自分に自信をつける方法とは?

インターネットは文字の世界。

いまだにインターネットには触れたくないって人も多い理由として

「文字は人の内面を映し出す」という特性があります。

会ってみると非常に明るい人でも、

文字で会話してみるとすごく言葉がソッケなかったり、

思いっきり荒々しい言葉だったり。

私は普段、打ち合わせや会議はほとんどメールで済ませるので

言葉を話すことがあまりありません。

これからは、特定の場所にこだわらずビジネスをしたい方にとっては

メールでのコミュニケーション能力の向上は

特に必須になってくると思います。

実際、スタッフの中には会ったこともないのに採用して

打ち合わせをしている方もいるし

(あ、読んでますよね。今度会いに行きますからね~)

海外で商品を購入してもらったお客様や、

国内仕入のやりとり、私の記事を読んでくれた方とのコメント、

パートナーとのビジネスなど、これらは考えてみれば全部メール。

一日中タイピングをしているので、

文字打つのが正直しんどくなるときがあります(笑)

あとは全体的なイメージの問題。

国内外のブログやメルマガを添削させてもらうことも多いんですが、

特に男性の場合、クールな印象に見せるため背景画像に黒を使ったり、

尖ったナイフのようなサイトにしてるパターンが多いですね。

ネットやメールは個人の内面を引き出す鏡。

時に荒々しい自分や我が強く出てしまいがちですが、

読む側の立場に立って考えると押し付けになってしまいます。

99%の人が、ただのストレス解消で書いてるんじゃないかなあと。

で、思い通りにならなかったら、稼げなかったら辞めると。

交渉事も、相手を非難してうまく成立しなかったらキレて辞める。

質問も、相手がどんな返事を返してきても納得できなくって辞める。

うーん。それって不毛ですよねぇ。

それは、結局自分自身の問題であることが多いように思います。

文字は自分を映し出す鏡。ということは自分自身が変われば

文章も変わってくるということ。質問の仕方や成果も変わってきます。

では、自分を変えるためにはどうしたら良いでしょう?

文字を書く前に、あなた自身の

モチベーションを上げるための工夫が必要です。

「なんだかやる気が沸いてこないなぁ。」

ってときは、例えば方法や手段を

もっとハッキリさせてみるのも1つの方法。

1.レシピ本を読んでいると、なんだか料理がつくりたくなってくる。

2.ゴルフクラブを買ったら、素振りをしたくなる。

多分、こんな経験があると思います。

ハウツー本や、ノウハウを手に入れましょう。

形から入ることも、立派なモチベーションアップの方法です。

ちなみに、今STEP1のマニュアルを無料公開しています。

こういったマニュアルを読んでみるのも良いことですね。

tinyurl.com…

次に自信を持つこと。アルバート・バンデュラ博士は

自信を創りだす方法は3つあると言っています。

代理体験:他人の成功体験を間近でリアルに目撃すること。

対人影響:人から褒められることで、自信を持つこと。

生理変化:成功した時の高揚感や快感を感じること。

自分が成功体験が一番強烈な自信を生み出すのですが、

でも、成功した瞬間にそれは過去のものになるので

本当の成功体験は一瞬の自信にしかなりません。

継続的に自信を持つために一番簡単な方法は代理体験ですね。

映画を観てジャッキーチェンになり切るのも、立派な自信に繋がります。

大事な人に褒めてもらうために行動することも自信に繋がります。

社長や上司の笑顔、パートナーの笑顔、子供の笑顔。

全てがあなたの自信に役立つことでしょう。

イメージできました?

そんなら準備OKです。じゃ、文字を書き始めましょう。

あなたの書く文字が前向きで素敵な文章になるハズ。

そして、返ってくる返事もあなたにとって

気持ちの良いものになるでしょう。

そして成功は引き寄せられる。人が集まってくる。

モチベーションが更に高まる。

良いイメージを、常に想い描いてくださいね。

【あとがき1】

昨日のあとがきで、自分で決断するか

人に委ねるかって話しをしたら

結構反響がありました。

支える側の立場の人。

みんなもっと自信持っていいんじゃないかなと。

何もないところから何かを生み出すパイオニア。

つまり私みたいな人は多くの苦労と決断の時期があります。

ま、私じゃなくっても

誰かが決断と結果を出しまくっていたとします。

もちろん失敗も成功もしています。

自分も同じ人になろうとするのも良いでしょう。

しかし誰かに惚れて、ついて行くと決めるのも決断。

それも、あなたの決断ですよね。

誰かに強制されたワケじゃない。

あなたらしい行動です。

それもカッコイイと思うけど?

【あとがき2】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた

175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。

このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?

エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから

tinyurl.com…

大好評だったSTEP1マニュアルがカムバック!

以前、エグゼクティブクラブの5周年記念イベントで

STEP1のマニュアルを無料配布させていただいたのですが。

tinyurl.com…

「STEP1のマニュアルの配布はもうやってないんですか?」

「再開の予定はないのですか?」

「非常に内容が良かったです。是非紹介したいのですが・・」

という声を現在も、たくさんいただいております。

あのイベントは10日間限定で行わせていただいたのですが、

非常に満足度が高いマニュアルでした。

入手された方からはこんな感想もいただいております。

> マニュアルのSTEP1を頂戴して、本当に驚きました。
> 正直なところ、まだ読み切れていません。
> これほど読み手に「伝わる」「行動してもらえる」ことを意識して
> 書かれたマニュアルが、しかも無料で出されているなんて
> amazingです。信じられません・・・。

実際、10日間で2,215名の方に手に入れていただきましたが、

その時入手できなかった方から多くの声をいただいているため、

今回は期間を限定せずに配布をさせていただこうと思います。

個人でも日本から世界へ海外進出できる時代。

これからチャレンジしてみたいって方は無料なので是非読んでくださいね。

tinyurl.com…

以前ダウンロードされた方は内容が同じなので

ダウンロードしなくて大丈夫です。

初めての方は175ページもあるので、じっくり読み込んで

是非実践を始めてください。

これは実際に会員さんに配布している教材の極々一部です。

でも、このマニュアルを読めば、

日本から海外へ向けて、グローバルに活躍する人材となるための

最初のスタートアップの準備が簡単に整うと言えるでしょう。

私達と一緒に、海外販売を始めましょう!

【あとがき1】

何から始めて良いのか、誰を信用して良いのか。

迷うことってありますよね。私もよくあります。

私の場合、決断は毎日しなければならないのですが、

結果足踏みしてしまっても機会損失をしてしまうこともある。

うーん。めんどくさい(笑) あー誰か決めてくれ。

そういうボヤきをしたら、逆に質問が返ってきました。

そんなときって吉田さんは結局最後、どうしてるんですか?

私はどうしてるのか。

> こーゆーときは、
>
> 1.後で後悔しないように、考えて考え抜いて
>
> 2.期日までに決断する。
>
>
>
> ま、これしかないですね。
>
>
>
> 1.失敗はあるものとして考えて、
>
> 2.その後改善する。
>
>
>
> 人生長いから、多少のリスクを負っても
>
> 長い人生、時が解決してくれます。
>
>
>
> 人に揺さぶられない、自分の決断というものが必要ですねぇ。
>
> 結局答えなんてものは、自分の中にあるもんです。

こんな風に答えておきました。

ついていくのも、離れるのも自己責任。

それでも答えを相手に委ねたくなる気持ちは分かります。

私もそうですもんね。

しかし、決断を他人に委ねるのは弱さ故に起こること。

結局最後は自分なのです。

答えは自分の中にある。だから自分を信じて

自分基準で相手を判断しましょう。

強くなければ、経営なんてやってられません。

それが苦手な人は、自分が信じた人を支える側に回るのも1つのテです。

苦楽を共にする、それも素晴らしい人生だと思います。

私もあなたに支えられてこそ、今があります。

ただ、あの時やっておけば良かった。

そういう後悔だけはしたくないですね。

始めることは、後でなんとでもなりますが、

終わってしまったことを引き戻すことはできませんから。

人生トライするべき。立ち止まってても

何も始まんないんですよね。

【あとがき2】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた

175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。

このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?

エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから

tinyurl.com…

会社名は1分で決めよう。

最近、いくつかの新規設定を終えました。

メールクライアントソフトを導入したり、

ワードプレスでサイトを1つ制作してみたり、

新しい会社を立ち上げる準備をしてみたり。

どれもこれも新しいこと、風穴を開けるような出来事です。

こういった初めてのことをするときは、1日スケジュールを開けて

1つのことだけに集中する時間を作るようにしています。

今日はページランク5の中古ドメインが結構眠っていたので

それを掘り起こしてみたり、初めてのサーバーで

ワードプレスを設定してみたり。

3回目のセッティングでしたがすっかり忘れてしまっていて。

ただ、始めるまでは億劫だったことも、結果やってみると

一瞬で終わってしまったりします。

特にワードプレスは格段に楽ですね。

設定自体はすぐに終えることができました。

こういったソフトのインストール関係は、一度設定してしまったら

あまり触ることがないので、たまに新規の設定をしようとすると

中々手が動かないことがあります。

後回しにしたり、誰かお願いする業者を探そうかとも思ったのですが、

結局自分でやってしまいました。あっけないもんです。

会社名を決めるときも、以前はどんな名前が良いのか

こだわって作っていましたが、何社か作っているうちに

あまり意味がないことに気付いたので、1分で決めてしまいました。

というよりは、会社名は英語の頭文字3・4文字とか

後でどうとでもなるような、意味のない会社名の方が

良いということに気付いたり。

今の時代って、企業名をブランド化して売って行く会社って

ほとんどないような気がするんです。

だから、会社名に時間をかけるくらいならその他ビジネスの構築に

時間をかけた方がよっぽど生産的だと思います。

そういった意味でも、命名に時間をかけずに即動く方が良い。

そうは言っても私の場合は取り組むまでに時間がかかる人なので、

無駄に力まない人が羨ましいですね。

ソフトをインストールするときに、ちょっとポップアップが出て

確認を求められると、その先に進めなくなる。

このストレスを毎回繰り返すので、結構精神的には疲弊します。

それでも、これらの設定を終えてしまえば、

みんなが簡単に情報にアクセスできるようになったり、

恒久的にビジネスをすることができるようになる。

システムや会社の枠組みとかって、キチンとしたものを

1度作ってしまえば手順通りに実行するだけでよくなります。

少なくとも半年以上は触ることがないような

仕組みを整えてしまうことって大事ですね。

最初のうちの仕組みづくり、あなたもしっかり整えておきましょうね。

【あとがき1】

最近、がっつり組んでいる私のパートナーはフロリダにいて、

明日からニューヨークに旅立つそうです。

その後はシンガポールに行って、東京に戻り、

カリフォルニアに行くんだとか。

スカイプで打ち合わせをしながら、

いや~この人相変わらずすごいなーと思ったり。

友達が世界中にいるので、いつも友達に会いに行くって言ってます。

ヨーロッパにもアジアにも、北米にも。

そういえば今度もう1人のパートナーは今度中国に行くみたいだし、

シンガポールに移住した大切な友人もいます。

いやもう、本当にみんなグローバルに活躍していくのが目に見えて。

なんか強烈ですね。うーん。

私はといえば。ま、どうなるかな。

全然想像がつきません。

高級クラブに連れて行く人、ワリカンで済ます人。

昨日、今同じフィールドにいる人に、

「自分より稼いでもらう」ことで

自分の収入も後を追って更に伸びて行くって話しをしました。

でも、これは誰でも良いってワケではありません。

気前よくみんなに振る舞っていくと、必ず

「稼いでるんだからいいじゃないですか。」といって

露骨にお金をせびる人が出てきます。

こういう人にはギブアンドテイクの精神がありません。

もらって当然という意識の人には「何かお返しする」という

当たり前の気持ち自体が無くなっていることが多いんですね。

また、普段から献身的にあなたを助けてくれる人であっても

実力がない人を引き上げてあげることはできません。

エコヒイキをしたり、主観が入ったりすると周りからの批判で

その人自身がダメになってしまうことがあるんです。

だから、成果をあげるのを待って、そして引き上げてあげる。

キャバクラに行ったり、飲み代を毎回奢ってあげるのもいいんですが、

それって自分の自尊心を満たすことにしかならないのと、

周りの目を気にしすぎてるところがあると思うんですよね。

私はそういうのが虚しくなってしまう派なので、

商談でもない限りはあんまり行こうとは思いません。

ただ、商談で一品料理屋とか高級クラブに行くのは賛成です。

場の空気が良いので話しが弾みやすいのと、

洒落たお店を知ってるということは、

接待としては意外と割安だったりするからですね。

高い買い物をするときに、その体験を一番身近な人と

共有してあげるのも良いですね。

宝石とか時計とか靴とか。

一緒に買いに行けば、その身近な人にとっては

一生の経験になると思います。あなたのことも忘れないでしょう。

「稼いでるんですから~」と言う人には逆に、

ワリカンのお付き合いの方が良いと思います。

ビジネスも恋愛と同じで、目上の人に

気に入ってもらいたいがために

焦らしたり揺さぶったりして翻弄されがちです。

断腸の思いではありますが、そういう人とは

お付き合いしないように心がけなければなりません。

私の頭の中で、パッと思い浮かんでくるのは

つかず離れずで近くにいてくれて、黙って努力し

何かイベント事があると必ず参加してくれる人。

そして最後までお付き合いを続けてくれる人ですね。

病気の時に看病してくれるのは母親や妻である。

病気の時に、便乗して批判を浴びせる人は器の小さい人です。

あなたが誰かの影響によって批判されたとしても、

あなたは誰かの批判をすべきではないですね。

批判をされても、私は許してしまう派かなあ。

実力行使で来たら、それは最後までお付き合いしますけど。

それ以外は私自身が今後の努力でカバーすれば良いだけです。

普段は質素な生活をしていても、ここぞと言う時に

ド派手に「ゴゴゴン!」と人に与えられる存在になってください。

チャンスはすぐにやってきません。期待しすぎてもダメですね。

正しい使い方をすれば、きっとあなたにもそれが返ってきますから。

【あとがき1】

今日はコレクター物なんですが、

1個15万円する商品を買いたいというお客様が現れました。

客単価はどうだろ、50万円を超えてくるかな?

レアモノか、ガラクタかよく分かんない。

なんでこんなもの外国人は欲しがるのかなーなんて

社内では話題になってました(笑)

色んなものが売れますねえ、しかし。

目が肥えてるお客様の相手をしてると面白いです。

あなただけのブランディング・フォーメーションを作ろう。

「自分ブランディングってどうやって行うんですか?」

といった質問をよく受けるようになりました。

ネット上で質問を受けると言うより、会った時に

話しかけられることが多いですね。

普段から意識して行っているワケではないので、

突然聞かれるとびっくりするんですが、

率直な感想を話すようにしています。

21世紀は個人の時代、確かに自分ブランディングが必要な時代です。

私自身、ヤフーニュースに載ったり、いくつかの取材を受けた

経験はありますが、本を出版しているわけでもないし、

メディア活動を積極的に行ってはいません。

インターネットを使ったビジネスの場合は

どの分野で、何を売るか、そしてどうやって販売していくかを

理論にして体系化していくことができます。

これらの手法は、人に対しても当てはまります。

長年、人に対してどのように向かうべきかだけは

どーしても謎が深くて解けなかったのですが、最近になって

分かったことを、今日はお話ししていきたいと思います。

それは、人付き合いは、SEOと同じだということ。

自分が誰かに良い影響を与えることによって、

人はその影響を受けて大きく成長することができる。

それは、インターネットのSEOで言えば、

被リンクを与えることと同じ効果があります。

あなたが誰かに良い影響を与え、

その人が誰かに良い影響を与えることで

さらにその誰かがあなたにとって良い影響を与える存在になる。

誰かが稼げるようになれば、周り巡ってあなたにも

良い影響をもたらしてくれると言うことですね。

逆に、人の誹謗中傷や国家批判を繰り返して行動しない人は

自ずとそれが自分に跳ね返ってきてダメージを受けるということ。

自己啓発書なんかには

「あなたの親しい友人5人の平均年収があなたの年収だ」

って書いてありますが、これは結構真実味があります。

同じ仲間としてフィールドに引き上げたり、

さらに引き上げられたりすることによって

自分自身が成長することができるんですね。

そういった意味でも、自分ブランディングする上では

あなたが素晴らしいと思う人に、遠慮なく与えることが必要です。

前述の親しい友人5人の話しをすると、大抵の人が

今付き合いのある友人を捨て、「自分より稼いでいる人と付き合おう」

と考える傾向があるようです。

そうではなくて、今同じフィールドにいる人に、

「自分より稼いでもらう」ことで

自分の収入も後を追って更に伸びて行く。

これは、初対面で自分より能力の高い人と付き合うことを考えるよりも

とても簡単なこと。目の前にいる人の能力を伸ばすだけですからね。

そしてそれを真剣に、徹底的にやります。

これは分かっていても非常に難しいこと。

1.縛るより、手放す。

2.叱るより、褒める。

3.与えられるより、与える。

こういったことを普段から意識していないと、中々できないことです。

また、敵に塩を送る。つまりライバルを援護するようなことをするので、

これまた常識からは逸脱してます。

古い固定観念を捨てるまでには、永い時間がかかるかもしれません。

ただ、これは絶対にやった方が良いことですね。

最終的にはあなたの周りの仲間がフォーメーションを組んで

あなたと向き合ってくれるようになります。

私にも辛い時期がありましたが、

「人は同じポジションに留まろうとする力が作用する」ものです。

サラリーマンであった人はサラリーマンであり続けようとする。

起業家は起業家であり続けようとする。

収入が一度は激減しても、また周りに助けられて元に戻るものです。

個々のブランディングでフォーメーションが組めるようになると

非常に強固なカタマリになると言えます。

それは何よりも安心感に繋がって行くんじゃないかなあと。

そう考えて行くと、やっぱり常識の「全部逆」が正解だなって思います。

これが完璧にできる人って、世の中にどのくらいいるだろうか。

私は、まだまだできているとは言えません。

しかし、いつでも必死にこの領域を目指しています。

自分をブランディングするということは、自分も情報発信しながら

実は自分じゃなくて相手をブランディングするということ。

相手のコメントに反応したり、相手の声を聞くということです。

帰ってくる威力がハンパなくなる。

独り言をしゃべるより、声を拾いに行こう。

その人達が、あなたのことを「凄い!」と言ってくれます。

これが、自分ブランディング。

ブランディング・フォーメーションです。

【あとがき1】

このカタマリが、海外だと人種やカテゴリごとにまとまって見えますね。

言語・人種・趣味・仕事ごとに存在します。

世界から見れば、私達なんてまだまだちっぽけだなあと。

それはまだまだ、小さくてあやふや。

これから大きくなるのかもしれません。

PayPalhereのレビュー

「あれ?iPhoneにしたんですか?あ、でも新しくないですね。」

「そーなんですよ。iPhone5の前日に4S買っちゃって(笑)」

そういえば、PayPalhereのためにiPhone買ったんですが、

まだレビューしてなかったですね。

tinyurl.com…

まず、iPhoneを起動して一通り設定を終わらせて、

そんでPayPalhereでアプリを検索してダウンロード。

iPodでもiPadでもイケるって聞いてたので、

実はiPodで試してみました(iPhone使ってないとゆー・・)

あ、この方法は非公式です。

インストールが完了したら、PayPalアカウントを入力して、

そして例の端末をイヤホンジャックに差し込む。

普通に認識して、動作OKになりました。

とりあえず100円って画面に入力してカードを用意し、

シャッとクレジットカードをスライド。

認識せず。

もっかいシャッとスライド。ん?あれ?

2・3回スライドしたら、認識してくれました。

おーできた。

ということで、使えることは分かったのですが、

クレジットカードの認識で少々時間がかかりましたね。

私はドコモのWifiを使ってるんですが、

Wifiの電波が少しでも途切れたりすると

認識ができなかったりするのかもしれません。

こういった端末というのは本当に確実を目指そうとすると

有線が良いらしいのですが、無線端末だと何度かリトライする

必要性が出てくるのかもしれませんね。

そういう意味でもiPhone使って3G回線でやると、

もっと精度が上がるでしょう。

これがうまくできるようになると、

海外のお客様のところに行って、その場でクレジットカードで

決済してもらうとか、そういったことが簡単にできるようになるでしょう。

個人間でクレジットカード決済をするということは

今まで考えられなかったことですが、

これからは友達との漫画本の貸し借りでも、

iPhone使って自由にやりとりできちゃったりするようになる。

で、その漫画本の貸主は漫画本の

レンタルサイトなんかを運営してたりして。

アクセスはそんなにないサイトだけど、

リアル友人のリピーターさんはたくさん持っていて、

大学の授業の合間にクレカ決済するとか、そんなことが実現しそうです。

これからスマホ、タブレット型の端末は

まだまだシェアが伸びて、新しい使い方がどんどん生まれてきます。

世界中で、電車の中でスマホでネットしている人口が増えています。

楽しみですね、これからが!

【あとがき1】

PayPalhere、操作は簡単ですがカードの認識がスムーズに行くように

色々試してみる必要がありますね。

ソフトバンクのiPhone持ってる方は、一度

試してみると良いと思います。

1日たった5ページで成功は引き寄せられる。

例えばあなたが受験勉強をしていて、

300ページの問題集があったとします。

300ページを一気に解こうとすると、

その本を見ただけでイヤになってしまう。

でも、300ページの問題集を60日で割ると、

1日5ページで300ページの問題集をクリアすることができます。

1日たった5ページなら、余裕だ。

と思った瞬間に欲が出ますよね。

ゴールから逆算してスケジュールを決めるって大事。

でも人間の調子なんて一定ではないので、

常にブレたり揺れたりするものです。

最初に5ページと設定したところを、

調子が良い日に10ページやってしまおうとすると

調子が悪い日にやらなくなってしまいます。

で、調子が悪い日が毎日続いて結局お休みしてしまう。

だから、メチャクチャ調子の良いときでも5ページで止めて、

調子の悪い時でも5ページはやること。

風邪引こうが酒呑もうが言い訳しない。

その代り、スケジュールを早めに終えた時はゆっくり休む。

なんのためにやるの?ま、そりゃ自分が合格したいからですよね。

一度決めたスケジュールを最後までやり遂げる。

これが一番成功の近道だと思います。

これは平成教育委員会などのテレビにもよく出演してる

京都大学法学部出身の宇治原 史規さんの手法ですね。

ビジネスも同じようなことがあって、海外販売も同じです。

私も始めたばかりの頃は、1日2品は必ず出品をすることを心がけました。

今では問題集と同じようにカリキュラムを組んで

リサーチ・出品・発送は自社ではシステム化をしているので

あとはいかに効率よくこなすかというところ。

200点出品なのか、1000点出品なのか、

目標値は人によって異なりますが、

やっぱり積み重ねて行くためのプロセスとして

「揺らぎ」がないかってことは重要ですね。

私も今はたくさんのタスクを同時にこなしていますが、

ふと、今日はなんとかヒマになったぞって時に、

わざわざ新しい予定を入れてしまったりすることがあります。

しんどい時はしんどくて、楽な時は新しいことを始めてしまうと

心の余裕の持ちドコロがありません。

だから、最初にスケジュールを決めてそれをずっと続けること。

そうそう、私は最近色々な人とパートナーシップを組んでいますが、

最初のスケジュールを共有して、ブレないっていうのは

お互いのためにも良い影響があるんですよ。足並みが揃うというか。

そして、私も大好きな松下幸之助さんの名言

「事業はだれがやっても儲かるようにできてるんや。」

にも当てはまりますね。

あと、人の気持ちを汲んだりや感謝の言葉を持とうと言ってます。

私にとってはこれもスケジューリング。

人事や労務関係も300ページの問題集に例えて

5ページずつこなしていかなければならない課題の1つです。

どんなに難しい受験勉強でも、ビジネスでも人でも、

答えられない問題はない。

そう、5ページずつ答えて行けば。

【あとがき1】

最近、娘が少しずつハイハイをしだして、

今日は自宅で仕事をしている私のところに近寄ってきて笑顔を見せる。

はふーーん。はふーーんってなりますね(笑)

日本郵便とペイパルの善後策とは。

朝。買い物と思ってペイパルで決済しようと思ったら。

「お客さまのアカウントでの累積の支払金額が限度額の10万円に

 近づいています。本人確認書類を提出し、本人確認手続きを

 行って限度額を解除し、再度支払いを行ってください。」

という表示が。 ちょ・・(笑)

