stickyimage

Menu

有識者として大臣の昼食会に招かれました


昨日、内閣府の大臣室にて昼食会が開催され、
島尻内閣府特命担当大臣に接見し、
有識者代表としてIT政策とクールジャパン戦略について
私の意見を述べさせていただきました。

突然のご報告すぎて驚かれてるかもしれません。
私もまだ何もかもが上の空の状態です。

インターネットを活用した海外販売を
これまで一貫して続けてきました。

21世紀は個人の時代だし、
個人が影響力を持つ時代でもあります。

その中でも世界を舞台に活躍することを志して
日本に貢献できるビジネスがしたいと
私は一貫して考えを曲げませんでした。

そのためには理念と利益、両方をバランスよく
考えなければいけないと常日頃から念頭に置いてました。

個人の副業から始めたので、
最初は月1万円、5万円のお小遣いを稼ぐために
夢だけは大きく頑張ってきました。

ホントに小さな個人事業主でした。

独立する頃には
「危ないんじゃないの?」
「インターネット?怪しい・・」
「外国人が相手?詐欺とか大丈夫?」
「メールで済ますな、会いに行けよ。」

その場では笑ってかわしましたが、
ふとした時に不安はよぎって消えなかったものです。

さらに海外販売はビジネスの最先端を行くため、
該当する法律や規制がない中で、手探りで
開拓していくことばかりになります。

正しいか正しくないかということよりも、
信念として、ビジネスに賭ける想いというのが
とっても大事になってきます。

周囲の雑音には目もくれず、自分が
正しいと思うことだけを貫く覚悟。
試される瞬間はたくさんありました。

その都度、正直に現状をお話しして、
理解を求めてきました。
時代が後から付いてくると信じて。

インターネットがこれだけ大きくなってくると
その影響力は国を動かすほど大きなものになります。

それだけでなく私達がリアルと呼ぶ、
オフラインのビジネスを凌ぐ勢いで、
インターネットは爆発的に普及していきました。

「ここで決着しなければ、将来に禍根を残す」

とまで言われていて、今まさに、
政府ではネット社会の枠組みについて、
活発に意見交換がされているところです。

有識者として大臣と会って欲しいなんて言われた時は
震え上がったというのが正直な感想と、
ベラベラと身の上話をしすぎたと後で後悔しました。

今まで気さくに話しかけてくれてた人が、
実はとてつもなく偉い人だと悟った瞬間です。

3枚の資料にまとめて欲しいと言われた時は、
もう覚悟を決めることにしました。

全部話してしまおうと。

それに私の悪いクセですが、
全力を出す余り暴走することがあります。

大臣は山のような資料に目を通して、
私の資料なんてじっくり読むはずがない。

昼食会なので食事を取りながら私の目を見ながら
書類に目を通すという離れ業をしてるはずです。

時間を掛けて作った資料も、
読まれなければ意味が無い。

それなら、面白味のない文字の塊よりも、
コピーライティングのテクニックを使って
キャッチーなコピーを全面に押し出そう。

大臣に向かってこんなキレのあること書いたら、
正直もう私の起業家人生は終わりかもしれない。

まあいいや。楽しかったし。
悔いはないよ。

個人から始める海外販売や情報発信のこと、
稼いでいるビジネスの内容も全部書ききりました。
私はいつだって、本気を出すことしか出来ないのです。

もし、本番前に止められたら書きなおそう。
まさかね、と思ったら予定通り開催されることに。

どどどどど、どうしよう。

永田町の駅に向かう道すがら、
平常心を保つべく、スイッチを切り替えました。

私は実はめちゃくちゃ緊張しいなんですけど、
あまり緊張してるように見えないねとよく言われます。

舞台に立つ感じでスイッチが入ると、
いつもはそれなりの立ち振舞ができるからです。

ところが今回は違います。

議員会館に入り、厳重なセキュリティチェックを終え、
待合室で待った後に、内閣府の合同庁舎に移り、
再度厳重なセキュリティチェックを終え、
大臣室の控室に通された時には頭が真っ白に。

あまりにも、1つ1つの所作が仰々しいのです。
そりゃそうだよ。内閣の、閣僚だもの。

ぶわーっと血の気が引いて変な汗が出て。
もう、どうにもこうにもなりません。
人生初めての、お手上げです。

そして大臣との昼食会が始まりました。

政治家の方ってどんな風に過ごされてるか、
あなたはあまり知りませんよね。

はじめに言っておきますが
とてつもない激務と重圧です。

まず、早朝は8時から色んな会議が始まります。
国会の会期中は9時から夕方5時まで。

その間に有権者の方と会ったりしながら
夜は会合とミーティングが深夜まで続きます。
慢性的な睡眠不足のはずです。

何が一番辛いって、政治家の仕事は議論なので
朝から晩までしゃべりっぱなしなんですよ。

これが大臣ともなればSPがついて
秘書官に議事録まで取られるので
普通の人は3日で意識が朦朧とするはずです。

当然私の話しも議事録に取られました。

国会中継で寝てる議員さんをたまに見かけますが、
不真面目なんじゃなくて、そりゃそうなるだろうと。
本当にお疲れ様です。

私のキャッチーなコピーを見て、
大臣はフフッと笑いました。

世の中が、どんなに進んでも、
過去に戻ることはできません。

インターネット以前には戻れないわけです。
だからあなたも信念を持ってビジネスをして欲しい。

自分のことだけ考えていませんか?
あなたのビジネスは、本当に世の中の
役に立つと思っていますか?

私は、インターネットの持つ力を信じてます。

多くの雇用を生み出し、働く女性や社会的弱者の
自立を促し、未来を変える推進力を持っています。

「ねえ、買い物に行きたいわ。」

車内で大臣が誰に話すでもなく言う。

この分刻みのスケジュールの中で、
そんな隙間があるはずもなく。

秘書とSPは知らん顔。

政治家の人って、もっと難しい人だと思ってた。
たくさんの支援者と右腕がいて、多忙を極める中でも
くったくのない笑顔で真剣に話を聞いてくれる。

「人間力」がなければここまで来れない。

大臣室は私なんかには縁遠い、そして
意外にも一番あったかい場所でした。

これで、私の今回の旅程は終了です。
本当に密度の濃い忘れられない日々でした。

20151125040906


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4年 ago by in タオバオ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved