アフィリからの転身


デキる営業マンは、石ころでも高値で売る。』

と言われているそうだ。

これは良くできた例え話。

もちろん、売れないものはどうやって頑張ったって売れない。

そんな労力をかけるくらいなら、売りやすいものを売った方が

楽だし賢いのはモチロンだけど、この例え話を考えた人が言いたかったのは

【営業の究極論】 だと思う。

営業トークというのがある。

押したり、引いたり、駆け引きの世界。

そういうのを完璧にマスターしたら結局、

売るモノはなんでも良いっていうことです。

宝石を大事に扱って売るのと同じように

石ころを大事に扱って売る。

売り方はどちらも同じなのだ。

つい先日、SAATSの大阪セミナーに伺ったとき。

とても面白い女性に出会った。

「私、アフィリで200万の収益を捨ててでも、輸出やりたいんです。」

そう言ったのは、業界では有名人の桜子さん。

archive.mag2.com…

メールでは2・3回やりとりをしてたことがあって、

それだけの感じだったんですが、

周りの人から「あの桜子さんをご存じなんですか?!」とか言われて

遅ればせながら、その存在に気付いたとゆー。

しかも、なんと同い歳。

最近アラサーってすごいと思う。

いや、そんな話しは置いといて。

お子さんが3人もいらっしゃって、一番下のコはゼロ歳。

一番手のかかる大変な時期だと思うのですが、

それでも輸出をやりたいという、その理由とは。

> 別にアフィリエイトだけでいいじゃないんですか?
> と言われればそれまでなのかもしれませんが
>
>
> 長期的なことや
> これからも 日本の商品を海外に売って届ける
> この流れは無くならないと思いますので
>
> この市場の可能性を考え、参入して、輸出をやりたい 
> という気持ちがあります。

桜子さんのメルマガを見るとよーく分かると思うんですが、

彼女らしい言葉で稼げる商材をしっかりと教えてる。

私のメールアドレスに毎日たくさん送られてくる

「儲かる競馬」とか「出会いのサポート」とか

そういった類のヤラセなメルマガでは全然ないんですよね。

彼女に聞いた、稼ぎの構造はこうだ。

1.無料レポートでメルマガに登録してもらう。

2.メルマガを読んでもらう。

3.商材をアフィリして、購入してもらう。

4.報酬が継続的に入ってくる。

そして、私の輸出の稼ぎの構造はこうだ。

1.eBayや自社サイトで商品を販売する。

2.手紙やオマケ、ステップメールで友達になる。

3.リピート購入してもらう。

4.報酬が継続的に入ってくる。

アフィリも輸出も、輸入もせどりも、

物販もサービスも情報商材も、ぜーーーんぶ同じ。

インターネットでモノを売るということは、

最終的にシンプルな1つの成功法則に集約されると思ってます。

たまたま分野の違う、同じ売り方をしている人と出会った感じ。

それはそれで面白かった。

デキる人だからこそ、

こちらの世界に来たとしても、

しばらくは、ちゃんと耐えて頑張ってほしいと思う。

だって、アフィリと違って物販というやつは、

荷造り・梱包・発送と、実務が発生するのだから。

その代わり、アフィリと違ってあなたが売った商品は

正真正銘あなたのお客様。

世界中の人から感謝されて、

ウチの国に遊びに来いと、ひっぱりダコになるでしょう。

同じように、主婦で小さいお子さんがいる会員さんも

当会には少なからず在籍されています。

お子さんを一時保育に預けなければならない。

そのための費用の捻出に苦心している方もおられます。

でも、せっかくだから稼ぎの「本質」を理解して、

「どこで、何をやっても成功する」方法を

しっかりと自分のものにして欲しい、そう思います。

キャピタルゲインは、諦めた頃にやってくる。

諦めて、手放したら・・・。

ゼロです。


The following two tabs change content below.