あの人しかいない。


br />

朝、いつもどおりに出社して

11時に会計事務所の担当さんに呼ばれて訪問。

何事かと思って訪れてみると、いつものアノ人が

奥まった席で、ツメを掃除してるのがチラッと見えた。

なーんかヘンだと思ったのは、今考えたら

机の上に、1人だけ書類が全くなかったからだ(笑)

担当「こんな、すごい会社見たことないですよ。」

この四半期は伸びに伸びまくっているので、

色々気を利かせて教えてくれたのだ。

東京にゲストハウスを置きたいと言ってみる。

なんの異論もない。

そのまま、とある老舗旅館に足を運ぶ。

GW期間中は稼働率が100%を超えてしまい、

部屋と料理が足りなくなるくらいお客が来てしまった。

インターネットの集客が成功している。

最近は私も忙しくて、たまにしか顔を出せないけど。

宿の集客はすべてネット経由でリモートコントロールしてます。

旅館のパソコンをリモートで接続してノートPCからアクセス。

遠隔操作でチラシを作って、旅館のプリンターから

20部プリントアウト。予約状況はオンラインで管理。

私がノートPCを開けば、どこからでも操縦できる。

女将「あなたのような方が居てくれて、アタシも鼻が高いわ」

そう言ってもらえると、私もすごくうれしい。

昨年は、リーマンショック後始めて前年同月比1700%超えを達成。

震災の影響で3月は例外なく落ち込んだけど、ようやく息を吹き返した。

私が大変だった頃に助けてくれた。だから今は私が助ける番だ。

そうやって、少し話しをしていたら、本業の海外販売で一大事が発覚。

すぐに戻らなくてはならなくなってしまった。

思わず旅館にあったテキトウなA4の紙を一枚引きちぎり、1人で対策を練る。

衰退しようが成長しようが、物事が動いているときに問題は起こるモノ。

起こったことはしょうがない。大事なのは改善のスピードだ。

会社に戻ると、スタッフさんがみんな私の顔色を伺っている。

私「おし、みんな集まれ!」

まずは現状報告。私が戻る1時間の間に起こったことが報告される。

私「いいねみんな。ピンチはチャンスだ!

  どんな手を使ってでも、この難局を乗り越える。」

こういうときは、とにかく裏技で行く。

平穏無事なときは、気恥ずかしさや見栄もあって、

普段は絶対にできなかったこと。

探せば絶対あるハズだ・・・。

『あの人しかいない。』

即座に判断し、行動する。

ホントはこれから東京なので、余裕をもって前日入りする予定だったんですが、

全部キャンセルして、現地へ飛ぶ。

極秘会談を終え、帰社前に車の中でメールチェックと売り上げ確認。

ある人からこんな言葉をいただいた。

> ビジネスの成功は情熱が一番の要素です。
>
> くれぐれ事故のないように。
> お気をつけて。

情熱が、メラメラ燃えるぜ。

唸れBMW。なんのための排気量だ。

帰って記事を書き始めたら、やっぱり0時を回りました。

明日は始発で東京に向かいます。

【あとがき1】

あう。服を買っていない。

なーんも準備してない(゜Σ゜)

おなかすいたー、ハラへったー

でも、すっごく楽しい。

みんな頑張ろう!

ニッポンを元気にするのだ!!


The following two tabs change content below.