海外SOHOさんとの感動?の初対面 吉田の海外販売ノウハウ!


話しは遡って出国前。板垣さんが一枚の写真を見せてくれた。
板垣「これが僕のSOHOさんです!」
ぬお・・。おー、なんとも形容しがたい・・。

実は海外SOHOを活用するときのポイントとして
「美人さんはダメ」という暗黙のルールがあります。
可愛いので人気も殺到するのですが、なんせビジネスの能力と
一致しないところがあるんですね。

板垣「でも、仕事は完璧です!会いたいです。」
数々の偶然が重なり、じゃあ行こうよって誘って
今回のフィリピン旅行が実現しました。

みんな自由人なので動きも早い。ひと声かけたらすぐにチケットをとって
万全の体制で関西空港に到着したと思いきや・・。

チェックインカウンターで板垣氏がチケットの印刷をせずに足止めを食い、
あわや出国できないかもしれないという事態に。
おいおーい!お客様が待ってるのに勘弁してくれー的な状況をくぐり抜け
なんとか時間に間に合ってギリギリでることができました。

フィリピンに到着して私のお客様と会って、
翌日は現地永住権を持つ若者と樋口君に会って2日を過ごしました。
ホントに両極端だったな、破天荒w

滞在2日の夜。3日目ははどうする?って話しをしたとき
じゃあ板垣さんのワーカーさんに会いに行こうと。

前日夜にセブ航空にアクセスしたら、12時間前以降はチケットが取れない。
よし、出たトコ勝負で空港で直接購入しようということになりました。

朝は渋滞もあることを想定して7時起床。朝食を軽くとって8時に出発。
朝の渋滞を考えて空港まで移動しましたが大体1時間ぐらいかかる。

タクシー移動は余裕を持ったほうが良いということは事前に聞いていたので
9時過ぎに到着。日本だとチケットを購入するのは空港の中が一般的ですが、
こちらはガードマンに止められて隣のビルで購入することに。

距離的にも感覚的にも日本で例えると
マニラが成田空港でセブは関空と言ったイメージ。
ただ、空港直乗りでもチケットを購入できることは分かりました。

カウンター「セブですか?パスポートを見せて下さい。」
私とカズさんはパスポートを出して、準備万端。

ところが・・・

板垣「ない!パスポートがないです!!!(°Σ°)」
おいおい。なんでやねん。結局パスポートは見つからず、一旦戻ることに。

時間もなかったので私はタクシーで昨日の記事を書いてました。
んー、往復3時間のタクシー移動。酔ったなあ・・。

結局到着したのが11時すぎになって、
13時半の飛行機に乗ることになりました。

チケットは前日までにネットで購入しておけば恐らく
1万円もあれば往復できたと思うのですが、今回は2万円かかりました。
Too expensive..と言われたので高かったんでしょうね。

ただ、パスポートとお金とクレジットカードだけあれば
基本なんとでもなることが分かりました。さあいよいよセブへの
弾丸トラベラーのスタートです。

マニラからセブへ向かって到着したのが15:30、
板垣さんのワーカーさんは2時間かけてセブ空港に迎えに来てくれてるみたい。

彼はチャットワークで毎日連絡を取り合っているので
そのあたりのコミュニケーションは万全です。

空港に降り立ち、感動の初対面。
一体どんな劇的なシーンが待ち受けているんだろうか!?と思いきや・・

ワーカー「ハロー!オー、シノブ!!」
出てきたのは、なんともガタイの良い女性が待ち受けていました。
形容するならばビッグマザーと言った感じ。

よく来たねーということで、母親のような感じの微笑ましい対面に。
いとこの女性も来てたので、タクシーを2台に分けて私はいとこの女性と
一緒にタクシーに乗って移動することに。

私達がビーチに行きたいと言ったので、リゾートまで運んでくれました。
セブではビサヤ語というタガログ語とはまったく異なる言葉があるようで、
何個か言葉を教えてもらいました。

kumosta(元気ですか?)
gwapa!(かわいいですね)
guapo(かっこいいですね)
salamat(ありがとう!)

途中、ローカルな町並みを抜けてビーチに到着。
んー。人が少し多いくらいでバリの田舎と雰囲気が似てましたね。

マニラ近郊よりもセブの方が田舎だなって感じがしました。
タクシーはリゾートに到着。ここは日本人観光客もたくさんいて
人口プールや海もあって、たくさん泳いで遊びました。

ワーカー「私達はいいのよ。楽しんでいらっしゃい。」
なんとゆーか。お母さん。。こんな雰囲気で良いのだろうか(笑)
と言いながらも思いっきり楽しんでる板垣氏。
君も一体それで良いのだろうか・・。まあいいや(苦笑)

ひと通り遊んで食事をしたらもうすぐに帰る時間。
ワーカーさん2名とこちらは3名の計5名だったのですが、
タクシーが1台しか来なかったのでリゾートのゲート付近でお別れ。

夜も21時すぎだったので、しばらく待たなければならないのに
先に行っていいよとお別れの言葉を言ってドアを閉めてくれました。

最後まで気遣いの絶えないワーカーさんに対して板垣氏は
「you are beautiful!」と、意味の分からないお世辞を言ってました。
タクシー代を握らせてるところは彼の良いところ。

交通渋滞が来た時よりも長かったので少々ヒヤリとしましたが、
なんとか時間に間に合うことができました。

空港ではチェックインカウンターの女性が「日本からきたの?いくつ?」
などと話しかけてくれて、最後には「I love you~ ☆」など
きゃっきゃっとはしゃぎながらチケットを差し出してくれました。

こっちの人はみんなラテン系というか、ホント直球で良いですね。
日本の仕事場では考えられない光景です。

タクシーの運転手さんにも必ずと言って良いほど話しかけられますが、
言葉が通じなくてスルーしても、心折れずにまた話しかけてくれる。

そういうラフな感じなところがフィリピンが虜になる人が
多い理由なんだろうなってちょっと嬉しくなりました。

たった6時間の滞在で、すぐにマニラに戻りそこからまたタクシー移動。
幻のように刺激的な時間を過ごしました。

世界に思ったより親近感が湧いて来ました。
もっと気楽に、もっと身近に感じたいな。

【あとがき1】

フィリピンと聞くと、みんな「危ないらしいから気をつけて」と心配されます。
ところが実際に行ってみると、ルールさえ分かってればなんてことないなと。

危ないというイメージや流布もあると思うのですが、
百聞は一見にしかず。こっちに来てみればわかると思います。

また聞きの話やネット上の怖い話よりも、
実際の体験に勝るものはないですから。

【あとがき2】

アマゾン海外販売戦略大全集は
かなりの数のダウンロードがされています。

インターネットのビジネスで「販路拡大」を目指すなら
世界のアマゾンに飛び出しましょう!
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/rfe4…

【あとがき3】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた
175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。
このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/5i86…

【あとがき4】

エグゼクティブクラブのご紹介制度はこちら
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/v3ca…

【あとがき5】

PayPalの本人確認書類の未提出で
各種サービスを受けられない方がかなり多くいます。

当会のシステムはPayPal決済を主に利用しております。
そのため、PayPalの本人確認を終えなければ各種サービスが
ご利用いただけません。

エグゼクティブクラブ以外にもたくさんの用途が発生するので
もしものためにも、本人確認は必ず完了させておくようにしてくださいね。
よろしくお願いいたします。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)