なぜ?人は開いたドアから降りるのか。

「富を作るのに必要なのは、 誰もが使えるシステムだ。」
Amazon創始者のジェフベゾスはこう言った。

山手線の新宿駅のプラットフォームで電車を眺めてみよう。
電車が駅に到着して、ドアが開いた瞬間
ドワッサアアアア・・っと人がホームに溢れだす。

そして階段を下りて改札口へと人が向かう導線がありますね。
さて、ここで私が言わんとしてることが分かる人は素晴らしい。

そう、固定観念を捨てて考えると、とても不思議なことがあります。
それは、誰も「電車の窓から出ようとしないこと」。

わざわざドアまで歩いて並んで外に出るよりも、
後ろの窓を開けてホームに飛び降りた方が早いハズ。

なんでそれをしないかと言えば、
そりゃ駅員さんに注意されるからですね。

そして、周りの人からも注意されるでしょう。
なぜそんなことをするかと言えば、
それは著しく「おかしな行為」だからです。

電車は世界中でこのような仕組みを持っていて、
どの国に行っても、改札の通り方に多少違いはあっても
乗降の仕組みは同じです。

では、最初に電車というシステムを作った人はどう考えたでしょうか。
乗客が窓から飛び降りないように窓の位置を腰より高い位置に持ってきて
ドアを多数作り、人がスムーズに乗降できるように設計しました。

駅のホームについてからドアが開くように設計して、
人が乗ってから閉まるように設計しました。

当たり前と思っていることは、
実は最初から当たり前じゃなくて。

電車という大きなハコを作る巨大な事業で、
行き当たりばったりがあるハズがありません。

作る前に、作った結果を想定し尽くした結果、
人が予測通りに行動しただけです。

素晴らしいシステムだからこそ、人はルールを守り、それが定着し、
そしてヒューマンエラー(意図しない結果を生じる人間の行為)を
起こさないための、慣れた乗客と駅員による自浄作用が働くようになります。

では私が新宿駅に到着する直前の、まだ電車が完全に停止していない頃に
急に窓から飛び降りようとしたらあなたはなんて言うでしょう。

違うよ、窓から出ちゃいけないよ。
子供なら危ないよと言い、大人なら大人げないと叱られます。
それは、システムにより私の行動が制御されているからですね。

実際に窓から飛び降りたところで
停止直前であれば怪我する確率は低いでしょう。
そして怪我するのは私で、注意する人ではありません。

このように、素晴らしいシステムというのは日常生活に溶け込み、
無くてはならないものになり、利用者も率先してルールを守り、
利用料を支払って、利便性を享受することができます。

