カンニングしても赤点でした。


br />

ちなみに私は学生時代、成績優秀な方ではありませんでした。

高校時代は学年で362人中362番を取ったことがあります。

カンニングをしたのに赤点を取って、周りに同情されたことがあります。

勉強のための勉強があまり好きじゃなくて、

「サイン・コサインが実生活で何に使うんだろう」って

魅力を一切感じなかった方です。

魅力を感じないと、勉強する意欲も沸かないんですよね。

だから、ダラダラ過ごしていました。

今だから言えることですが、賭けマージャンに明け暮れていて

かなり親に迷惑をかけたことがあります。

そんなとき、親が悪友の部屋に乗り込んできて

「バカヤロウ!帰るぞ!」なんて髪の毛ひっつかんで戻されました。

今思えば、それをしてもらって良かったなあと思います。

やっぱり怒るべきところ、言わなきゃいけないところはあるんですよね。

怒るということは、感情に任せる場合と信念を持って言う時の両方があります。

信念があるから感情に現れる。信念がないと、何事も笑って済ませてしまいます。

最近は採用面接をたくさん行っているので、

大体20人ぐらいの履歴書を見たり、実際にお話ししたりしていますが、

不思議なことに、目が合った瞬間に大体もう判断がついてしまっています。

採用したいなって思う人は、入ってくるときから

仕事に対して前向きな姿勢を感じます。

あとは妙に説得力があったりとか、正直だったりとか。

その人がやってきたことが、顔に表れてたり文字に表れてたりします。

んで、私の会社は当然のことながら英語を使うビジネスなんですが・・

私が英検4級程度の実力なので、来る人に

ネイティブ並みの英語力なんてそうそう求めません。

ただ、やはり英語を使うということを求人枠に載せると

反応はガクッと下がりますし、英語って聞いただけで拒否反応を示す人もいます。

確かに会社で英語を使うとなると、TOEICがどうとか英文契約書がどうとか

そういう難しいスキルを求められるんじゃないかって

不安に思う人も多いかもしれません。

実際には、海外の個人客を相手にすることが多いので、

使う英語も顔文字を使うようなフランクな短い英語の方が多いです。

それでも、拒否反応を示してしまう人がどうしてもいるんですよね。

一般募集なので、これはある程度仕方のないことだと思います。

ただ、学校で「サイン・コサイン」のような勉強で好成績を上げたとか

TOEICで900点を取ったとか、そういうところで採点するのは大企業で、

普通の中小企業は大概、その仕事に興味があるのかどうかを基準にしてます。

ワードとかエクセルの検定を持ってる人も多いですが、

パソコンでネットサーフィンしてるかどうかを聞いた方が

具体的な判断基準になったりします。

目をキラキラ輝かせて「すごい!こんな商品が海外で売れるんだ!」って

感動してくれた方が、単純な話し採用しようって気になるんですよね。

来る人全員にそう思ってもらうことはできないとしても、

誰かの魅力や意欲をかきたてるような仕事であり続けたいと思う。

学校の成績はあまり人に言えたもんじゃないけれど、

仕事で学んだことは本当に大きい。

将来使うかもしれない数学よりも、

今すぐ仕事で覚えて役立つ英会話。

もっと地域の人が、身近に感じてもらえるようにまで

なれればいいなって思います。

【あとがき1】

JAPAN EXPOの概要はこちら

tinyurl.com…

JAPAN EXPOツアーに参加ご希望の方は、

個別にご案内をさせていただいております。

連絡がまだの方は、裏メルマガにご登録くださいね。

tinyurl.com…

今年は総勢100名でジャパンエキスポに出展し、

『旅費全額を、実質ゼロ円にする前代未聞のツアー!!』

を実行する予定です。

詳細はこちら

tinyurl.com…

【あとがき2】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.