お兄ちゃん私・・ 吉田の海外販売ノウハウ!


妹「お兄ちゃん、私銀行辞めて一緒に住んでもいい?」
何言ってんだお前。せっかく銀行に入れたのに
辞めるなんてオレは許さないよ。

理由を聞こう、聞く耳は持っているよ。
え?ネイルの資格の勉強をしたいから?
ますますお前、何言ってんだ。

そんなんでメシが食えるほど世の中甘くねーぞ。

あれはもう、
あれ?

そうかもう7年とか前になるのか。
今、年を数えてこの年月を重ねていることに、
私はちょっとびっくり。

そうだあれは私がサラリーマンをしてたころ。
大阪本社に転勤になって、私はしばらく大阪で暮らしてました。

そしたら実家の近くの地方銀行に勤めていたはずの妹が
大阪支店に転勤。多分自分で望んで来たんだと思うけど、
橋を隔てた、ほんの100mぐらいのところに
私たち兄妹の会社は偶然あり、何度か会うことがありました。

兄妹小さなころは毎日顔を合わせてはいたけれど、
大学に入り、お互い一度離れてからはさほど連絡を取り合うこともせず。

くずは、だっけかな。今ネット繋がんないからわかんないや。
(飛行機の中で書いてます)

妹はそこで、私は住之江区。つかず離れず、
近くにはいるんだなってぐらいの感覚でした。

妹が大阪にいることすら私は不満で、地方からワザワザ出てきて
おてんばというか、なんで落ち着かないのか意味不明。

私はといえば、しばらく大阪勤務の後に
また東京に戻ることが決まって引っ越しだとか何なんだとかで
また忙しくなってた頃。

そんな矢先に妹から「銀行辞めて一緒に住みたい」
という寝耳に水な話しを聞かされることになったんだ。

理由が「手に職をつけたいから」っていうからこれまた意味不明。
女子は銀行で男前見つけて幸せになるのが一番だろ?
しかし我が妹はそんなことには一切興味がなさそう。

両親に相談したら「このコがやりたいことを、応援したい」って。
んー、未だに意味がわかんないけど、
結局親の思い通りに子供を操ることはできないから
見守ってあげようという気持ちになるのかな。今度聞いてみよう。

両親もそう言うし、止めても来るだろうし、
それなら一人暮らしさせるよりは、まあ一緒に住むかなと。

東京に、少し広めの部屋を借りて、2人暮らしが始まりました。
昔から人に媚びず、強がりなアイツは一切兄の援助を得ずに、
コツコツ貯めたお金でやりくりして、バイトをし、学校に通う日々。

手首から上の、にょろとした模型みたいな
練習台がたくさん置いてあって、
雑然とした部屋にはほとんどいなくて忙しそう。

資格試験なんてものは、お金を払わされてるんだよ。
お金を稼ぐことを覚えなきゃ、お金はいつだって出てくばかりだろ。

私は、英検1級やTOEIC900点なんかを取るつもりは
サラサラなくて、とにかくビジネスで、靴の底を舐めてでも
金を稼いでみたいという気持ちで必死だった。

慣れない英語のサイトを見ながら、恐る恐るワンクリックしながら
「はふー」と動悸息切れを抑える日々。
それでも、稼ぐんだ!という気持ちが萎えることはなかった。

妹は時代に逆行して、手に職をつけて
小さなネイルサロンを始めるのが夢なんだろう?
お兄ちゃんには分かんないなソレ。

借金して店構えて、3年もかけて黒字化を目指すのか?
それまでは修行の日々か?古いなあ・・。

もう考え方が完璧にズレちゃったな。
進む道も違う方向か。昔は考え方合ってたんだけどなあ。

ある日。

妹「お兄ちゃん、私ネイル検定2級に受かったよ!」
おおそうか、おめでとう。でもまだ中途半端だね。

またある日。

妹「お兄ちゃん、海外スターの○○が結婚したって。
  あれお兄ちゃんのお客さんだよね!?」
ああそうだよ。招待されたけれど、断っちゃった。
怖くてね。まだまだオレも中途半端だね。

またまたまたある日。

妹「お兄ちゃん、私ネイル検定1級に受かったよ!」
え?すごいじゃん。それ中々受からないんでしょ?