私はこの半年間で3回も本人確認書類を提出してますけれども。。

ということでペイパルに電話をしてみたら、バグだそうです。

しばらく待てば治るらしいので、既に手続き済みの方も

こういったメッセージが表示された場合は

一度お問い合わせしてみてくださいね。

昼間は様々な運用フローを見直すために、

新しい管理システムを導入して普段使わない頭をフル回転して

腑に落ちるまで電話をかけまくり、ようやく設定を終えて

なんとか形になりました。

その後動画を一本撮りました。

たまたまテーマが発送の重量や料金に関することだったんですよね。

発送は、いかにスムーズに手間なく終えるかがポイントですが、

海外発送は送料の仕組みが複雑なことと、日本郵便さんですら

間違えることがあるので、注意しましょ~としゃべった後。

スタッフの皆が帰った後の誰もいない社内にプルプルと電話が鳴り響く。

私「もーしもーーし」 ← やる気ナシ

集荷の人「あ、あの。日本郵便と申しますけれども!」

私「おや。あれ?どうされました?」

集荷の人「実は今回、保険付で船便の集荷出されたと思いますが・・」

私「えーっと。そうなんですか?(知らない)それで?」

集荷の人「実はそれ窓口扱いでして・・」

え?船便は集荷OKだけど、保険付だと窓口扱い?なんで?(笑)

後納郵便はOKで、集荷の引き取りも終わって、荷物も本局にあるのに、

一旦差し戻して本人が後日窓口に行かなきゃいけないの?なんで?(笑)

集荷の人「たたた、大変申し訳ございません・・」

私「あ。大丈夫です。じゃあ私が今から窓口行けば一発ですねぇ」

その場で荷物返却してもらって、その場で窓口出せばいいってことだよね。

ということで、20:30からハンコをもって本局へ。

うーん。これは面倒くさい。

と、このようなミスは弊社のベテランスタッフでも、

日本郵便の集荷の人でもやってしまうことです。

ちなみに帰りがけにジュースをオゴってもらいました。

なんか逆に申し訳なかったですね。

ただ、こんなことで手間取ってしまうとタイムロスが

多くなってしまうのでなるべく事前に予防できた方が良い。

これも慣れだと思いますね。失敗しながら覚えていくという。

ただ、元々ミスがしにくい簡素化されたシステムや、

単純な作業フローというのがあると、

お互い効率が良いのになあとは思います。

ペイパルや日本郵便はしょうがないですね。

ここまで来ると、効率以外の云々というものがあるものです。

そういうときは、相手のルールを理解して、

できる範囲内で善後策を考えるのが一番です。

世の中、自分の思い通りになることってほとんどない。

だから折衷案が必要なんですね。

自己犠牲しすぎるところが、私のタマニキズなところではありますが。

日本で5億円、世界で61億円の盆栽市場とは?

日本では市場が縮小していて、海外では拡大している市場があります。

友達のお爺ちゃんがやってるのを幼少の頃見たことあるけど、

それがどんな世界か、実はあんまりは知らないな。

それが盆栽。

日本では減少傾向にあって5億円市場ですが、

海外では増加傾向で61億円市場に育っています。

ebayでちょっとリサーチしてみましょうか。

tinyurl.com…

高い品物順で並べると、「bonsai suiseki」という

複合ワードの商品も結構たくさんできてますね。

なんだろって思って「盆栽 すいせき」でグーグルを調べてみると

水石について解説しているこんなサイトを発見しました。

一般社団法人 日本水石協会

tinyurl.com…

水石(すいせき)とは、山水景石の総称。

つまり、これも盆栽と同じく「観て楽しむ」という意味では

盆栽と同じく、これは扱いやすそうな商品ですね。

アメリカのアマゾンではどうでしょうか?

tinyurl.com…

私達が普通によく知っている盆栽などが表示されます。

他にも本、ハサミなどの小道具、関連する手軽な商品もたくさんありますね。

低価格のものを調べても、なかなか面白い結果があります。

盆栽で積極的に海外のの商社さんと

意見交換をされている日本の会社もあります。

tinyurl.com…

パリにも老舗の盆栽店があったりするんですね。

海外サイトでも、オーストラリアなど世界各国で

盆栽のサイトがオープンしています。

Bonsai Art Terry Hills

tinyurl.com…

BONSAI EMPIRE

tinyurl.com…

こういう海外のサイトで通販をてがけたい場合は

ebayでテスト販売をして、商圏の特定をし、

サイトを作ってPPC広告を打ってみて

コンバージョンの測定をしてから本格的に運営していく方法があります。

SEO対策に非常に強い分野の方と昨日お話しをしたのですが、

最初からSEOランクを上げようと考えても上げたら実はそんなにアクセスが

集まらなかったってことがあるみたいなので、PPCから試してみるそうです。

YouTubeで海外の反応(潜在ニーズ)を掴むこともできますね。

tinyurl.com…

こういった趣味を持つ人は、教養のある男性社会人が多いので

ターゲット層としても面白いところではあります。

かなりニッチな分野ではありますが、

こうやって少しずつリサーチの範囲を広げて

未知への開拓をしてみましょう。

売れてくるとかなり面白いです。

盆栽が好きであれば言うことないんですが、

商品って結構扱っているウチに好きになることって多いんですよね。

ミイラとりがミイラになるというか(笑)

