stickyimage

Menu

【画像付解説】登録から購入まで5分!ビットコインの売買方法


ビットコインの購入って難しそう・・・
40万超えちゃったし、今から買うのは無理・・・

そんな風に思っている人が多いようですが、ビットコインの購入は非常に簡単ですし、ビットコインは0.1でも0.01でも可能ですので、10,000円や1,000円などの少額から始めることも可能です。

ビットコイン取引所の登録もすぐにできますので、あなたも一度試してみてはいかがでしょうか?

今回は、ビットコイン取引所の登録からビットコインの購入方法までをお伝えします。

 

<目次>

ビットコイン取引所に登録
ビットコイン購入用の資金を入金する
ビットコインの2つの購入方法について
ビットコインの購入手順
まとめ

(見出しをクリックすると各章へジャンプできます)


 
ビットコイン取引所に登録

この記事では大手ビットコイン取引所「bitFlyer」に登録していきます。

まずは以下のリンクからbitFlyerにアクセス。
bitflyer.jp…

トップページからそのまま登録ができます。
メールアドレスを入力して、[アカウント作成] をクリック。
(Facebook、Google、Yahoo IDで作成することもできます)

入力したメールアドレス宛にメールが届きます。
メール内のリンクをクリック。

利用規約やプライバシーポリシーなどを確認し、問題なければすべてのチェックボックスにチェックを入れ、[bitFlyerをはじめる] をクリック。

取引までの簡単な流れが表示されます。
[まずは取引時確認の入力からはじめる] をクリック。

名前・生年月日・住所・電話番号の情報を入力し、[登録情報を確認する] をクリック。

入力した情報に間違いがなければ、[ご本人情報を登録する] をクリック。

本人情報の登録が完了しました。
続いて本人確認資料の提出に進みましょう。
[続けてご本人確認資料を提出する] をクリック。

本人確認資料の受付はデータのみです。
スキャナを使ってスキャンするか、スマホやデジカメで撮影してデータ化しましょう。
ファイルはJPG、PNGファイルで4MB以内で用意して下さい。

対応している本人確認資料は以下の通りです。

・運転免許証
・パスポート(日本国が発行する旅券)
・個人番号カード(マイナンバー通知カード不可)
・住民基本台帳カード(顔写真あり)
・各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)
・各種健康保険証(紙型健康保険証)
・各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)
・各種福祉手帳
・印鑑登録証明書
・住民票の写し
・在留カード
・特別永住者証明書

[ご本人確認資料について] をクリックすると、それぞれの資料のどの部分が必要かなどの詳細を確認することができます。

データが用意できたら、[書類の種類を選択する] のプルダウンから本人確認資料を指定します。

運転免許証の場合、表面と裏面の両方が必要です。
裏面が空白でもアップロードしなければなりません。

[画像ファイルを選択する] をクリックして画像を選択し、アップロードできたら[ご本人確認資料を提出する] をクリック。

これで本人確認資料の提出は完了です。
続いて取引目的の確認に進みましょう。

[続けて、取引目的等を確認する] をクリック。

これらの質問には正直に答えましょう。
「取引の目的について」は[投資のため] を選択すれば大丈夫です。

すべてチェックを入れたら、[入力する] をクリック。

これで取引目的の確認は完了です。
続いて銀行口座の登録に進みましょう。

[続けて銀行口座情報を登録する] をクリック。

銀行名・支店名・口座種別・口座番号・銀行口座名義を入力し、[登録情報を確認する] をクリック。

銀行口座の情報に間違いがなければ、[銀行口座情報を登録する] をクリック。

おめでとうございます!
これで取引所の登録が完了して、ビットコイン売買の準備が整いました。


 
ビットコイン購入用の資金を入金する

ビットコインを購入するためには、購入するための資金を入金をする必要があります。

先程の登録完了画面で[ホームに戻る] をクリックすると、bitFlyerのホーム画面に遷移します。

左メニューの下の方にある[入出金] をクリック。

2つの入金方法

入金を始める前に、2つの入金方法の違いを知っておきましょう。

bitFlyerの入金方法には以下の2つがあります。

・クイック入金
・日本円ご入金

 

クイック入金
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
24時間365日対応しており、入金すると即座に残高に反映される方法です。
(場合によっては入金完了から反映までに30分程度かかることもあります)

以下の4つの入金方法に対応しています。

・インターネットバンキング
・じぶん銀行、住信SBIネット銀行
・銀行ATM
・コンビニ

入金方法が豊富かつ銀行の時間外でも入金をすることができるため非常に便利ですが、クイック入金した金額分は日本円の出金が7日間制限されます。

また、クイック入金の手数料が「324 円(税込)/件」発生します。

日本円ご入金
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
bitFlyerが指定する銀行口座に入金する方法です。

銀行口座の営業時間外の場合はすぐに口座に反映されませんので、時間外や土日祝日の場合は注意が必要です。

クイック入金のように出金の制限は特にありません。

入金手数料は発生しませんが、振込時に各銀行ごとの振込手数料は別途発生します。

 

入金後、すぐに出金することがある場合には『日本円ご入金』、そうでない場合は『クイック入金』を使うのが便利かと思います。

あなたの環境にあった方法を選択して入金して下さい。

 
クイック入金

「ご入金額」に希望の入金額を入力し、入金方法を選択します。

 

インターネットバンキング・銀行AMT
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
入金額と手数料を合わせた合計請求金額が表示されますので、問題なければ[同意して次へ] をクリック。

支払い方法はペイジーのみですので、そのまま[次へ進む] をクリック。

金融機関を選択して、[次に進む] をクリック。

「その他の金融期間を検索」で検索しても存在しない場合、この支払い方法に対応していませんので、前の画面に戻って別の入金方法を選択して下さい。

確認画面になりますので、問題なければ[次に進む] をクリック。

この後は各銀行ごとの振込画面に遷移しますので、そのまま手続きを完了させて下さい。

完了後、しばらくするとホーム画面右上の「残高」に反映されます。

 

じぶん銀行、住信SBIネット銀行
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ネットバンキングをクリック。

支払いを行う銀行を選択します。

選択後、各銀行ごとの支払い手順が表示されますので、手順に従って手続きを行って下さい。

 

コンビニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
支払いを行うコンビニを選択します。

お客様番号と確認番号(または決済番号)と手続きの手順が表示されます。

各コンビニに設置されている決済手続き用の機器(FamiポートやLoppiなど)にお客様番号と確認番号を入力、受付票を発行してレジで支払いをするか、レジで直接決済番号を伝えて支払う方法のどちらかです。

詳しい手続きの手順については、希望のコンビニを選択した後に表示される手順を参照して下さい。

 
入金後の口座への反映

入金が完了して反映がされると、ホーム右上の残高の数字が変わります。

入金後の反映は、場合によっては30分程度かかる場合もあります。


 
ビットコインの2つの購入方法について

2つの購入方法

ビットコインの購入方法は以下の2つがあります。

・ビットコイン販売所
・ビットコイン取引所

ざっくり違いをお話すると、販売所はbitFlyerなどの運営元と売買を行います。

購入・売却のレートもわかりやすく、提示されている金額で売買を決められるため、初心者にはとても易しい方法です。

対して取引所は、ビットコインを売買したい個人と取引を行います。

例えばビットコインを購入したい時は、個数と価格を自分で決めて注文をします。

これに対して誰かがその金額で売りたいとなったら売買が成立、いなければ不成立となります。

それぞれにメリット、デメリットがありますので、よく理解して利用していきましょう。

 
販売所のメリット・デメリット

メリット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
販売所で売買するメリットは、24時間いつでも、すぐに取引を完了できることです。(メンテナンス時などは除く)

例えば・・・

・ビットコインが暴落して、この先も下落が続きそうだと踏んでビットコインを売却したい時
・ビットコインが上がり始めてきて、この先も上昇が続きそうだと踏んでビットコインを購入したい時

これらの場合、他の人も同様に売買を行いたいと考えます。

取引所だと個人同士のやり取りですので、売り手がいない、買い手がつかないなどで売買不成立になる可能性があります。

「今、この瞬間を逃すわけにはいかない!」というタイミングが来た場合には、販売所で購入するのが良いでしょう。

 

デメリット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
bitFlyerの販売所の手数料は「しばらく無料(終了の 2 週間前に告知いたします。)」と記載されています。

これを見ると「え?めっちゃラッキーじゃん!」と思うかもしれませんが、販売所での販売価格には、それ以外の記載されていない運営側の手数料が含まれた状態になっています。

販売所にアクセスすると、その時の購入価格と売却価格(BTC/JPY)が表示されます。(BTC=ビットコイン、JPY=日本円)

例えばこの記事を書いているタイミングでの価格は以下の通りです。

販売価格:442,978(BTC/JPY)
売却価格:434,033(BTC/JPY)

この場合、1BTCを442,978円で購入しても、売却するときには434,033円ということになります。

つまり、手数料として差額の8,945円が取られていると考えられます。

1BTCあたりおおよそ2%、1万円近くも損をしてしまいますね。

この手数料の割合は時期によって変わりますので、高い時は5%を超えることもあります。

販売所での売買はいつでも行えて便利ですが、その見返りを払わないといけないわけです。

手数料については企業ごとに変わりますので、bitFlyer以外の媒体を使う時は事前にしっかりとチェックして下さい。

 
取引所のメリット・デメリット

メリット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
取引所のメリットは、販売所より安く買えて高く売れることです。

実際の取引所を見てみると、以下のようになっています。

「Ask」が購入、「Bid」が売却です。

上記の画像の場合、最安値だと434,777(BTC/JPY)で購入、最高値だと434,201(BTC/JPY)で売却することができます。

差額はたった576円。しかも購入金額も、販売所の442,978(BTC/JPY)と比べると安いですね。

取引所の場合は売買手数料が0.01%~0.15%(売買金額により変化)がありますが、10万円未満の0.15%だとしても1BTC(=434,777円)の購入で0.0015BTC、つまり約600円です。

差額から手数料を引いても、販売所での購入よりも8,000円程度安く買えることになります。

ですので、なるべく安くビットコインを購入したいということであれば、取引所で購入するのがお勧めです。

デメリット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先ほど販売所のメリットでもお話した通り、自分以外にも多くの人が購入・売却をしたいと考えているタイミングでは、取引を成立させるのが難しくなります。

ビットコインは価格変動率が高いですので、ここぞというタイミングでは販売所を利用することも考えましょう。

また、購入するビットコインの枚数は売り手側が決めた枚数になるため、希望の金額ですべての枚数が揃えられない場合があります。

例えば以下の画像の場合だと435,100円で購入できるのは0.2BTCまでですので、それ以上の枚数を購入したい場合は他の金額で注文しなければなりません。


 
ビットコインの購入手順

 
販売所での売買手順

ホームから[ビットコイン販売所] をクリック。

数量に希望のビットコイン数を入力します。
数量を入力すると、右側に日本円参考総額が表示されますので、これを参考にして数量を決定しましょう。

ビットコインの数量は1以下を指定することもできますので、0.1BTCや0.01BTCでも購入することができます。

数量を入力したら、[コインを買う] をクリック。

これでビットコインの購入は完了です。
売却時も同様の手順で取引可能です。

 
取引所での売買手順

ホームから[ビットコイン取引所] をクリック。

購入する時は「Ask」側の数字を参考にしましょう。

数量と価格(BTC/JPY)に希望の数字を入力し、[コインを買う] をクリック。

これでビットコインの購入は完了です。
売却時も同様の手順で取引可能です。


 
まとめ

いかがでしたでしょうか?

あなたが思っていたよりもずっと簡単に購入ができることがわかったと思います。

少額からでも始められますので、まずは1,000円や10,000円などから始めてみましょう!

 


The following two tabs change content below.

エグゼクティブクラブ編集部

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。
2年 ago by in Bitcoin. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved