どんどん人からお金を引き出せるPitchと呼ばれる手法とは?


ピッチ(Pitch)ってなにか知ってます?
ピッチはスタートアップが最初に身に付ける必殺技。

たった30秒から3分間で
「もしこいつらに投資しなかったら後悔するかも」
とワナワナさせるためのテクニックです。

ちょっといいですか?って声を掛けて
あなたも社長や上司や取引先に、時間をとらせない程度に
提案したいことがあるでしょう。

言いたいことがたくさんあればあるほど、
時間をとらせないと言いながら
いつも話しが長くなってしまう。

相手はイライラしてきて
「だからなに?」
「急いでるからまた今度にして!」
と振り切られてしまうことがある。

3分という時間は限られているので
ピッチのゴールはその後ゆっくり話を聞いてもらえる
アポイントを取ることがゴールなんですね。

「わかったよ。今日、昼飯一緒に食べない?」

と言わせればピッチは成功したということです。

シリコンバレーの投資家は年間で数百から数千の
ピッチを見て投資先を数十社に絞ると言われてます。

1つずつ真面目に聞いていたのではキリがない。
投資家にかぎらず、忙しい人を振り向かせるテクニック。
それがピッチだと私は理解しました。

でも、伝えるのが苦手な人ほど
3分で人を操るなんて難しいと
感じる人がいるかもしれません。

いや、ピッチってやり方さえ
マスターすればとても簡単なんです。

ピッチではスライドは10枚しか使いません。
その中で言いたいことを5つに絞ります。

1.This is what we are doing.
(これが私達がやってることです。)

2.This is how we are going to do it.
(どうやってやってるかは、これです。)

3.This is what we have done so far.
(これが私達がやってきた道のりです。)

4.We can do it better if we get some money in.
(私達にお金があればさらに良くすることが出来ます)

5.Are you in or are you out?
(お金出します、出しません?)

なんていうか、これって会社とかで
予算くださいっていうのに近い感じがしますよね。

上手く上司を説得する交渉術に近いところがある。

ピッチで伝えるべき10のスライドはこれ

1.タイトル
2.顧客の抱える問題
3.解決策
4.プロダクト
5.市場規模・なぜ今なのか
6.今までのトラクション(推進力)
7.競合分析
8.ビジネスモデル・マネタイズ方法
9.チーム
10.資金とマイルストーン

さて、日本でも流行り始めたピッチ。
大きなものにKDDIムゲンラボがあります。

この商品、これだけ仕入れられればもっと売れるのに。
この企画、もっと資金があれば拡大できるのに。

そういうアイディアをぶつけるべく、
本日はピッチ大会でしゃべってきます。

資金調達できるかな(笑)

mainimg_02


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。