stickyimage

Menu

プレゼンターを募集します!


吉田です、おはようございます。

近いうちに、面白いセミナーを開催します。

私が主催してきた今までのセミナーって
ほとんどがガチガチのノウハウものでした。

高いお金を払ってセミナーに来てもらう限りは
その人の成功体験を出来るだけ正確に伝えて
すぐに実践してもらえるようにと
座学形式で開催するセミナーばかりだったんですよね。

それでも良いけど、内容が専門的すぎたり
長時間座ってるだけのセミナーが苦痛の人もいる。

あなたがセミナーに来たくなる理由

セミナーに来るのって、ただ学びたいだけじゃなくて
モチベーションを上げたい、楽しみたい。
交流したい、ノウハウよりも本質を知りたい。
困難を克服した経験や、体験を聞きたい。
思いっきり笑いたい。泣きたい。

そういう「ノウハウ以外の何か」に魅力を感じて
集まってくる人が多かったと思う。

実際、私も続けるためのモチベーションを
維持するのが難しくなってきました。

何のために稼ぐのか?何のために続けるのか。
理屈じゃなくて、肌触れ合って感じたい。

モチベーションよりもノウハウでしょ。
とにかく手数こなすだけでしょ。
そう思ってましたが、それだけじゃやっぱダメです。

情熱的じゃなきゃ、何事も動かせない。
始めようとする気にすらならない。
机に座ってるだけじゃ、ダメなんです。

事件は会議室で起きてるんじゃない。
現場で・・けほけほ。

稼ぐ「理由」を見つけるためには
カンファレンス形式が一番じゃないかなあと。

TEDってなんですか?

例えば最近、よく見てるTEDというカンファレンスがあります。
TEDxTokyoは日本語で話してる人が多いので見やすいです。

羽生善治さんのTEDxTokyoは面白かった。

プロ棋士なのにビジネスの話をしてます。

将棋は三手先を読むというのがあるけど、、
「自分がまず指して、相手が指して、自分が指す。」
コレが基本形としてあって。

羽生さんは二手目が一番大事で、
「相手の立場に立って、自分の価値観で判断する」
ことをしてるんじゃないかと言ってます。

自分の価値観を押し付けるのが「勝手読み」と言う。
ここを間違えると百手先まで読んでも意味が無い。

読みにはたくさん種類があるけれど、
それは樹の幹と枝に分かれているので
効率良く読むためには空を飛んでいる鳥が地面を眺めるように
「鳥瞰する」という発想が大事になる。

アタリをつけるっていうことですね。右脳の世界です。
その上でロジックの裏付けがあって目的地に辿り着く。

ネットビジネスで日常的に発生するメール対応も同じですね。
一通目で自分が発信し、二通目で相手が返信し、
三通目で相手に発信する。

この三手の読みで、成約させたりするワケです。

三手読みで稼いだ方法を暴露します

私はこの三手の読みで最高クリック率170%を記録した
リピーター獲得の極意をプレゼンさせてもらいたいなと。
一通目が奇抜なので、あなたも笑えると思います。
(ちなみにメールって普通は3%あれば良い方です)

また、ビジネスのノウハウそのものでなくても、
本業と合わせて物販をされている方や
国内・輸出・輸入関係なく物販をされている方の
心構えやあり方、成功の秘訣などを、
自由に話してもらえたらいいなと。

羽生さんの話しを聞いて、改めて
将棋やりたいなって思った人も多いはず。

そう思ったら、強制されなくても始めるでしょ。
楽しく出来れば、続けられる。
ビジネスなら自ら進んで稼げるようになる。

身内のサロン的な感じで始まったTEDですが、
有名無名、実力の如何を問わず、
選出の最重要事項はアイディアです。

人前で話すのは緊張しますが、
私もやってみたら途中から気分が高揚しました。
拍手とかもらえると嬉しいですね。
やった!これからも頑張ろうって思います。

身振り手振りで語りかけるって方法もいいですね。
何か来てくれた人が1つためになるような、
「生き方」「稼ぎ方」の根幹にあるような出来事。

あなたも1つぐらいは絶対にあるハズです。

私と一緒にプレゼンターになりませんか?

