日本はハイパーインフレになるのか? 吉田の海外販売ノウハウ!


昨日は通貨安競争について書き、
円安誘導に賛成だということを書きました。

これについては賛否両論あると思って覚悟してましたが、
以外に「爽快だ!」「ごもっともだ!」という意見が多数寄せられたので
少々驚いてます。みんな賢いですね。

中立であるよりも立場を明確にして意見を言うってことは
大事かなあとも思います、なので今日もちょっと難しいかもしれませんが、
私の率直な意見を述べさせて頂きますね。

円安誘導、という意見があるとまことしやかに囁かれるのが、
「日本が破綻する」とか「預金封鎖が起こる」ということ。

日本の借金は1000兆円あるというのは聞いたことあると思いますが、
銀行が発行してる国債がその借金の実態としてあるわけです。

銀行が国債を発行してるから、お金を国に返さないといけなくて、
その銀行にお金を預けているのが私達日本人ということ。

銀行が資金繰りに困ったら何をするかというと預金封鎖をする。
そうすると借金はチャラになりますが、預金もチャラになり、
日本銀行はお金を刷りまくってハイパーインフレが起こるということですね。

アベノミクスでは2%のインフレ目標を掲げていますが、
これがトリガーとなって、インフレ率が100%を超えていくのが
ハイパーインフレの典型的な例。

直近ではアルゼンチンの5000%というのがありました。
ジンバブエはもはや計測不能のインフレ率でしたね。

こういう状況を国がデフォルト(国家がいっぺんリセット)って
いうんですが、私はこの状況には到底なりえないと考えています。

なぜなら、円安誘導とインフレはセットのようなものですが、
諸外国が円安について懸念を表明して必死で円安とインフレを
抑制しようと牽制をしかけてきているからですね。

円安・インフレになると、日本人は輸入品が超高額になり買えなくなります。
大消費地日本で商売ができなくなる諸外国はそりゃ嫌がります。

また、アルゼンチンの輸入総額は220億ドルほどしかありませんが、
日本はアメリカ・中国・EUに次ぐ世界第4位の貿易大国。
輸入総額は7000億ドルに上ります。

つまり、日本がデフォルトすると、世界はアルゼンチン
30個分以上のニーズが瞬時に消し飛ぶということ。

我が国がインフレによって文字通り「紙くず同様の原価」で商品を生み出し
国内ですべて生産して世界に売り出したら、どのようなことになるか・・。
想像に難くないと思います。

レッカー車でデフォルト直後で投げ売りされてる
高額品をかき集めてネットで海外に売るかな。
死ぬほど儲かるでしょう。あ、国内じゃ意味ないですよ。

小国のアルゼンチンならともかく、そんな状況になることを
諸外国が許すわけもありません。

と、この状況下で日本危機説がなんで
こんなに流行ってるのか私にはよくわかりません。

総人口の30%以上が高齢者になる
今から12年後の2025年ならまだわかります。

それより問題なのは、産業構造の転換です。
電気自動車やテレビやスマホなどの「最先端商品」が
なぜ新興国で生産できてしまうのかってことです。

これは産業のデジタル化によって、昔は職人的技術を要求された
最先端モデルも、まるでプラモデルを組み立てるように簡易的に
生産ができるようになってきたということです。

特殊な技術や熟練が必要とされなくなった21世紀においては
新興国の安い労働力に生産の現場が失われつつあるということ。

この、より安く組み上げる戦いに日本人が勝つのは不可能です。
なぜなら日本人の人件費は為替相場と関係なく高いから。

例えばタイやフィリピンの平均年収は50万円くらいですが、
為替相場の調整だけで対等な条件に持っていくためには
1ドル300円ぐらいの円安にならなきゃいけません。

その前に第3次世界大戦勃発ですよ。
核爆弾数発で全世界終了でしょう。

1ドル300円になったら教育水準も高く、勤勉な日本人は
その他諸外国を踏み台にしてプラザ合意以前の好景気、
大活況に沸くことになると思います。

ま。それはどうせ不可能なことなので、私達日本人は
全世界で商品を販売する「フロー(経営的手法)」を生産する
管理者にならなければなりません。

日本語という、世界の人から見るとアラビア文字みたいに
わかりにくい魔法の文字を使い、新興国の人には
分からない言葉で会話をして生産のみを行なってもらう。

経営管理と単純作業を分離することが、
これからの日本人が世界で勝てる条件となってくるでしょう。

かつ国境をまたぎ、グローバル体となることによって
日本だけでなく、海外にも資産を分散させることにも繋がります。

海外口座だけ作ったってダメ。
日本円の収入をせっせと外貨に交換した所で、
日本の収入源が途絶えちゃったら終わるじゃん。

一時的な貯蓄にしかなんないですよね。
それをドルやユーロに交換したって同じものにしか私は見えません。

海外販売で利益を生み出し、経営管理をし、
マクドナルドやスターバックスのような多国籍企業になって
その上で余ったお金や資産を分散するということです。
それが本物の、資産を守るということ。

個人の資産を守るために、まず行うべきことは、
海外販売をして外貨を稼ぐということですね。

eBayやAmazonやBigcommerceがあるじゃないですか。
個人でも世界に売るのは、あなたが思ってるよりずっと簡単です。

根本にある収入源そのものを、日本円から外貨に
徐々にシフトし、比率を上げていく。
それそのものが、エグゼクティブクラブの全世界戦略です。

私たちは日本という大国に住み、世界の中でも
随一の高額所得者である勝ち組だという意識を持ち、
今こそ、海外ビジネスへの投資を行うべきだという考えです。

今日は私なりにエコノミストとはちょっと違う、
現場目線での意見を述べさせてもらいました。

少なくとも私は思う。
この国はまだ、捨てたもんじゃないと。

【あとがき1】

ちなみに、ジンバブエはかつて白人大規模農家によって
効率的な農業が行われていたそうです。

外貨収入の半数を農産物の輸出で得ている農業国で、
かつてはヨーロッパから「アフリカの穀物庫」と呼ばれていたほど。

ジンバブエの労働者は低賃金だったので、政府は白人農場主から土地を奪い、
産業の旗手を国民に委ねようと考えました。しかし白人がいなくなって
大規模商業農業システムが崩壊。農作物の収量が激減しました。

ジンバブエの国民にとって、どちらが良かったのかは私にはわかりません。
ただ新興国には持ち得ないノウハウを持つ先進国民の役割があって
お互いがバランスをとることにより経済はWin x Winになると思います。

【あとがき2】

アマゾン海外販売戦略大全集は
かなりの数のダウンロードがされています。

インターネットのビジネスで「販路拡大」を目指すなら
世界のアマゾンに飛び出しましょう!
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/rfe4…

【あとがき3】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた
175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。
このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/5i86…

【あとがき4】

エグゼクティブクラブのご紹介制度はこちら
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/v3ca…

【あとがき5】

PayPalの本人確認書類の未提出で
各種サービスを受けられない方がかなり多くいます。

当会のシステムはPayPal決済を主に利用しております。
そのため、PayPalの本人確認を終えなければ各種サービスが
ご利用いただけません。

エグゼクティブクラブ以外にもたくさんの用途が発生するので
もしものためにも、本人確認は必ず完了させておくようにしてくださいね。
よろしくお願いいたします。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)