弱い自分を吹き飛ばすために必要なこと。 吉田の海外販売ノウハウ!


世の中には、「稼げる話」「稼げない話」の他に
「前向きな話」と「後ろ向きな話」があります。

誰しもが不安を抱えながら日々生活を過ごしてます。
もちろん私もその1人。掛け値ナシの人生なんてありえない。

人はグッドニュースよりもバッドニュースに惹かれる性質があります。
とすると、バッドニュースを口にしてしまうことが多い。

そこには多くの後ろ向きな話が存在してきます。
例えば、「ライバルが増えてきたからどうしよう。」
「最近商品が売れない。」「クレームばかりで儲からない。」

これは全部愚痴にも近い後ろ向きな話ですね。
問題なのは、これをブチまけたところで何の解決の手段にもなってないところ。
「で、どうすればいいの?」って聞いても解決策がないんですよね。

ライバルが増えてくると、人は既得権を守りに走りたがちになる。
攻撃的になったり、否定的な意見を寄せるようになります。

ただ自然の摂理に従うと弱肉強食のビジネスの世界では、
守りに入った時点で成長がなくなってしまいます。

これらの既得権というのは、本来自分だけのものではないので、
そもそも守るという考え方自体が当てはまらないのかもしれません。

そういう時こそ、「ライバルを上回る勢いで成長しよう!」
「利益率の高い商品を探してみよう!」といった前向きな考えで
後ろ向きな意見を吹き飛ばしていかなきゃいけないんですね。

私もたくさんの失敗をしますが、失敗以上の成功を得るために
エネルギーを前向きな方向に向けるようにしています。

それは失敗から目を背けるということではなくて、
既得権の保護に偏ってしまうことではなくて、
これから新しいモノを生み出すための活力になっている。

不安になってきたなあと思ったら、他の情報を遮断して
一心に自分のビジネスに打ち込むことしかないんじゃないかなって。
実際それで稼げるようになったら、それが一番爽快ですもんね。

だから稼ごう。
弱い自分を吹き飛ばすために。

【あとがき1】

特に経営をしていると後ろ向きな意見が寄せられることが多くなります。
恐怖が波紋状に広がるというか、自然と振舞っていても
ガタガタと震えが止まらなくなることがありますね。

やっぱりリーダーの資質というか、前向きなリーダーのもとには
前向きな意見が集まり、弱気な意見は自然と淘汰されるようになる。
私がたまに弱音を吐くと、それはらしくないと諭されたりします。

プラスのビジネスというのは、黒字経営の確保だけでなくて
プラスのマインドを持った組織でもなければならないんじゃないかって。
それが出来ているかといえば、若い私はまだ到底及びもつかない。

真摯に自分と向き合って行こうと思います。

【あとがき2】

アマゾン海外販売戦略大全集は
かなりの数のダウンロードがされています。

インターネットのビジネスで「販路拡大」を目指すなら
世界のアマゾンに飛び出しましょう!
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/rfe4…

【あとがき3】

エグゼクティブクラブ5周年記念イベントで10日間限定で配布していた
175ページに及ぶマニュアルを無料配布しています。
このマニュアルから、伝説のセラーが多数生み出されました。

あなたも、私達と一緒に海外販売で世界進出してみませんか?
エグゼクティブクラブのSTEP1マニュアルの無料ダウンロードはこちらから
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/5i86…

【あとがき4】

エグゼクティブクラブのご紹介制度はこちら
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/v3ca…

【あとがき5】

PayPalの本人確認書類の未提出で
各種サービスを受けられない方がかなり多くいます。

当会のシステムはPayPal決済を主に利用しております。
そのため、PayPalの本人確認を終えなければ各種サービスが
ご利用いただけません。

エグゼクティブクラブ以外にもたくさんの用途が発生するので
もしものためにも、本人確認は必ず完了させておくようにしてくださいね。
よろしくお願いいたします。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)