stickyimage

Menu

深センに到着。現地を訪れてた日本人と会う


「今、深センにいますよー」
「広州にいます!」
「電車よりバスの方が良いですよ!」
「香港にいます!」

私が深センに行くと言ったら多方面から連絡が。
ちょわっ。すごいなみんな。

香港のイミグレで空港のフリーWiFiに繋いだら
メッセージがいっぱい届いてて驚いた。

まずはSIMカードのゲットとお金の引き出し。
中国移動というキャリアがあったので直行。

いっつも思うんだけど、店員さんの
手元で設定されても後で
戻し方分かんなくなるから困るんだよね。

中国の本土に入ってもGoogle使えるかを
何度も何度も確認して、購入を決める。

「いまどうやってやったの?」
「(半笑いで)できてるわよ。」
「いやだからやり方教えてよ。」

というやりとりを繰り返して、
ようやく本土ではローミングで
繋がるということが分かった。

「なんだよ中国出たらローミング切らなきゃいけないじゃん」
「そうよ」
「ここ1日しかいないから後で困るじゃん!」
「聞かれなかったから言わなかったのよ!」

みたいな不毛なやりとりをして退散。
とにかく言いたいことは言ったほうがいい。

お金はさっさと引き出して、
乗り合いタクシーのスタンドを探した。

地名を言ったらすぐにシール貼られて
窓口連れてかれてそのまま連行された。

2000円で40分ぐらいで深セン到着。
かなり快適な旅でした。乗り合いタクシーはオススメ。

そこからホテルに到着したらローミングした
スマホが全然繋がらない!

ホテルのWiFiも有料制で手続きわかんない。
香港の隣町だから英語通じるかなーと思ったら
やっぱり全然ダメ!うおーと一瞬焦って
なんかテキトーにいじってたら繋がった。

「着きましたよ。」

繋がった画面で、私はおもむろにテキストした。

「10分で行きます。」

すぐに返事が返ってきた。

ホテルのロビーに到着したのは
3年振りぐらいに会った知り合いだった。

なんでも新しい商品の開発で工場を訪れたそうだ。
サンプル見せてくれた。

1億円の予算があるのでたくさん作る必要があるらしい。
なんだか分からんけどぶっ飛んだ人になってた。

「中国人にできないことをしないと。」

小籠包を食べながら彼は言う。
私は全然別のことを考えてた。

世界のどこか出会いましょう。

いつかそうなるといいねって冗談みたいに
言ってたことが、いまここで現実になってる。

どこにいたって悩みがあるのは同じだけど、
この業界は凄い勢いで進化してるよね。
こんなピンポイントで会うとびっくりする。

さて今日は街を見て回ろう。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。