あなたの背中に翼が生えています。


br />

これは時代の流れかなって思うのですが。

今、海外販売を始めようとしている人が急増しています。

投資もビジネスも、日本に魅力的な題材があまりなく、

少子高齢化社会が本格到来して、これ以上の成長を見込めないと

肌で感じる人が多くなったというのが要因ではないでしょうか。

また、時代は小ロット・小生産体制に移行しつつあります。

欲しいものを、欲しいだけ手に入れるために必要なのは、

大規模で画一的なな生産体制ではありません。

大量生産、大量消費の時代は20世紀に終わりました。

数より質、モノより本質が求められる時代がやってきています。

クロネコヤマトの宅急便は、戦後に三越などの百貨店と

タッグを組むことにより、業績を急拡大しました。

荷物を預かる場所を百貨店に限定し、

1箇所でまとまった個数が捌けるからです。

ところが、その後業績は低迷しました。

そこで起死回生の策として討って出たのが、宅急便ビジネス。

個人から個人へと運ぶ宅急便ビジネスは、集荷もバラバラ、配達先もバラバラ。

しかし、エンドユーザーと直接つながるこのビジネスが、

結果として百貨店とお付き合いをするよりも

利益も市場も大きなビジネスになったのです。

今、世界は個人市場に着目しています。

クロネコヤマトが昭和の時代に行ってきた個人視点のビジネスが、

最後のブルーオーシャンになりつつあることは間違いないでしょう。

なぜならこれはFedExの営業マンが言ってたことですが、

車一台を飛行機に積むよりも、そのスペースに

小包を100個積む方が利益率が高いからです。

これは私達にとっては大チャンス。

歴史は場所を変えて、必ず繰り返されます。

21世紀の物流は、そこまでシステム化・合理化が

究極化しているという事実。

まさしく時期・タイミングが整ってきたと言えるでしょう。

さらに、今回当会で企画したJAPAN EXPOツアーには

既にたくさんの方が参加意思を表明してくれています。

> 普段はインターネットでのやりとりで終始する作業です。
> しかし、JAPAN EXPOでのリアルな営業を行うことで、
> 生の来場者の声や笑顔、会場の雰囲気やエネルギー、
> 様々な刺激と興奮を五感に刻み込みます。
>
> そして盛り上がる日本ブームを体感することで、
> 日頃の作業をバーチャルからリアルへ、
> 無機質の砂漠から瑞々しいオアシスに変えます。
>
> その感情は、またネットによる作業に戻っても、
> その瑞々しい興奮を持ち続けることが出来ると思います。
>
> さらにその思いは、必ずお客様にも伝わることでしょう。
>
> 会場で接客する精鋭メンバーは、来勝者の興奮に
> 応えるがごとく想像以上に元気で、活気に満ちており、
> フランスを始めとしたヨーロッパの人々の度肝を抜くような
> 活躍を見せつけることになるでしょう。
>
> そのことが、日本を代表して来た精鋭メンバーの役目であり、
> 日本のイメージとしてアピールすることになります。
>
> そして超ド級の国際イベントで圧倒的な存在感を示すことで、
> JAPAN EXPOは我々の展示会であったかのような錯覚を持たせるぞーー!!

その他、多数の長文メッセージをいただいていますが、

数年前だったら「怖い。無理。」こんな意見が大半だったのではないでしょうか。

私達日本人の意識も、随分変わってきた証拠だと思います。

> リミットアップのご報告でメールさせて頂きました☆
>
> 今日は、一日中、イーベイ出品に集中しました!
>
> 何とか、リミット限界までの出品が完了したので、
> 早速、イーベイシンガポールに連絡いたしました。
>
> スカイプだったので、安くすみました@@
> 貴重な情報を、沢山、頂きまして、
> 本当にありがとうございます。
>
> とても、親切なオペレーターの方でした。
> 色々と聞かれましたが、マニュアルのおかげで、
> 無事に答えることが出来ました☆

こんな声も毎日のようにいただいています。

少し前なら、例えマニュアルがあるとはいえ、

自分で国際電話をかけようなんて思う日本人なんて、

どのくらい存在していたでしょうか。

それが、最近ではみんな当たり前のように行うようになっています。

時代と共に私達の意識も変化し、環境も整いつつあります。

しかし・・・

その反面、規制は徐々に強化されています。

昔はインターネットといえば、ごく限られたオタクと呼ばれる

若者だけが使える無線機(トランシーバー)のようなものでした。

だから、その輪を広げることだけを考えていればよかった。

つまり開放路線だったんですね。

しかし今では、おじいちゃんおばあちゃんに至るまで

「パソコンで何かできないか」と考える時代です。

ここまですそ野が広がったことで、様々な規制が打ち出され始めました。

まだまだ薄い膜のようなものですが、ネットの中にも国境が出来始めました。

インターネットというと情報というイメージが強いかもしれませんが、

例えば銀行に預けているお金も数字です。

お金はインターネットを経由して送金することができます。

この前報道されたAIJ投資顧問の年金喪失問題も、

これらと無関係ではありません。

特にマネーゲームの監視が強化されるでしょう。

サービスやシステムなど、実体を証明しづらいビジネスは

誤解をされることも多くなります。

これらは粗利も大きい反面、より不安定なビジネスへと認識が変わります。

100年続くビジネスをしようと思ったら、インターネットの物販。

それも、海外販売が一番信用たるビジネスモデルなんです。

このタイミングで賭けにでられるかどうかで、人生が変わります。

あなたの背中に翼が生えています。

世紀の大波乱に、あなたは気づいてますか?

【あとがき1】

JAPAN EXPOの概要はこちら

tinyurl.com…

JAPAN EXPOツアーに参加ご希望の方は、

個別にご案内をさせていただいております。

連絡がまだの方は、裏メルマガにご登録くださいね。

100人の海外ツアーを企画したことで、

旅行業界が騒然としているようです。

来年は、飛行機丸ごとチャーターできるかな?

【あとがき2】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.