やってみなきゃ、わかんない。


「今、エクセルで作ったソフトのことはインド人に任せてるんです!」

えええええええ?

なんだそれ、そんなことやってたんだ・・。

海外SOHOの活用マニュアルを作って公開してからというもの、

リサーチや出品を中心に、海外のSOHOさんに任せる人が出てきて、

その後、独自の手法で依頼をすることが増えてきました。

活用する人によってノウハウは変化したり、進化したりする。

もっと人に会って話を聞かなきゃいけないなって思います。

すごいことやってる。

実力のある人は、ノウハウをうまく使って

自分独自のものに変えることができる人が多いですね。

まず読み込んで、実際やってみて、そして変化を加える。

「ちょっとやり方が荒いな~」と思っても、少し距離を置いてみています。

だって、やってみなきゃ分からないし。

私も、仕事をしたいときに我慢させられるのがイヤでした。

自分のビジネスをしているときぐらい、思いっきり没頭したいものです。

型があるからって、それを守らなきゃいけないなんてことはありません。

自由に改変を加えてみる、やりたいようにやってみる。

やるのも自由だし、やらないのも自由。

だからビジネスを自分でやるっていうのは面白いんだと思います。

Amazonの出品をSOHOさんに任せたり、コメント回りをさせたり、

メール対応をしてもらったりと仕事を自分で切り盛りしながら

グローバルに実践を繰り返してみる。

失敗してもいいじゃん。むしろ挑戦しない方がつまらない。

どんどん外注化して手を離れることを目標にする人もいれば、

ソフトを使って一括出品ツールで1日100点出品する人もいる。

どうやってビジネスのゴールを目指すのかは、あなたの自由。

別にどっちだっていいんです。誰に支配されるわけでもありませんから。

例えば外注化をしてビジネスを回すことを目標にしている人は

一度にたくさん人数を増やして様子を見る人と、

少数の人と細かく打ち合わせをしながら

継続して任せるパターンと2種類があります。

SOHOさんも人間ですから、作業だけを任されてもパソコンで仕事をしてると

自分の仕事が評価されてるんだろうか?これで大丈夫だろうかって

不安になることもあるでしょう。

そんなとき、少ない人数であれば声掛けをしてあげたり、

より近い距離で一緒にビジネスをすることも可能ですが、

たくさんの人を一気に雇う場合はそうもいきません。

誰でもできるように、よりシンプルな手順書と簡単な作業ベースに

仕事を整理してから任せることが大事です。

つまり、教育が必要ないレベルにまで

落とし込みをしなければならないんですね。

こういうのって、必死で努力しててもうまく行かないこともあるし、

思いがけずうまく行くこともある。

やり方は、1つじゃないと思います。

ピンと来たり、計算がハマる。思った通りに行動してくれた。

こういうのも人生における1つの経験値になったりします。

私も最近新しいことばかりをしているので、

暗中模索の状態が続いています。

うんうん唸りながら、なんとなくで始めてみて、

ある日突然「そうか!」って気づくときがくる。

その瞬間だけが気持ちいい。だからやっぱり辞められない。

そしてまた頑張らなくちゃって、そう思います。

【あとがき1】

今回はエグゼクティブクラブの5周年を記念して、

期間限定でSTEP1を無料公開することにしました。

tinyurl.com…

海外販売は本当に改訂が多く存在するので、

手続きの方法なども毎回変更をしなければならないのですが、

全て2012年8月現在の最新バージョンです。

多くの人がこのマニュアルを活用し、海外販売の扉を開け、

そして羽ばたいてくれることを願っています。

公開期間は8月30日まで。


The following two tabs change content below.