。

決済いただいたメールアドレスに、ご案内が行っているはずです。

ご登録がお済みでない方は、至急ご登録をお願いいたします。

ご購入いただいた方で、ご不明な点がある場合は

dvd☆9-4.jp ← ☆を@に変えてメールください。


The following two tabs change content below.