あのマネートラップがついに発売


br />

私が唯一親友と呼んでリスペクトする人。

船原さんが、マネートラップの教材を発売しました。

tinyurl.com…

マネートラップとは何か。

一言でいうと、在庫ナシのネットショップで

100万円の利益を出す方法が書かれた商材です。

船原さんがこのネットショップを始めたのは2009年の9月。

私が船原さんと出会ったのは2009年の11月でした。

彼は当時、eBayで買ってヤフオクで売るという

シンプルながら思い切りの良い手法で

3億も売り上げながら、少々悩んでいた様子でした。

その原因を聞くと・・・。

「ヤフオクに支払う手数料で、お店借りれちゃいますよ・・・。」

毎月莫大な手数料をヤフオクに収めながらも

そこから離れられない自分がいる。

だったら、ネットショップを立ち上げてみようか。

それも在庫リスクがない、全く新しい方法で。

船原さんと出会った時、そんな会話をしたことを

今でも鮮明に覚えています。

彼の凄いところは組織の力を使って、トップダウンで

かつシンプルで、さらに大きな売り上げを上げていること。

とにかく、そのヘンの商材とは実績の

ケタが違うところがポイントです。

実は昨年の5月の段階で、マネートラップについては

当会の対談インタビューで船原さんに直接お話しを伺いました。

tinyurl.com…

※予告編は3分ですが、本編は35分あります。

正直、この段階でもすごいと思っていたのですが、

その後、いつまで経っても商材を発表しません。

船原さんの性格上、納得のいくまで商材を練り込みたいという

気持ちがあったんだと思います。

ちょっとサイトを立ち上げて、

「こんな方法もありますよー」と売り込む商材はたくさんあります。

しかし船原さんは常に、絶対的な手法を確立し、

ご自身でしっかりと儲けてから商材を発表する。

これを実践すれば間違いなく稼げるんですが、

ここまで練り込んだ商材を発表できる人は、

まず存在しないでしょう。

さらに、共同執筆をしている小玉さんという方も

大変優れた方です。

現在、フリーミリオネアクラブのサポート会員として

ご活躍をされていて、私も何度か会ったことがあります。

若い彼は、鋭いナイフのように尖がっていて、

体には非常に良い熱気を帯びていました。

私はどちらかというと、草食系でやるかやらないか

テキトーにお茶を濁して煮え切らない人よりも、

面と向かって戦いを挑んでくる肉食系の人が好きです。

小玉さんは、イマドキ珍しい肉食系美男子。

この教材を制作する上で無くてはならない存在だったでしょう。

そんなマネートラップ教材の一部を、

なんと今なら無料で閲覧することができます。

tinyurl.com…

無料分だけでも間違いなく効果を得られます。

既に私もダウンロードを終えて、教材を読み始めています。

私の経験上、月収100万円を達成するのは、

さほど難しいことではありません。

船原さんは輸入ビジネスで、

私は輸出ビジネスで結果を出していますが、

どちらが儲かるのか、と聞かれれば多分私も船原さんも、

間違いなく「両方」と答えるでしょう。

要は、あなたに合うのはどちらのビジネスモデルなのか。

選択して実行すること。これに尽きると思います。

無料ですから、必ず読んでください。

決して損はしないことを、私が約束いたします。

【あとがき1】

2010年6月時点で、マネートラップについて

船原さんと吉田が対談インタビューを行いました。

当会会員限定で、再公開いたします。

tinyurl.com…

※閲覧にはエグゼクティブ会員のIDとパスワードが必要です。

今となっては生ツバものですね、この動画・・・。

【あとがき2】

オークファンスクール講師としてのセミナー。

海外販売セミナー「商圏は世界」を終えました。

東京に、人が戻ってきている。

受講してるみなさんが明るさを取り戻してる。

そう実感したセミナーでした。

今回のセミナーは3回とも震災のあとだったので、

最初は本当にみなさん意気消沈されている感じで

話しをするのも中々大変でした。

タイムリーなことに、世界中の方から

応援のメッセージをいただいていたので

それを伝えようと思ったのですが、

その話しをした途端に会場の雰囲気が沈んだり。

今思えば、2011年の3月は本当に変革の月でした。

そして、これを機会に本当にたくさんの人が

海外に向けて販売をしようと、商圏を広げようと

本気で考えるようになったと思います。

まずはeBayで購入するだけでなく、

モノを売ってみるという実感を得てみてください。

国内で仕入を行う場合は、オークファンで価格の検索を行いましょう。

適切な価格で仕入れ、適切な価格で販売する。

普遍的で、王道の手法です。

aucfan.com…

海外販売はいろんな国の人に購入されるので、

まず「売る」という感覚を身につけることが必要です。

それが、あなたの成功の第一歩となるでしょう。

【あとがき3】

さて、輸入の船原さんがスゴいの出した。

輸出の吉田はどうした!?

という声が聞こえてきそうですが、

私はしばらく、血ヘド吐くほど仕組み作りに没頭します。

そして今年の12月までに


The following two tabs change content below.