それを私と一緒にカンファレンス形式で語ってみませんか?
ちなみに、副業の人とか顔を出したくない人もいるでしょう。
私も副業から始めた人なので、抵抗があるのは分かります。

エンターテイメント性の強いカンファレンスにしたいので
音楽グループのGReeeeNみたいに、覆面で(笑)しゃべっても
いいんじゃないかと。

むしろその方が「コイツ誰だ!?」って思うかもしれません。
そんな自由で、でも本音で語れるカンファレンスにしたいです。

さてこの形式でしゃべるのって、実は難しいです。

よく演劇とか舞台とかって
オーバーアクションするじゃないですか。
多少大げさにしなきゃいけません。

大げさっていうのは今回のようなカンファレンスの場合
リアクションを大きくするってことじゃなくて、
「声を余分に張る」ってことなんです。

でも、よく考えたら日常生活で
「声を張れる場所」ってあんまりありません。

自宅や会社で大声でしゃべったら迷惑だし、
外歩いてても、堤防や海でも外野が気になって、
中々大声出せる所ってないんですよね。

実際に練習してみようとして気づきました。
だから自宅とかで録音したりすると
あれ?なんか元気ないな・・って思うんです。
自分は普通にしゃべってるつもりなんですが。

学園祭みたいなノリで楽しもうよ

声を押し殺してしまうと伝わらないので
今回はカンファレンス前に、心置きなく声を出せる場所を借りて
思いっきりプレゼンターみんなで練習したいと思います。

学園祭ノリみたいでいいでしょ(笑)

カンファレンスは東京一箇所で開催します。
11月・12月の土日いずれかが予定日です。
料金は会場代が出る程度のギリギリまで下げます。

過去動員数の最高は1万円のセミナーで参加者300名でした。
料金を半分以下にして、面白いカンファレンスにすれば
2倍以上は来るのかなと。分かんないけど。

プレゼンターの練習会場代は私が負担します。
でも、交通費なんかは実費です。

お弁当代は私が出そうかな。
終わったらビール飲んだりして(笑)
練習場所は東京都内で複数回を考えています。

稼いでいる人、これから稼ぐ人、技術を持ってる人、
副業の人、本業の人など多彩なメンバーにしたいです。

そうそう、サポートチームで花屋さんもいるなあ。
花屋さんがなんで海外販売してるのかって興味あるでしょ?
いーんです。そーゆーのがいーじゃないか!

プレゼンター申し込み方法はこちら

まず、カンファレンスの募集の前に、
プレゼンターを募ります。

申込多数の場合はすぐ締め切りますので
是非お早めにお申込みくださいね。

あなたの出演、お待ちしております!
申込はこちらから!
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/42uj…

【あとがき1】

本日は月収100万円セラーの記事です!

海外サイトに口コミを起こす方法
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/?p=3746…
※朝7:00より閲覧可能です。

海外でバズりまくった珠玉の実話を
余すことなく語ってくれてます。

一晩で100個(°Σ°)売れた経験、
あと13000votes(FBのいいね!みたいなもん)
をもらった経験なんぞ、
なかなか見れるもんではございませぬ。

いいですねえ☆

月収100万円の先。
そこから先は人間力が問われるステージです。
気合とテクニックとはちょっと違うのさ。

経営者としての資質が問われるここ一発で、
彼は果たして年末、月収300万円を達成できるのか!?

別世界ですからねぇ。
別人になるつもりじゃないとダメですよ。
うん。

お。経営理念が入ってるじゃないか。
それそれ。そーゆーのがヒント。
今まではあんまり大事じゃなかったよね。

あ、あと訂正が一個。

昨日の記事でおぼろげな記憶をたどって
「あの山を越えれば海が見える」と書きましたが、
正しくは「あの坂をのぼれば海が見える」の誤りでした。

小さな町の風景 杉みき子
tinyurl.com…

訂正してお詫びします。
しくった。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)

6年 ago by in セミナー. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved