たまには違う駅で降りてみよう。


br />

海外販売は私のライフワーク。

グローバル市場という大きな場所で戦うことに生きがいを感じています。

夏の陣でもほんの少しだけお話しをさせていただきましたが、

世界はこれからどんどん、1つになろうとしています。

ガイア理論(地球そのものが巨大な生命体であるという理論)。

そして、その中で私達にしかできない仕組みを

産み出したいと考えています。

紙とペンで本を書いていた時代は、推敲したり清書したり

印刷するだけでも大変な労力がいったと思う。

だけど、今はパソコンにプリンターを繋げば

だれでもそれなりの文書が何十枚でも印刷できる。

子供からお年寄りまで誰でも直感で操作できるものができると

それは一気に普及するキッカケになるんじゃないかと思います。

最終的には英語が話せなくても、出品が出来なくても

海外販売で、ワンクリックだけで儲かる仕組みを作ります。

それには少しの準備期間が必要なので、

今すぐに結果を出すのは難しいかもしれない。

だけど、そこを目指すからこそ価値があるんじゃないかと思います。

大きな可能性が、今目の前にあるんです。

「吉田さんは気が小さいようで、大きい人ですね。」

と言われました。確かに夢だけは人一倍持っています。

そして、これからもこのビジネスの可能性を

トコトン追求していきたいと思っています。

日本の未来と、日本人の可能性。

グローバルに活躍できる敷居をどこまで私のチカラで下げられるか。

八百屋のおっちゃんでも海外販売できるようになるまで頑張ります。

誰に強制されるわけでもなく、それが私の生きがいです。

共感してくれる人には全員幸せになって欲しい。

そのためにはどうしたら良いのか。

最初のプランが、動き出しました。

【あとがき1】

2連泊を福岡で過ごし、本日は東京に来ています。

せっかくなので、普段と違うことをしてみました。

「たまには違う駅で降りてみたら。」って誰かが言ったからです。

普段と違うことをすると、何か得るものがあるという例えです。

実は福岡では、カプセルホテルに泊まってました。1泊3千円くらいかな。

今日はいつもと違うことをしようと思って

セルリアンタワーに泊まってみました。1泊4万円くらいかな。

お金の使い方には「投資」と「消費」という2種類の考え方があって

高級ホテルに泊まることや、高級クラブで

散財することを、私は消費だと思っています。

ビジネスホテルも高級ホテルも、泊まって寝る行為はどちらも同じ。

ロレックスの時計もセイコーの時計も、時間を見る行為はどちらも同じ。

安いからと言って、穴が空いた服を着るような不潔な服装は

論外ですが、基本的に生活に必要なお金ってほとんどないですよね。

今動かしているお金の規模から言えば、3万7千円の差は

全体の比率としてはとても小さいものかもしれない。

でも、消費癖をつけるときっと将来ツケが回ってきます。

これはやっかみとかそういう類の話しではなくて、

ちゃんと根拠があります。

例えば、1泊4万円のホテル代にお金を使ってしまうと、

そのお金は消えてなくなります。

3千円のカプセルホテルに泊まると、3万7千円が手元に残ります。

それは、明日への蓄えになります。

消えてなくなる行為をずっと続けていたら、

いつかツケが回ってきますよね。

簡単なことです。

だから、私は普通のサラリーマンと変わらない恰好をしています。

なので儲かってるオーラはゼロです(笑)

虚飾に満ちた派手な振る舞いで人を集めるより

堅実で地に足の着いたビジネスをして、

誰かのために使えるお金を残したい。

普段と違うことをしてみて気付いたことでした。

【あとがき2】

「景気が悪いと嘆くぐらいなら、景気の良い国に自分が行けばいい。」

うーん、深い。今日イチ心に響いた言葉でした。

今日はあるセミナーに顔を出させてもらったんですが、

なんと懇親会の席で、なんとたまたま森俊徳さんがいらっしゃってました。

おおー。4年前から知ってましたよー

すぐ見て分かりました。

森さんのブログはこちらです。

tinyurl.com…


The following two tabs change content below.