アルク英辞郎からのパクリの件


br />

To my loved staff.
Please correct my English if my English is not correct.
I study hard.
I will voice a correct diary and read.
Since writing has become a custom of mine,
I would like to keep improving.

コホン。

おととい、こっそり、あとがきに書いた私の英語日記です。

特に最後の文は、ネイティブっぽい感じがするぜ。

なんたって、4年も海外販売やってんだもんね。

「シャチョー、共有ファイル繋がらないんですけどー」

んー? なんですと? じゃあいっぺんモデムの電源抜いてからぁ

15秒ほどカウントダウンをしてですねー。

机の下で、まあるくなって膝を抱えていると・・・

「ねえ、あれやっぱ言った方がいいよね ヒソヒソ」

んん?なんですか?

「シャチョーのブログ、見ましたー!」

ぐはっ。

「共有フォルダに、添削入れておきましたー!」

どれどれ・・・。

Since writing has become a custom of mine,
I would like to keep improving.

> 最後の2文はアルク英辞郎からのパクリですね!?←見破りました、すごいでしょ^^
> 私もよくやります、いいことです^^;
> でも、パッと読んだとき今一つ意味がわからなかったので
>(英辞郎の訳読んでわかりました)、私なりに少し変えてみました。

Since writing has become my daily routine,
I would like to keep improving my English by writing English diary.

わなわな・・・

わなわなわな・・・

(アルク英辞郎からのパクリの件)

なぜバレたああああああああああああ (゜Σ゜)

さて、プロの添削はあとがきで書くとして・・・^^;

英語力ゼロの私が、どうやって日頃翻訳をして、

稼いでるのか教えちゃいましょう。

最初は「 英語 → 日本語 」

Thankyou very much for your careing dispensed with this issue,
and for a japanese green tea.

まあブラジルのお客さんだからしょうがないですね。
ぐっちゃぐちゃの英語です。

これをグーグル翻訳で直訳すると・・・

tinyurl.com…

> 感謝の意は非常に思いやりのための多くは、この問題と分配
> と日本の緑茶。

んー、なんのこっちゃワカラン。

最近のグーグル先生はとっても賢いので、

スペルミスを訂正してくれます。

もしかして: Thank You very much for your caring dispensed
with this issue, and for a japanese green tea.

> 非常に思いやりのある、この問題と分配のため、
> 日本の緑茶いただきありがとうございます。

あー、なんとなーく、分かったぞー。

商品受け取り後にありがとうってメールだから、

> (ブラジルは雑に扱われるので、丁寧な梱包を)
> ほんっっっとうにありがとう、
> あとオマケのお茶もありがとう。

ってことなんだろーなーと推測します。

ていうか面白いもんで、

Q.発送しました。 ← という問いかけには

A.ありがとう ← という答えが返ってくる。

Q.発送しました。 ← という問いかけに

A.あの人は出かけました ← とはならないワケで。

質問をすると、それに沿った内容の返事が返ってくるので

大体、予想の範囲でテキトウに意訳してしまいます。

だからリアルでしゃべると、相手からの話し言葉が

全然わからないので、私は先にしゃべくり倒すクセがあります(笑)

英単語を補完する意味でよく使うのが、スペースアルク。

tinyurl.com…

では逆の、最初は「 日本語 → 英語 」

こっちはもっとヒドくて、

私は英語を全然見ていません。

私が使うのは、ほぼ全部エキサイト翻訳です。

tinyurl.com…

ここで、

> 私の英語が正しくないなら、私の英語を正してください。

と入力すると、

> Please correct my English if my English is not correct.

となって、さらに再翻訳機能で

> 私の英語が正しくないなら、私の英語を修正してください

と表示されます。

再翻訳で正しい日本語になれば、もうOK。

あとは、真ん中の一文をコピペするだけです。

コツは、

1.主語(私とかあなたとか)を入れて書くこと。

2.一文を短く書くこと。

3.再翻訳で日本語が分かるように書くこと。

これだけです。

最初にお断りしておきますが、私の英語力は

100点満点中だと、多分40点ぐらいでしょう(笑)

だけど、80点のレベルがあっても一歩も踏み出さなければ

結局それは0点なのです。

ま、通じりゃイイんです。難しく考えちゃダメ。

とゆーのは言いわけです、ハイ。

来年は英会話マスターして、

グレートバリアリーフでダイビングするぞおー!

【あとがき1】

弊社の優秀なスタッフゥによる英語はこちら

To my dear staff,
Please correct me if my English is not correct.
I’m ready to study hard!
I will read out the corrected diary, it will help me learn English.
Since writing has become my daily routine,
I would like to keep improving my English by writing English diary.

英会話力を上げるにはどーしたら良いかと話し合いましたが、

やっぱり自分で書いた言葉を添削してもらって

それを発音すると良いみたい! んー、これは楽しい。

他にも、こんな風に言ってくれる方も出てきました。

> 英語でブログを書こうとするなんて、すごい意気込みですね。
> 気楽にやるのがコツだと思います。
> 吉田さんのために今回だけ添削しちゃいますが、
> ブログには書かないでくださいね(笑)

Sinceって、イメージ的にどうとらえられるのかなーって

昼休みに話題になりました。As とか Because とかのが

柔らかくない?って話しもありましたが、

この方は、その辺り秀逸な添削をいただきました。

書いちゃダメと言われたので、書きませぬ。

ふー
んふーん。

100回音読しよ。

【あとがき2】

> 毎朝届くよっしー先生のメルマガ、結構楽しみにしてます。
>
> 今日の、「素直に受け入れて素直にやる人が成功する」という話は、
>
> 以前全く同じ話を聞いたことがあったので
>
> 「なるほど、真理というものは曲がらない」と確信を深めました。
>
> 僕は「真理」というものを信じています。
>
> それは確実に存在するものであり、叡智に満ちていて
>
> 畏敬の念を禁じえないものであると思っています。
>
> 僕は、それにあこがれ、それに向かって歩み、
>
> その過程に喜びを見出しています。
>
> 成功した人がいう言葉がすべて「真理」ということはないけれど、
>
> その中には「真理」の欠片が見つかることがしばしばあります。
>
> あこがれるものに向かって、歩んでいくことが
>
> 人間の最大の喜びだと僕は思います。

こういうメッセージをいただくと嬉しいですね。

うん、それでいいんですよ。一緒に頑張りましょうね。

【あとがき3】

先日、魔女の宅急便についてちょっと書いたんですが、

> そうそう、魔女の宅急便のエンディングについては
> 「一般人として幸せにくらす」とは少し違うような・・・。
>
> 魔力が弱くなり飛べなくなったキキ、
> でもラストシーンではデッキブラシで空を飛び、友人の男の子を救出します。
> 残念ながら、黒猫のジージとは会話できなくなってしまいますが、
> 魔女の宅急便は再開です(笑)。
> 細かくてごめんなさい。

> 魔女の宅急便のキキは最後まで魔女のままですよ・・。
> 途中で一回飛べなくはなりますけど。

こ・・・、これだけでコメント10件ほどいただいてます。

もっかい映画みよ。

【あとがき4】

羊が1匹、羊が2匹・・・。

これは英語の直訳なんですよね。

英語では、sheep・・、sheep・・ と繰り返します。

そうすると、sleep(寝る)という言葉と相まって、眠くなる。

日本語だと意味ない言葉ですね。

なんで有名になったんだろ。ハテ。

【あとがき5】

I will travel around all over the world next year.
And, I will meet a lot of customers.
I’m ready to study hard!
To which country do you want to go?


The following two tabs change content below.