船原さんと小玉さんに敬意を表します。無料キャンペーン開始! 吉田の海外販売ノウハウ!


「この短期間で復活するなんて、吉田さんは並の精神力じゃないですね。」
懇親会で、ある参加者に話しかけられた。

彼は、遠くからずっと私に話しかけるタイミングをうかがってた。
知ってたんだ。ずっと私の事を見てたのは。
私が苦悩し、悩んでたことを知ってる人。苦楽を共にした人。

いいんだよもう、そういうことは。

あなただけに真実を伝えると、
腐ってた私に炎の灯をつけてくれたのは、
2人の存在が大きかった。

1人目は、船原さん。私の大切な親友です。
彼は今、シンガポールに住んでます。

彼と私は3年ほど前、ブログでたまたまメッセージをもらって
初めて会うことができました。

よく会ってるような印象を受けますが、彼とは年間数度しか会いません。
でも、お互いのメルマガを毎日読んでるので、近況を語らずとも
相手の事はよく知っています。

それでも、絶妙なタイミングで声をかけてくれる。

ある日突然、脈絡もなくエールを送ってくれた時、
私は涙が止まりませんでした。

船原「がんばれーーー」
吉田「ほわ。なぜこのタイミングでエールを・・
   んーむ。平静を装ってるつもりですが、なんかバレてますね(笑)」
船原「僕は吉田さんを全面的に応援しますよーーー」

全面的に応援する。普通そんなことが言えるだろうか。
ファイナンスの世界では、
晴れの日に傘を貸して雨の日に傘を返せと言われるそうだ。

チャットワークの画面がにじんで、良く見えない。

人間も同じ、金の切れ目が縁の切れ目。
スタッフその他大勢の人の心が離れ始めた。

それは分かってる。私は、始めたことを一所懸命やり遂げたいだけだった。
倒れかけた私を、彼は応援すると言う。一体なぜなんだ。

同じ時期、密かに戦いの狼煙を上げた人間がいた。
小玉歩さんだ。
tinyurl.com…

彼は本を書き始めてた。「クビでも年収1億円」と言う本。
それを手に取った時、私は衝撃を受けた。

彼の本の自己紹介にはこう書かれてる。
キヤノンマーケティングジャパン株式会社に入社。

会社の社名を出している。なんという攻め方だ。
常人を超えている、と私は思った。

その後クビになって年収1億円稼いだ。
その前後の出来事、そしてその後7万部突破に
至るまでの経緯を私は知っている。

私もかつて、本を出そうと思ったことがあった。
だけど、旧態依然とした出版業界の壁に阻まれ私は簡単に諦めた。

本というのは、書いても売る人がいなきゃ成立しない。
商業出版をする際には、魂を込めて書き、
そしてそれを売ってもらわなきゃいけない。

しかし、本が売れない時代。
返本リスクを恐れる出版社は、無駄な本を刷りたくないという意思が働く。
売れてる著者でもない限り、初版1万部ということですらありえない。

保守的な業界で彼は最強の軍師をつけ、1人先陣を切って戦いに挑んだ。
それは今でも続いている。1人で大金を投入し、大キャンペーンを続けてる。

自らの経歴を隠すことなく公表し、そして
周囲を猛烈な勢いで動かして挑戦する様を
まざまざと見せつけられて私は大変な感銘を受けた。

物販をやってるあなたはよく分かると思いますが、
出血大サービスと言うのは文字通り出血する。

彼はまさしく大出血の上、起業家生命を賭けてこの戦いに挑んでいる。
そして7万部に到達した。語るまでもない。それが実力だ。

そこまでして、なぜ。

彼の最強の軍師はこう言った。
「本のカバーをクビ億して電車で読むと、それは吊革広告と同じ効果がある。」

私もそれを実践してみた。色んな本のブックカバーをクビ億にかえて。
福井、大阪、東京、宮崎、福岡、名古屋。
この数カ月、いろんなところの電車の車内でクビ億を読んだ。
私が紹介したダニエルピンクも、彼の書籍で紹介されてる。

そしたら私もクビ億が大好きになった。

しかし、読めば読むほど疑問が生じる。
確かにサラリーマンよりも起業家の方がいい。
自由になって初めて分かることだ。

プロパー社員として彼は当たり前のように社会人経験を積んできた。
そして私は起業した色々な人を見てきた。
その中で、彼は異色だと思う点がいくつもあった。

その原点が、彼の所属していた
キヤノンマーケティングジャパン株式会社そのものにあると思う。

そこは、全否定しなくてもいいんじゃないだろうか?
いや、本のタイトルが内容をそうさせたんじゃないかと思う。

エピソードは、彼が退職する前後にあるんじゃない。
サラリーマン経験があって起業したから大成功を収めることができたんだ。
しかしきっと彼自身、その尊さに気づいていないだろう。

だから、私は敢えてタイミングを見計らって
クビ億のキャンペーンを仕掛けることにしました。
tinyurl.com…

彼の心意気に触れた。だから私にできることをしよう。
彼の本を300冊購入して、彼に対談を申し込んだ。
お互いリアルで会うのは数度しかない。

よく考えたら1対1で話すのは初めてだった。
そんなの、関係ないさ。

対談映像は、ちょっとギクシャクしてる。
なんで私が300冊も本を買い、そして私に何のメリットもない
無料のキャンペーンをわざわざ仕掛けるのか、
多分わかってないと思う。

本当は3000冊でも良かったんだけどね。
それじゃあちょっと、引かれてしまいそうだから。

私達はこれから、もっともっと前を向き、
批判や誹謗中傷にもめげず、どんどん突き進んでいくと思う。

エピソードは続いてく。それぞれのエピソード1から。
小玉歩×吉田ゆうすけ特別対談を無料で公開します。

ゴールデンルール:Episode1
tinyurl.com…

【あとがき1】

船原さーん、今日はシンガポールマラソンだっけ。
昔ご一緒したけど、5kmでリタイアしたなあ。
リベンジは・・、多分しないでしょう(笑)

小玉さんがお元気ですかって言ってたよー。
たまには話しかけてあげてくださいね。
彼は多分待ってますよ。

【あとがき2】

今回の映像対談編集を担当したのは、
ずっと前に私の記事で映像の制作を
してくれる人を募集した藤岡さんて人です。

最初は機材の選定から一緒に始めました。
高価なCM撮影用の機材でなく、家庭用の機材で
簡単で安く、早く撮影・編集するためにはどうしたらいいか。

そこを追及し続けて、今ここまでやってきました。
マネートラップ他、船原さんと私のたくさんの映像を取り、
実践からどんどん、彼のレベルは進化し続けています。

それは教材という名の作品となって裏方で
私達に貢献をしてくれています。

彼の能力がぐんぐん上達してるのは、
私たちの映像を見るごとに分かると思います。

これからも、私は多くの機会で映像を撮影し、
そして藤岡氏とタッグを組んで公開していきたいと思います。

楽しみにしててくださいね。

【あとがき3】

> ebayでの初出品からはじまりTRSも取得することができました。
>
> 福井での総会、ジャパンエキスポと
> かけがえのない経験もする事ができました。
> まだまだ大きくは稼げていませんが
> 10万円以上は毎月安定して稼げる様にもなりました。
>
> nijyuyonという最強のツールにも出会いました。
> そして何よりも吉田さんをはじめ沢山の方と出会う事ができました。
> こんなに貴重な経験をさせて頂いた精鋭には感謝しかありません。

2012年は、私にとって波乱万丈の1年でした。
一度全てをリセットし、そして新たな1年を迎えます。
あなたにとって、来年は更なる飛躍の年になりますように。

行く年、来る年。

【あとがき4】

アマゾン海外販売戦略大全集は
かなりの数のダウンロードがされています。

インターネットのビジネスで「販路拡大」を目指すなら
世界のアマゾンに飛び出しましょう!
tinyurl.com…

【あとがき5】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた
175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。
このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから
tinyurl.com…

【あとがき6】

アマゾン海外販売戦略大全集のご紹介料が
1週間限定で倍増しています。
この機会をお見逃しなく!

これから様々な案件をご案内して行きたいと思っていますので、
エグゼクティブクラブをよろしくお願いしますね!
tinyurl.com…

【あとがき7】

PayPalの本人確認書類の未提出で
各種サービスを受けられない方がかなり多くいます。

当会のシステムはPayPal決済を主に利用しております。
そのため、PayPalの本人確認を終えなければ各種サービスが
ご利用いただけません。

エグゼクティブクラブ以外にもたくさんの用途が発生するので
もしものためにも、本人確認は必ず完了させておくようにしてくださいね。
よろしくお願いいたします。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)