また、奥が深いからファンも増えているということ。

リサーチが好きな人って、こういう新しい発見がたまらないから。

私もその一人です。

【あとがき1】

PayPalのアカウントマネージャーからの大事なお知らせを

伝えさせていただきますね。

> お客様各位、
> 平素よりペイパルをご利用頂きありがとうございます。
>
> 弊社では日本で「資金移動者」としてビジネスを展開するにあたり、
> 「犯罪による収益の移転防止に関する」法律に基づき、
> 法人等の事業を展開される利用者様に対して
> ペイパルアカウントの本人確認手続きを行わせて頂いておりますが、
> 平成24年10月1日より、
> 同日以降の支払額の累計額が10万円を超える利用者様に対しても
> 本人確認の手続きをさせて頂くことになりました。
>
> 今回の支払い手続きの変更にあたり、
> 平成24年10月1日以降の支払い累計金額が
> 10万円未満であると予想される場合には、
> 本人確認手続きを行って頂かない場合でも引き続きご利用頂けます。
>
> ただし、本人確認手続きを完了させず
> 支払い累計金額が10万円を超えた場合には、
> 引き続きお支払い頂くことが出来なくなります。
>
> なお、平成24年9月30日までの支払い累計金額につきましては
> 平成24年10月1以降の支払い累計金額には加算されません。
>
> 上記に記載の内容をご確認の上、
> 平成24年10月1日以降の支払いの累計金額が
> 10万円を超えると予想される顧客に対して、
> 必要に応じて本人確認の手続きを
> 完了させて頂くようご連絡お願いいたします。
>
> 現在、本人確認の手続きをまだ完了されていない利用者様が
> ペイパルアカウントにログインされると、
> 本人確認手続きに関するご案内が画面に表示されるよう
> システムの変更を進めておりますが、
> 御社の顧客が本人確認手続きについて
> ご不明な点がある場合には下記の手順に従って
> 弊社までお問い合わせて頂くようご案内願います。
>
> 1. ペイパルアカウントにログインしてください。
> 2. ペイパルのウェブページ下にある[お問い合わせ]をクリックしてください。
> 3. メールでお問い合わいただく場合には[お問い合わせフォーム]を,
> 電話でのお問い合わせの場合には[電話でのお問い合わせ]を
> クリックしてください。
> 4. 各お問い合わせ方法に記載の手順に従ってご連絡ください。
>
> 今回の変更に関しまして、お客様に大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
> 何卒ご理解とご協力のほどお願いいたします。

変動費vs固定費。どちらを取るかはビジネスモデル次第?

昨日は昼過ぎから会社に行って、仕事してました。

頭がなんだかポワワ~ンとしてたので、宙に浮いてるような

なんだかそんな感じではありましたが、

夕方ぐらいになったらシャキッとしてきて平熱に。

やっぱり知恵熱だったみたいですね。

オーバーワークは体によくない。

これは少し身に沁みました。

周りからの刺激をたくさん受けているからですね。

走り続けなければと、ついついペースが上がってしまいます。

ふと冷静になって考えてみると、

ブチ抜いたな~と思う人もいれば、

ブチ抜かれたな~と思う人もいます。

では、私より上を行っている人と、

私より下を行っている人との違いは何かと言えば、

それはやはりビジネスの組み立て方、動かし方の違いですね。

私はどちらかと言えば、売上を大きく伸ばして

一気にのし上がるパターンよりも、

手数料で稼ぐモデルの方が好きです。

あまり大きくは稼げませんが、その代わり安定した収益を

もたらすことができるからですね。

例えば季節商材やマニアックなもの、クリスマスシーズンなど

期間を限定した商品があったとして、

年に1回だけバカ売れするものがあったとしましょう。

年末商戦の12月に1度だけ100万円の利益が出て、

残り11カ月は30万円の利益しかないビジネスは

独特の、というかある意味現代のビジネスモデルを持つ必要があります。

それは、極力固定費を削減する方法。

利益が100万円出ると、経費もこのタイミングで大きくかかります。

儲かったという話しを聞くと、それだけで「いいなぁ」

なんて思ってしまうものですが、実はどんなに利益率が高いビジネスでも

経費のかからないビジネスというのはありえないんですよね。

最初から売上に波があるビジネスだと分かっている場合は

全て自前で揃えてしまうと、かえって固定費が足かせとなります。

12月の段階で100万円の利益が出て、

固定費が30万円かかったとしましょう。

この月は良いかもしれませんが、

残りの11か月間の儲けはゼロ。

事務所代や倉庫代、人件費などが足かせとなって

収益を圧迫してしまう。そうすると経営者としても

気持ち的な余裕がなくなってしまいます。

これを回避するために、極力このビジネスモデルの場合は

作業を外注化して任せる方が得策だと言えます。

利益に対して変動費として経費を計上できれば

常に黒字を維持することができる。

例えば作業を外注化して、月の利益の30%を経費とすることができれば

利益100万円なら30万円の経費で70万円が、

利益30万円なら9万円の経費で11万円が手元に残ります。

70万円+(11万円×11カ月)=191万円。

これが本業の収入にプラスしてあなたの稼ぎになりますね。

もちろん、外注化すると一見して自前で抱え込むよりも

かなり単価が高いように見受けられます。

なので少し利益が出始めると、

すぐに固定費をかける方向に動きがち。

ところが、最初のパターンにハマってしまうと

年間通じて結局手元に残るのは100万円。

あれ?手元利益が倍近くも違ってきますね。

なのでローリスクで稼ぐ場合は、成果報酬制を導入して

固定費を極力減らし、外注化した方があなたのためになるでしょう。

さて、では逆の手数料ビジネスの場合はどうでしょうか。

手数料ビジネスの場合、これは私の体感ベースですが、

大体利益の7割ぐらいが固定費で吹っ飛びます(笑)

