なぜ、社長は平日にゴルフに行くのか?


日々さまざまな出来事に対処してますが、

経営者ってサラリーマンと違って初めてのことに

向き合うことがすごく多いですね。

売上が伸びて、海外販売がビジネスとして成長するごとに

1.事務所の契約をしたりとか(総務)

2.人を雇ったりとか(採用)

3.顧問税理士さんを雇って質問したりとか(税務)

4.対外的に通用するパンフレットを作ったりとか(広報)

5.契約内容について顧問弁護士さんとチェックしたりとか(法務)

6.社内業務のシステム化についてSEと話したりとか(システム)

こんな感じで常に組織のリベロとして様々な課題を検討・検証し、

そして最後列守備から前線を駆け抜けてゴールを決めるような

そんな荒業もしょっちゅう行っています。

とは言っても私も人間。超人並みの体力があるワケではありません。

こういった初めてのことに取り組むのは相当時間がかかります。

だから、その時に備えて手を空けておく必要があります。

そうかー、だから社長はゴルフとかに出かけて

普段はゆっくりしているように見えるんですね。

うーん、なんとなく意味が分かってきました。

リベロ (LIBERO) っていう言葉はイタリア語で「自由」を意味する言葉。

自由とは? 哲学的な言葉かもしれませんが、私はこう思います。

「本当の自由とは、ゴールを決めた後守備に戻る過程で訪れる。」

なんか大きなことを成し遂げたあとの達成感。

これだけは何事にも勝るものがあります。

各ポジションにいる仲間たちとハイタッチして喜びを分かち合い、

そして最後列へと帰還するときに、幸福感が絶頂を迎える。

私の楽しみって今これだけです。

そんなことなので、1つのことに執着してるとタイミングを失います。

走るときは前だけ向いて全速力で走らなきゃいけないし、

ゴールを決めた後に振りかえりながら余韻に浸る暇もありません。

どんな場所に居ても、前だけ向いている。

これが私の目指す真のリベロプレーヤーです。

そんで、じゃあそのために必要なスキルは何かってことなんですが。

それは「忘れる」ってことじゃないかと思います。

日々の案件に取り組む中で、100%この選択肢で正しかった。

なんて堂々と言えることなんてまずありません。

多少なりとも、「あれで良かったのかな?間違いはなかったか。」

そうやって思う気持ちが誰にだってあります。

ただ、その案件に取り組む時は体力の限りを尽くし、

全力で勝ちに行く。決着の日までに「どこまでやり切ったか」が重要です。

そうなんですよね。終わらせないといつまでも続いてしまうんです。

だから終わったと思ったら1回忘れて、頭をクリアにする。

美味しいご飯を食べに行ったり、体を鍛えたりして忘れる。

いつまでもモヤモヤしてたってしょうがないさ。

これからさらに売上を伸ばし、

10億企業を目指すのか、100億企業になるのかまだ分かりません。

ただ、日本から世界へ。外貨を稼ぎ日本に貢献できる

グローバル企業でありたいな、とは思い続けています。

ただなんかこう、この先のステージっていうのは、

またもっと中身の違うことなんじゃないかなあと。

このまま売上を伸ばして辿りつくというよりは、

大企業との提携したり、ビジネスプランについて投資があったり、

もっとダイナミックでびっくりするような話しが多くなってきてる。

運であるとかタイミングであるとか、その時の気合であるとか、

そんなのも必要になってきますよね。そんで一気にどーんだと思います。

あなたも日々何かしらの不安とか、

そういうのを抱えてるかもしれません。

でも一所懸命やれば、個人が輝ける時代。

この際あらゆるものを巻き込んで行くことになる。

これはもうしょうがないや(笑)

そしてあなたと一緒に成長していきたい。

だからあなたも成長してください。

伸び盛りですからね。

未知なる市場が世界中に果てしなく広がっています。

私は待ってる。輝かしい実績を持って颯爽と私の前に現れ、

「さあ吉田さん、一緒にビジネスしましょう!」って

話しかけてくれる日を。

【あとがき1】

そうそう、その中で私が一番不要としてるのが

実は「英語」なんですよね。。

必要となる場面があんまりないので、英語力は下がる一方です。

でも、これから外資系企業と打ち合わせ入るかもしれないし。

ゴルフしながら、次は英語のレッスンかな。

それとも、とりあえず行ってから考えるかな。

【あとがき2】

10月1日の20:00に会員パスワードを更新します。

前後の時間帯はメンテナンスのため、

一時的にサイトにログインできなくなるので予めご了承ください。

来月のマニュアルは「梱包マニュアル」です。

おバカにするなかれ、超濃いです。

このマニュアルの制作に関わる人全員入れると10名超えます。

現在最終チェック中!楽しみにしててくださいね。


The following two tabs change content below.