stickyimage

Menu

個人事業主が記帳するなら話題のfreeeを試してみたら?


起業してやらなきゃいけない仕事の1つに
経理業務があります。

中でも一番面倒なのが「記帳」という作業です。
売上が発生する限りはこれをしなきゃいけない。

個人事業の場合は白色申告と青色申告の
2種類があって、両方とももちろん
申告はしなきゃいけないんですけど、
昔は白色申告の場合は課税所得が
300万円未満の場合は記帳は不要でした。

でも、今は事業を行う人は全員
記帳、帳簿保存が義務化されています。

面倒でもやっておかないといけないことですね。

ちなみに、インターネットのビジネスが主な私は
なんで所得隠し的なことが起こるのか
実はあんまりよくわかってませんでした。

インターネットビジネスの場合は
売上は最終的には銀行振込で全部入ってくるし、
支払いはカードの利用明細を追いかけるだけ。
履歴が全部残ってるのでごまかしようがないんです。

入金と出金は対になってるので
どちらか片方が欠けてるとすぐにバレます。

仕入れはあるけど売上がない。
売上あるけど仕入れがない。

こういう状態はミスや過失ならいいけれど、
故意に行うのはネットビジネスの場合は
まず無理なので諦めてちゃんと申告しましょう。

私の場合は早くから法人化して、
個人の通帳も法人成りして使ってるので
なおさらやりようがないですね。

あとは、私はとにかく売掛や買掛を
作らないビジネスモデルにしてました。

会計が複雑になるのは在庫が多かったり
売上から入金までの期間が長かったり
することが主な原因です。

こういったことは記帳以前の問題なので、
複雑になってる場合は、まずビジネスモデル
そのものを見直していきましょう。

私自身の場合は経理記帳は全て
会計事務所に任せているんですけれど、
経理関係の業務を行うには3つのパターンがあります。

1.自分でやる
2.記帳入力作業だけアウトソースする
3.全部会計事務所に任せる。

スモールビジネスの場合は記帳作業は
自分でやった方がいいですよね。

こういう事務処理はコスト部門なので、
とにかく効率的に早く終わらせたほうが良い。

その中でも今、一番使われているクラウド型
会計ソフトがfreeeです。

www.freee.co.jp/…

デジタルインファクトの
クラウド会計ソフトの利用動向調査によると
freeeがシェア41.3%で首位に立ってます。

1210_22

去年あたりから広告をよく見かけてましたけど
ここまで来たのは凄いですね。

代表の佐々木さんはベンチャー企業で
CFO(経理関係の責任者みたいなもん)を
やってた時に、どうやったら経理を最小コストで
回せるかを考え抜いたようです。

良いツールがなかったので
自分で作ろうと考えたようなんですけど、
最初は自分でプログラミングを勉強して
作り始めるところから始めたんですよね。

17億円の資金調達をして
スタッフ90人にもなったfreeeの
創業者は、自分の手でプログラミングを
するところから事業を始めたってことなんです。

利用者の立場に立って作られたこのサービス。
まずは無料で試してみると良いですよ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
3年 ago by in 便利ツール. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2017 海外販売をしよう! All Rights Reserved