stickyimage

Menu

eコマースマーケティングにおいて効果の高いSNS『Pinterest』


あなたはPintrestというプラットフォームをご存知でしょうか?

Pintrestとは、自分の興味の興味のあることを写真で投稿したり、他の人が投稿した写真を集めたりできるソーシャルメディアサイトです。

写真の投稿というと、画像共有SNSであるInstagramが真っ先に思いつきますよね。

しかし、どのSNSもそれぞれ特徴が違うように、Pintrestにも独自の特徴があります。

オンラインセラーにとって商品写真は売上に大きく関わりますが、画像をメインにしたSNSであるPintrestはeコマースマーケティングに非常に適していると言えます。

そこで今回は、Pinterestをあなたのビジネスに活かす方法についてお話します。

 

<目次>

Pinterestが他のSNSよりも優れている理由
Pinterestのユーザー層
Pinterestでビジネスを成長させるには
まとめ

(見出しをクリックすると各章へジャンプできます)


 
Pinterestが他のSNSよりも優れている理由

起業家であるあなたは、毎日やるべきことがたくさんありますよね。

ソーシャルメディアは毎日行うべき仕事のほんの一部にしか過ぎません。

ですので、リソースを賢く効率的に使うことが重要になってきます。

例えばあなたは、左手でお客様とFacebookで連絡を取り、右手で商品の梱包をし、ハンズフリー通話で会計士とビデオ通話をしているとしましょう。

もうこれ以上、どこにも他の仕事を追加する余裕はありません。

しかしPinterestはソーシャルコマースにおいて最も優れたプラットフォームであり、何としてでも時間を割くべきです。

それは数字が証明していて、Pinetrestからの売上平均注文額は、他の大手ソーシャルメディアよりも50ドル高いというデータがあります。

そしてPinterestユーザーの87%は、Repin(お気に入り登録)中にそのその商品を購入しているという統計もあります。

Repinは単なるお気に入り登録にはとどまらず、商品購入の大きな可能性を秘めていることがわかりますね。

どうしてこんなに売れているのでしょうか?

それは、本来ウィンドウショッピングように商品を見ているだけの人や、カゴ落ちになってしまうようなお客様をしっかり捕まえているのが理由です。

リッチピンという機能を使うことで、お客様にさまざまな通知を送ることができます。

200万人がリッチピンを毎日保存していて、保存した人には在庫情報や価格情報などのお知らせが届くようになるため、顧客にとっては買い物がし易い、買い忘れがないという状態になります。


 
Pinterestのユーザー層

スマホやタブレットなどのモバイルは、インターネットの普及に大きな影響を与えていて、移動中でも商品の購入ができるようになりました。

2013年はデスクトップからのアクセスが67%、モバイルからが33%だったのが、2015年にはモバイルからのアクセスが80%になっています。

また、2013年までは女性がほとんどだったPinterestですが、それ以降は男性ユーザーも急増しました。

そして利用しているのはアメリカ人ばかりでなく、どんどんグローバル化が進んでいます。

Pinterest経由で発注された注文は、2013年から2014年にかけてアメリカ以外の国で130%増加しています。

毎月7300万人のユーザーがPinterestにログインしていて、これはイギリスの人口を上回ります。

利用しているユーザーがアメリカの女性だけではないとわかったら、Pinterestを使って顧客にアプローチするべきだということがわかるでしょう。


 
Pinterestでビジネスを成長させるには

Pinterestでは、一度Pin(投稿)をしてしまえば、ずっとPinが仕事をし続けてくれます。

Pinごとの平均Repin回数は11回で、Pinのクリック数と閲覧数の50%は投稿後3ヶ月以上に渡って発生します。

そのため、お客様に製品に関する詳細や更新情報を通知するリッチピンは非常に重要です。

Pinterestをビジネスに活かすためには、以下のステップを踏みましょう。

1.リッチピンとアナリティクスを利用するためにビジネスアカウントを作成する
2.「Pin it」ボタンを用意する
3.自分のピン、製品ページなどに正確かつ詳細な説明を記載する

たったこれだけです。
簡単ですよね?


 
まとめ

日本ではあまり知名度が高くないPinterestですが、輸出ビジネスであればそれも関係ありません。

Pinterestのユーザーは他のSNSを利用しているユーザーよりも収入の高い人が多いというデータもあり、Facebookなどより売上に繋がりやすいのも頷けます。

また、Pinterest内に限りますが他のユーザーの投稿写真を活用できるというのも他のSNSにはない利点です。
(ダウンロードして他で使う分には著作権が絡んできますので注意してください)

普段Facebook、Twitter、Instagramなどを使っていれば使い方もそれほど難しくありませんし、まずはメイン商品から投稿を始めてみてはいかがでしょうか?


The following two tabs change content below.

エグゼクティブクラブ編集部

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。
8か月 ago by in 便利ツール. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。

Copyright ©2017 海外販売をしよう! All Rights Reserved