またまたまたまたある日。

妹「お兄ちゃん。彼女にプロポーズしたんだね。おめでとう。」
うん。オレ、自分で会社やってみる。
お前には悪いけど、これからは1人でしっかりやってくんだぞ。

気の強い妹は、何も言わず私たちを見送り、
それからしばらくして、少しグレードを下げた部屋に引っ越して
その後も東京に住み続けました。その後更に上のランクの資格に合格。

少し手が空いた時、実家に立ち寄ると、
近頃の母は、いつもながら目を潤ませてこう言う。

母「お母さんはね。今は自分の事だけ心配してれば済むから。」
それが幸せだって。まあそうだね。私もいつだって心配事は他人の事だ。
私も妹も頑張ってるから心配しなくていいよ。

とても変わった兄妹の、絆のお話し。
私たちには同じ血が流れてる。

どこかの時点では、親不孝だったかもしれない。
どこかの時点では、兄妹不仲だったかもしれない。
誰かに、笑われてたことがあったかもしれない。

それでも今は、あの頃より力をつけた実感がある。
あなたも、もしかすると今が辛いときかもしれない。
人に何かを言われたり、自分に自信が持てないかもしれない。

馬鹿野郎って言ってみな。

人生に、「正しい進路」なんてものはない。
選んだ道が、最高の道なんです。

迷わず行けよ、行けばわかるさ。
私の記事を読んでいるあなたにも同じ血が流れてる。

私が名前を知らないあなたにも。

【あとがき1】

Nijuyonセミナーの募集は締め切りました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

人数が多く、受付が大変込み合うことが予想されます。
なるべく時間に余裕をもってご来場いただけると助かります。

【あとがき2】

日本に到着して3分。

空港の長椅子に座って、ソーシャルメディアの時代。
誰かが書いた記事に、私は即座に呼応する。

彼はやると言った。なら私も言おうか。

来年1月19日(予定)に輸出ビジネス・輸入ビジネスの雄が
一堂に会する新年会を開催します。

今年はやるんですか?という要望をたくさんいただいてました。
3年目となる今年は、多くの人にお集まりいただき
かつ高揚感とモチベーションアップ、交流の機会を得られる場として
更に進化して開催することにいたします。

主催は、輸入の船原・輸出の吉田。
会場の手配、企画、告知まわりの担当は吉田が行います。

これから準備段取りに入ります。
あなたも心を決めてお待ちくださいね。

【あとがき3】

アマゾン海外販売戦略大全集は
かなりの数のダウンロードがされています。

インターネットのビジネスで「販路拡大」を目指すなら
世界のアマゾンに飛び出しましょう!
tinyurl.com…

【あとがき4】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた
175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。
このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから
tinyurl.com…

【あとがき5】

エグゼクティブクラブには紹介制度というのがあって、
セミナーや無料レポートなどをご紹介いただくと
あなたにご紹介料をお支払いするシステムになっています。
tinyurl.com…

今回のセミナーも、より多くの方に来ていただきたいということから
Nijuyonセミナーでもご紹介者を通じて成約した場合、
ご紹介料をお支払いすることにいたしました。

こういうのをアフィリエイトっていうんですが、
既に媒体をお持ちの方は、ブログやメルマガで紹介していただくと
紹介料が入る仕組みになっています。

媒体を持っていない人は、
「私も行ってみるからあなたも行きませんか?」と
フェイスブックのメッセージやメールなどでお知り合いに
ご紹介をしてあげると効果的です。

これから様々な案件をご案内して行きたいと思っていますので、
エグゼクティブクラブをよろしくお願いしますね!
tinyurl.com…


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)