あの人が、入院します。


br />

私「・・・、何してんすか船原さん。」

船原「いやー、まぶしくって~」

昼間の室内で、サングラスをかけてニヤリと笑う。

夏の陣の東京セミナー当日のことだった。

船原「よく考えたら、パソコン見れなかったら仕事できないね」

私「・・・(゜Σ゜)」

ということで、私はまだレーシックやってません。

一緒に手術をしたらしい一瀬さんは「涙が止まらない~」

的なことをフェイスブックに書いてました。

(あ、でも今はお二人とも視力が超回復してます。うらやましい)

その前は確か鼻の手術をしてて。

鼻筋がスッキリ通ったと言って喜んでました。

そんな船原さんがふと呟いた、夏の陣の福岡。

お昼休憩のときにタクシーに乗り込んだ私が

なんとなーく来年以降のことを彼に聞いてみたところ・・・

船原「いやー僕、今度手術するんですよー」

と意味深なことを言うのです。

それから、たまーに彼は同じようなセリフを繰り返すようになりました。

今日は別の記事を書いてる途中だったけど、やめた。

彼の記事が読めないというのは、私にとって超深刻な問題なのです。

きっと、彼が書くのを止めたら私も書く気力を失うと思います。

こんなとき、どう声をかけるべきか。

あんまり良い言葉は思い浮かばないものですが、

私にできることはたった1つだけ。

それは、「約束」です。

今度また私のオゴリでゴルフにお誘いしておきました。

またコテンパンにやられるんだろーなー。

約束は、「未来」のことです。

私達は、昨日よりも今日、今日よりも明日豊かになりたいと

日々そうやって過ごしているハズ。

そして稼ぐということは、その夢を実現するための手段。

約束というのは、お互いを繋ぐ目標であったりもします。

生きる力、そして希望はそんなところからやってくるものです。

彼が例え盲腸の手術をすると言ってたとしても

私は何らかの約束を彼としたでしょう。

そして自らの約束は、どんなことがあっても必ず果たす。

きっと船原さんは、この先も私より稼ぎ続けるだろうし、

多分、今後はもっとアグレッシブに行動を続けるでしょう。

入院中も毎日記事更新してたら、神ですよ。

私は期待しています。

船原さんへの応援コメントはこちら

tinyurl.com…

【あとがき1】

夏の陣のDVDは、輸出入で稼いだ講師陣が

夢のコラボレーションを実現しています。

DVDを入荷しました!

すぐに発送が可能です。

輸出はちょっと、敷居が高いと思う方は輸入を参考にしてください。

輸入ではモノ足りないくらい稼いだ人は、輸出を参考にしてください。

7人のトップセラーに、出会えるハズです。

tinyurl.com…

【あとがき2】

エグゼクティブクラブには高額の報酬が獲得できる

紹介プログラムがあります。興味のある方はこちら

tinyurl.com…


The following two tabs change content below.