これによって生活環境は一変しました。
先日は東京移動日でしたが、原宿から品川まで電車だと
15分160円。徒歩なら2時間弱かかります。

1時間45分の時間を、たった160円で買える。
これが目に見えないシステムの威力ですね。

そして私は文句も言わず、よっぽど酩酊していない限り
ルールを守って電車に乗るでしょう。

なぜなら目的が明確だからです。

徒歩よりも、早く安く移動することが目的であって
注意されると分かっていて窓から飛び降りる意味がないから。

なので1日中新宿駅を眺めていても、窓から降りる人を
見る確率は、ゼロに等しいくらいないでしょう。

新宿駅の一日平均乗降者数は約326万人で、
ギネス世界記録に認定されているにもかかわらず、です。

さて、私は日本人は全員
「外貨を稼がなければならない」と考えています。

お金を稼ぐ方法は非常にたくさんあります。
コンビニのオーナーになったり、介護ビジネスを始めたり、
喫茶店を開いたり、ヤフオクで売ったり。

それは自分で自分の足を食べているようなもので、
お金は右から左に移っているだけ。

国益に資するビジネスだけが、本物のビジネスです。
私達が稼ぐから、その他の内需が潤う。
そして外貨を稼ぐからこそ、日本人は豊かになれるのです。

そのために、個人でも世界で売れるチカラを身に着けて、
さらに国際競争力をつけなければなりません。

システムには、そういったチカラがあります。
革命が起こるのは、いつだって瞬間的。
いっぺんぶち壊して、創造が始まる。

世界に革命を起こす、
純国産型海外販売システムが、間もなく登場します。

【あとがき1】

内需と外需の話しは小さなころから私の疑問の1つでした。
近所にある身近な仕事でお金を稼いだとして、
お客様からお代を受け取る。

お客様が持ってる、そのお金はどこから沸いてくるんだろって。
全部内需だと、お金は減る一方なんですよね。
モノの移動にはコストがかかる。

ガソリン代、人件費、光熱費など。
内需だけで日本は成り立つハズがないんです。

ところが、移動すると増えるものがありますね。
1つめは、お金。お金を貸すと、利子がついて増える。
2つめは、情報。情報をコピペすると、2つに増える。

これが実体経済と資産経済ですね。
これが絡むとフクザツです。差はどんどん開いてます。

でも、こういう仕事をしてると、見えるんですよね。
世の中の潮流というものと、私達が進むべき道が。
箱舟みたいですけど。

【あとがき2】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた
175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。
このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから
tinyurl.com…

最強システムにできること。

システムを自社開発したことはありますか?
私は3回ほど経験してます。

と言っても、私自身はプログラミングはできないし、
多少の知識はありますがゼロからは書けません。

ただ、こんなことができれば便利だなっていうイメージはあります。
例えばebayのリサーチが全自動で行えたりとか、
米アマゾンの価格差が取れる商品を
勝手にシステムが拾ってきて出品できたりとか。

出品するときの重量が自動表示されたり、
利益は仕入額の何パーセントか
設定しておけば勝手に上乗せしてくれたり。

異なるポータル、ebay、アマゾン、ネットショップ、etc。
海外のあらゆるECサイトに全自動で、ワンクリックで
一括同時出品できればそりゃもう簡単にリサーチ出品ができてしまう。

ebayやアマゾンのアカウントに直接入ってもらってしまうと
海外の外注さんにお任せするときにIP制限にひっかかってしまうけど、
クラウド型のシステムなら何人でも同時に入って商品管理ができる。

在庫管理も全自動。日本に在庫がない商品なら
システムで出品を取り下げよう。

CSV出品で一括大量1000点出品を1分で終わらせよう。

システムは生き物。継続的にメンテナンスをしないといけないし、
セラーのニーズに答えて進化をしていかなきゃなんない。

もちろん、全部に対応できるワケではないけれど、
あなたの「コレができればもっと便利!」を
シンプルなインターフェースというコンセプトに当てはめて、
システムはどんどん進化していきます。

システム開発を外部の人に任せる場合、一番苦労するのが
「あなたのやりたいことを、理解してもらうこと」
どんなに優秀なエンジニアでも、何をしたいか(つまり仕様)を
理解できなければ、まったくヘンテコなモノが出来上がってしまいます。

彼はエグゼクティブクラブに入会し、マニュアルを読破し、
自らが販売のために利用しやすいシステムを独自構築していました。

現役のセラーでもあり、現役のプログラマでもあるからこそ
究極のツールを開発できたという経緯があります。
さらに、まだまだバージョンが上がって進化を続けています。

あなたのビジネスに最強のシステムを。
従業員雇用10人分に相当する仕組みの扉が今、開く。

【あとがき1】

今回、会員になった方のコメントがすっごく面白かったので
公開しちゃいます(ごめんなさいw)

> こんにちは。〇〇と申します。> 国以外はなんでも売っちゃうよ!とか言ってみたいです。> よろしくお願いします。> > これ、年齢等公開されてしまうのでしょうか…?

大丈夫です、年齢公開はしませんから。
しかし国以外はなんでも売るとは大胆な・・。

そうか。でも確かに国以外は売ろうと思えば売れますね。
んー。志がデカい!

