ジャパンエキスポってなんですか?


br />

ジャパンエキスポをご存知ですか?

ジャパンエキスポはヨーロッパ最大の日本イベント。

10年前に日本文化の熱烈なファンだった人たちが、

フランスで現在の日本文化に特化したイベントを

開催することを企画して、最初の3200人から

一気に来場者数が増加。

2008年は13万4467人。

2009年は16万5501人。

2010年は17万3680人。

そして2011年は19万人を目指している

海外では世界最大規模の日本イベントです。

今年は6月30日から7月3日の間に

パリ・ノール・ヴィルパント展示会会場で行われます。

公式ホームページはこちら

www.japan-expo.com…

日本語ページはこちら

nihongo.japan-expo.com…

私のところにも去年に引き続き、ジャパンエキスポから

出店のお誘いがきています。

今、世界では大変な日本ブーム。

ジャパンエキスポでも震災の復興に向けて

支援を行ってくれています。

日本の商品を買うことが日本を助けることになると

積極的に買ってくれるお客様もいます。

あれ?なんでだろ。

日本ブームは止まらない。

よく考えてみると、最近日本に対して好意的な国が

非常に増えています。

昔、日本に対して冷ややかだったアメリカ。

そういえば日本車の不買運動が起こって、日本車をバットで

叩き壊してた映像を、むかーし見たことがありました。

阪神淡路大震災のときにアメリカが日本に送った義援金は

1000万ドル。今回は2億ドル。

ガガ、サンドラ・ブロックなどのハリウッドスターが

いちはやく被災者に寄付。

最近アメリカで行われた調査だと、

「日本が好き」と答えた回答者は82%

20年前に行われた調査だと46%

差は歴然としてる。

思えば90年代に傲慢と呼ばれていた日本に対する

高感度はずっと低かった。

湾岸戦争で海部政権が10億ドルもかけて

支援したのに、世界中から批判を受けた。

日本に対するやっかみがモロにあって、

当時は世界経済で1人勝ちの日本を

こき下ろす記事も多かったようです。

ところが、バブルが崩壊してから、

日本の景気は長期低迷。

日本バッシングは影をひそめ、

変わって現在では中国が批判のマトになってます。

庶民の間で、日本の商品を買おうという動きが広がっています。

日本のために千羽鶴を折ろうと言う動きも。

負けるなニッポン。

今はみんなが、味方だぞ。

【あとがき1】

今年は私の叡智を結集して、一生分の仕事をするつもりです。

今こそ一世一代のチャンス。

暑い夏が来るまでに、舞台の準備を整えます。


The following two tabs change content below.