(それでも、かなり頑張っている方だと自負してます・・)

なぜこうなるかと言うと、みなさんが外注化する部分、

つまり固定費の多くかかる部分を一手に引き受けるから。

余分なコストがかかって、ビジネスが軌道に乗るまでに時間がかかります。

手数料ビジネスとしては最も有名なアマゾンは、

累積赤字1兆円で赤字のまま上場して、その後黒字転換しました。

アマゾンのようにうまく収益化することができれば良いのですが、

そうならない場合は費用倒れしてしまうこともあるんですよね。

ただ唯一の利点は、手数料ビジネスの場合は

あまねく多くのリピーターさんからサービスを

継続して利用してもらえるというメリットがあります。

それはつまり、年間を通じて売上の変動が少ないということ。

今月稼いでも、来月ゼロになる不安からは解き放たれますね。

私はどちらかと言えば、こういうビジネスモデルの方が好きです。

タイミングを逃さず一気に稼ぐビジネスか、

もしくは入念に設計して、じっくり稼ぐリピート型のビジネスか。

これはどちらが良いとは一概に言えません。

向き不向きがあるので、自分に合った方法を確立していきましょう。

いずれにせよ、一気に稼いだ経験があるからこそ、

誰かの稼ぎを支援できるってことは確かです。

ビジネスの設計というのは、経験がないと詰められませんから。

そういった意味では、まず自分で稼ぐ能力を養うことをオススメします。

まずはすぐに収益化できる物販で利益を得ることから始めましょう。

私も今までたくさんの失敗をしてきましたが、

やっぱり最初にネットでモノが売れた、あのスピードの速さは驚きでした。

両方兼ね備えている人は本当に素晴らしい人格者だったりします。

やっぱりビジネスって最後は人ですね。

【あとがき1】

特に今って、どんな仕事でも外注化が可能です。

そういった意味ではローリスク、低資本、低コストで

ビジネスを始められるメリットがある贅沢な時代ですよね。

ていうか、ここまで外注化が可能な国って

日本ぐらいしかないんではなかろーかと思う今日この頃。

日本に生まれてよかった。

あとは、まだまだ掘り起こせていないニーズを

いかにサービスにまで落とし込めるかですね。

【あとがき2】

PayPalのアカウントマネージャーからの大事なお知らせを

伝えさせていただきますね。

> お客様各位、
> 平素よりペイパルをご利用頂きありがとうございます。
>
> 弊社では日本で「資金移動者」としてビジネスを展開するにあたり、
> 「犯罪による収益の移転防止に関する」法律に基づき、
> 法人等の事業を展開される利用者様に対して
> ペイパルアカウントの本人確認手続きを行わせて頂いておりますが、
> 平成24年10月1日より、
> 同日以降の支払額の累計額が10万円を超える利用者様に対しても
> 本人確認の手続きをさせて頂くことになりました。
>
> 今回の支払い手続きの変更にあたり、
> 平成24年10月1日以降の支払い累計金額が
> 10万円未満であると予想される場合には、
> 本人確認手続きを行って頂かない場合でも引き続きご利用頂けます。
>
> ただし、本人確認手続きを完了させず
> 支払い累計金額が10万円を超えた場合には、
> 引き続きお支払い頂くことが出来なくなります。
>
> なお、平成24年9月30日までの支払い累計金額につきましては
> 平成24年10月1以降の支払い累計金額には加算されません。
>
> 上記に記載の内容をご確認の上、
> 平成24年10月1日以降の支払いの累計金額が
> 10万円を超えると予想される顧客に対して、
> 必要に応じて本人確認の手続きを
> 完了させて頂くようご連絡お願いいたします。
>
> 現在、本人確認の手続きをまだ完了されていない利用者様が
> ペイパルアカウントにログインされると、
> 本人確認手続きに関するご案内が画面に表示されるよう
> システムの変更を進めておりますが、
> 御社の顧客が本人確認手続きについて
> ご不明な点がある場合には下記の手順に従って
> 弊社までお問い合わせて頂くようご案内願います。
>
> 1. ペイパルアカウントにログインしてください。
> 2. ペイパルのウェブページ下にある[お問い合わせ]をクリックしてください。
> 3. メールでお問い合わいただく場合には[お問い合わせフォーム]を,
> 電話でのお問い合わせの場合には[電話でのお問い合わせ]を
> クリックしてください。
> 4. 各お問い合わせ方法に記載の手順に従ってご連絡ください。
>
> 今回の変更に関しまして、お客様に大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
> 何卒ご理解とご協力のほどお願いいたします。