【あとがき2】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた
175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。
このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから
tinyurl.com…

天才プログラマと私。

「あのフランチャイズ店のオーナーは、なぜ稼いでるんだろう?」

フランチャイズビジネスでは商品提供の権利や
営業上のノウハウの提供があるため、
自分自身が足りない部分を補ってもらうことが可能です。

強いフランチャイザー(本部)には、営業マニュアルと成功事例があります。
業態にはコンビニやラーメン店、不動産販売や学習塾など多岐に渡ります。

これらの仕組みは最初からあるものではなくて、
効率化を図るために求められて変革していくもの。

学習塾なら最初は田舎の小さな個人塾からスタートしただろうし、
成功する会社と失敗する会社もたくさんあったことでしょう。

拡大するフランチャイザーには多くの個人塾の中でも
多くの成功体験が凝縮されています。

クリエイティブな世界、職人の世界では一人前になるまでに
たくさんの修行をして親方から技術を会得して、
10年は我慢して、そして一人前になってようやく稼げるようになる。

最低限の道具と後は個人の裁量に任せて、
一人前になれるかどうかは本人次第。
実にハードな世界ですね。

ところが、21世紀はそういう時代ではありません。
全く小売のノウハウを持っていなかったとしても
フランチャイズに加盟すればコンビニのオーナーになれたり
立ち上げてすぐ収益になるビジネスモデルの提供を受けられたりします。

ただ、こういったビジネスモデルはどちらかといえば独立開業向けで
働きながら起業したり、片手間で行えるものは
私の知る限り見たことがありません。

今すぐ、誰でも稼げる方法を生み出す仕組みがあれば、
これを利用してどんな人でもビジネスオーナーとして
活躍することが可能となります。

そんな仕組みを作りたい。ということで、
現在、あるパートナーと一緒にそのシステムの開発に乗り出しています。

彼の経歴を聞くと、多分みんな驚いてしまうと思うのですが、
最初に会ったときは、私の中で
「出来るだけお付き合いしたくない人」のリスト入りをしていました。

そのくらい能力があるというか、海外販売に深く関与していたからですね。
味方にすれば千人力ですが、敵にまわしたら
身の危険すら感じてしまう。

現在はごく一部の方にしか紹介をしていないのですが、
あまりにも破壊力のあるシステムに進化しているので
少々公開をためらうほどのレベルになりました。

私自身が全て出し切ることをモットーにしているので、
私の周りに集まる人も最後はなぜか、
能力を全て出し切ってくれます。
それみて私がビビる。まあいつものことですね。

構想・開発着手から1年がたち、彼と知り合ってからは
もう3年が経過しようとしています。

「吉田さんは秘密主義ですね」と私を良く知る人からは言われますが、
実際、そういうところもあるので否定はしません。

というより、こうやって記事にしたり、話したりすることがあるからこそ
口が軽いのはダメだと自分に言い聞かせています。
その人の人生を変えてしまうことにもなりますから。

満を持して、いよいよエグゼクティブクラブの新システムを
お披露目するときがやってまいりました。

ある1人の天才プログラマと吉田の堅い絆。
いよいよ、リーサルウエポンを
発動するタイミングがやってまいりました。

ここしばらくの私の記事を、楽しみにしててくださいね。
あなたに強烈なインパクトをもたらすでしょう。

【あとがき1】

吉田「もうニューヨークですかー?」
彼「NYはむちゃ寒くて友達からコート借りました」

さあ、私たちの間に何が起こっているのでしょうか?
想像してみてください。

【あとがき2】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた
175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。
このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから
tinyurl.com…

駱駝と獅子と幼子の話し。

私「なんか、父子の距離が近くなった気がするね。」
父「そうか。お前も父親らしい振る舞いになってきたなあ」

昨日は娘のお宮参り、その後写真館へ記念撮影に行きました。
お宮参りの時は大人しかった娘も、写真撮影のときは暴れ姫に。
カメラマンの方に、大変手を焼かせてしまいました。ごめんね。

