stickyimage

Menu

無在庫アマゾンで年商1億円


「年商1億までは簡単でした。」

海外在住という特権を最大限に活かして、
アマゾンの無在庫で稼いでいる人に会いました。

へー面白いと思ってその後もお茶することに。
少しずつ、自己紹介もしながら謎解きしてく。

「リサーチはどうやってやってんの?」
「目視です、1つずつ基本通りに。」

「利益率はどのくらい?」
「だいたい25%ぐらいです。」

「無在庫にしては高いねどうして?」
「送料の交渉で良い数字を引き出したので。」

「価格調整はどうしてるの?」
「手作業です。1つずつ。完全ルーチンですけど。」

「利益計算スプレットシードじゃん、有料版?」
「いえ、無料版です。」

「次はどこに力入れたいの?」
「メーカー仕入れで結果出たので増やしたいなと。」

アマゾンは、データビジネス。

これから多くの人がデータを読み解く能力に
注目をすることになるだろう。

その数字に何の意味があって、
どこに向かっているのか。

数字の色や形をデザインし科学する。
それがデータサイエンティストという
新しくこの世に生まれる職業だ。

例えば海外のマクドナルドでは
注文用のタッチパネルが用意されていて、
無人で注文をすることが出来る。

顧客がその操作に慣れたら、
もうマクドナルドの受付はいらなくなる。

彼らが失業する代わりに生まれる職業が、
データサイエンティストという職業。

そのタッチパネルの中には
いつ、どこで、誰が、何を、いくらで、
何個買ったのかが蓄積されている。

それを分析して、売れ残りが少ないように
在庫を調節したり、注文の数が多い店舗の
席数を増やすなどの施策を打ち出せる。

「自動で価格調節するツールありますか?」
「あるよそんなのいっぱい、どうして?」

「ライバルの価格に合わせるツールはあるんです。」
「あるよね、最低価格に自動追随するやつ。」

「でも、最低価格でカート取れるとは限らなくて。」
「そうだね。」

「多分、発送のスピードが影響してると思うんです。」
「そうだね。」

「高い値段でカート取れてるのに最低価格にされたら・・」
「必要ないのに安い値段で売ることになるよね。」

「はい、だからそんなツールあるのかなって。」
「作ればいいじゃん。」

「え?作れるんですか?」

もし、カート取れている場合は価格を下げない。
もし、カートが取れていない場合は
ライバルの最低価格に追随する。

ざっくりif文になってんじゃん。
で、あとは数字を丸めていけばいい。

ルーチンを自動化する手順としては
1.ツールが売ってないか探す
2.どうしても見つからなければ作る
3.どうしても作れなければ、人を雇う。

で、絶対に世の中にあなたが探してる
ツールが無いと断言できるかと聞いたら、
いや探してみますと。

うん、やり切ってないでしょ。

ビジネスに強みが1つあれば成功はできる。
ただし、本当のプロは全てにおいて妥協をしない。

「まだ3倍ぐらいは軽く伸ばせるんじゃない?」

少し俯瞰してからそう言ったら、
目を輝かせてた。

いやむしろ目視でそんだけの数を
監視してるのに驚いたんだけどこっちは。
ようやるわ、と。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
2年 ago by in アマゾン. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved