シリコンバレーで起業してシンガポールでIPOした人の話し。


「これ、アメリカ人はみんな大好きなのよ。」

コーヒー飲む?って言われたから
ああ、ありがとうっていただくことにしたら、
パンやスクランブルエッグと一緒に
不思議な変わった蓮の花みたいな物体が出てきた。

なんだろこれ、アジアンちっくな食べ物だなあ。
ホストさんは台湾からシリコンバレーにやってきた人。

だから、台湾の食べ物なの?って聞いたら、
いや違う。アメリカ人がみんな大好きなのよって言う。

どうみてもアジアですよね?この食べ物(笑)
DSC02175

動画レビューも撮ったよ(1分13秒)。

葉っぱを1枚削って食べたらなんか芋っぽい味がする。
かなり世話焼きな感じなので、少し戸惑ってた。

「なんで、台湾からシリコンバレーに来たの?」

気まずい時、間が持たない時は「Why?」を使う。
なぜ?と聞けば、会話が弾みやすいからだ。

彼女は30年前に台湾からシリコンバレーにやってきた。
彼女の旦那さんが、仕事を得るために来たそうだ。

へえ。こんな物価の高い街で
一軒家に住んで、よくやれてるなあ。
どんな仕事なんですか?と聞く。

「Why」から始まって、気になったところに、
それは「What(何)」ですか?と畳み掛ける。

旦那さんは、そこでエンジニアの仕事を得た。
そして、独立することにしたの。

彼はファウンダーなのよ。

え?さっき見たあのボケっとした
優しそうなおじちゃんがファウンダー(創業者)?

なぜファウンダーって言葉を使うんだろ。
その表現は、アレをする人しか使わない言葉。

「ビジネスがとても大きくなってね。」

彼女は静かに語り続けた。

「彼の会社はシンガポールでIPOしたの。」

しえー!!上場企業?え?上場企業の
社長夫人のお宅で蓮の花食べてたの私?

あなたも起業して、独立したいと考えてるかもしれない。

日本で起業した場合は日本で上場を夢見ることが
あるかもしれないけれど、グローバルな場合は
もっとスキームは広範囲に及ぶ。

台湾で資金調達をし、シリコンバレーに支社を作り、
シンガポールで上場することも可能なんです。

そして次に私が聞かれることになった。

「あなたはなぜ、シリコンバレーに来たの?」

私がここに来た理由。

それは・・

私は、実は重大な隠し事をしています。

今、とてつもなく大きなことが始まっていて、
たった今もここにいる人達なら誰もが知ってる
有名なオフィスで、脳みそが一気にバーストするほど
強烈な体験を次々に体にインストールしてます。

これはここで会う人達のこともあるので、
もし全てをオフレコでということであれば
一切口外しないつもりでした。

だけど、なんかまんざらでもなさそうなので、
もしかしたら全力で公開するかもしれません。

今からまた少しミーティングに入ります。
もしかしたら大きな動きがあるかも。

それによって、明日書く内容がまた変わります。
お楽しみに。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。