母と妻が写真を選んでいる間に、父と私は娘を連れて
先に私の家に帰って待つことにしました。

オムツを替えてもまだグズっているので、
ああこれは眠たいんだろうなあと思って、
おしゃぶりを取りに行ってリビングに戻ってきたら・・。

父が、娘をがっしりと抱いて、横に揺らしてました。

3分でウトウトしだす娘。うわ、やるなー父。
10分後、ベッドに寝かせるトコロで私から父に助言を1つ。

私「( ここが正念場だからね。置いた瞬間起きるから。) 」
父「 (おおそうか、了解) 」

小声でヒソヒソ話しをしながら私はベッドを整え、
シーツを持って待機する。
私はここでいつも、寝かしつけに失敗するのだ。

父はそーっとベッドまで足を運び、娘を寝かせる。と・・
娘「あ・・ぁう・っ」
グズったー!!

と、思った瞬間。

父はそのままかがみこんで、四つん這いの
姿勢のまま体を横に揺らし続け、
娘を抱きしめつづけた。

もういちど ふかく ねむるまで。
そして、眠りに落ちたあと、すっと腕を引いて娘の頭を2回撫でた。

父の後ろでシーツを持って待機していた私は、
猛烈に30年以上前の記憶が突然フラッシュバックして来て
とても面食らってしまった。

頭を2回撫でられて、そして私は眠りに落ちた。
30年以上前のこと。私は父に、育てられたんだ。

少し涙が出そうになるのをこらえながら、すごいなあって父に言う。
父「お前は詰めが甘いんだよ。はっはっは」

いや、まったくもってその通り。
人生を一巡して、私自身がとても素直になった気がした。

人はまず、弱い駱駝としてこの世に生を受ける。
受け身で従順、そして勝ち方を知らない。
そして負け続け、虐げられる。

駱駝は重い荷物を要求し、
ただ苦行を進んで受け入れる。

子供を授かって、あなたは獅子になった。
あるいは、仕事に自信を持ち、強くなった。

あるいは、妻と子供と守るべき人がたくさんあって、
怖れるモノがたくさんできた。

稼ぐことを覚えるようになって、あなたはより強くなっていく。
だが、勝ち続けることはできない。

戦いをやめない限り、戦いは厳しくなり、プレッシャーはさらに高まる。
永遠の稼ぎを求め、やがて押し潰される。
ストレスはやがて大きくなって、成果に固執するようになるでしょう。

あるタイミングで、負け方を学ぶ機会が訪れます。
稼げなくなったとき、裏切られた時、訴えられた時。

何か1つの要因がポンと目の前に現れた時、
最後に1つの境地に達します。

「んー。別に命までは取られないかあ。」

被害者ぶるネガティブな駱駝でもなく、
強がるポジティブな獅子でもなく、
ニュートラルな幼子に戻る。

生まれ変わって再誕生すること。
人生は転機があって、そういった感情の変化を繰り返します。

豊かであることは、そういうことを指すのではないかと。
全てを知ると、全てが大したことがなくなる。

英語で出品すること、英語で会話すること、
人を雇うこと、事業を拡大・縮小すること、
事業を始めること、ビジネスを覚えること。

大したことないさ。だから生まれ変わろう。
そこに、限界突破(ブレイクスルー)が起こるんです。

【あとがき1】

駱駝、獅子、幼子。ニーチェの言葉ですね。
ツァラトゥストラはかく語りき。

ビジネス覚えたてが駱駝。
獅子は調子ノリ期。
幼子は超越って感じでしょうか。

【あとがき2】

帰りに偶然見つけたマッサージ屋が、
なんと60分で2,980円という激安店でした。

喜び勇んで向かって行ったら、横綱級の肩こりだと言われて
ゴリゴリほぐされ、揉み返しで痛い。でも気持ちいい・・。

深夜までやってるので、これはクセになりそうですね。
いやー、嬉しい!

【あとがき3】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた
175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。
このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから
tinyurl.com…