stickyimage

Menu

【海外ネットショップ】Googleアナリティクスのデータを販売に活かす方法(前編)


Googleアナリティクスのeコマースレポートで数字を把握するだけでは意味がありません。

拡張eコマースは強力なツールですが、データの取得とそれを実際の販売に適用するのには違ったスキルが必要になります。

あなたは今、取得したデータをどのように活用していますか?

拡張eコマースが効果的である理由は、標準のGoogleアナリティクスで取得することのできない分野のデータも得られることです。

ビジネスにおいて情報は必要不可欠で、決定するのが難しいことでも、これらのデータを活用することで不確定な要素を減らすことができます。

・訪問者にアピールするためのデザイン方法
・最も効果的なサイトの場所とそうでない部分の発見
・SWOT分析のためのコンポーネント
・問題のある箇所でどんな行動を取っているか

今回焦点を当てるのは、この行動データです。
数字を知っているだけでは役に立ちませんので、それらを活かして何をするべきかを探しましょう。

 

<目次>

訪問者にデータを適用するためには
 ・年齢
 ・性別
 ・地域
まとめ

(見出しをクリックすると各章へジャンプできます)


 
訪問者にデータを適用するためには

すべての小売業者は、特定の顧客に好まれるショッピング環境を作り上げなければなりません。

eコマースの場合、これらは商品ラインナップと価格よりも重要で、ネットショップではサイトデザインとユーザーが快適に買い物ができる環境を考慮する必要があります。

まずはユーザーを層を確認してみましょう。
Googleアナリティクスのトップ画面から[集客] > [ユーザー属性]の手順で見ることができます。

このデータは非常に幅広く、ナビゲーションや文章のスタイルなど、さまざまな戦略決定に活用することが可能です。

サイトの顧客データと、そのグループのマーケティングリサーチによる既存顧客データを照合すると、訪問者の好みを正確に把握することができます。

 
年齢

年齢層ごとのデータを取得できるため、訪問者の平均年齢を知っていれば、デザインの変更も容易です。

以下はオンライン調査、およびマーケティングデータで最も信頼されているNielsen Norman Groupの調査によるものです。

・若い人ほどテキストを好まなくなります。ティーンエイジャーの場合、商品説明やブログ記事のような文章は可能な限り短く必要があります。顧客の年齢が高ければ高いほど長文でも読まれるようになるため、それに合わせて文章量を変えます。

・18~25歳の若い人は言葉の響きにとても敏感であり、最も懐疑的でもあります。彼らはソーシャルメディアを信用する傾向にあり、広告やセールスレターなどよりも査読(仲間による評価や同領域の専門家たちによる判断)を重視します。この年齢層の顧客を対象にする場合は、ソーシャルメディアに注力し、インフルエンサーを通じた広告は少なくする必要があります。

・10代はゲームやクイズのようなインタラクティブな要素を楽しむ傾向にあります。年齢が進むにつれてこの傾向は変化し、高齢の顧客は自分の目的に合ったインタラクティブ性のみを楽しみます。

・若い顧客は導線を外れやすい傾向にあるため、ナビゲーションをもっと実験する必要があります。複数のナビゲーションオプションと簡単に戻れるルートを用意して、選択肢を与えます。年齢が高くなるにつれ、こちらが提供したナビゲーションに従ってくれるよことが多くなります。このため、設計チームはナビゲーションに注力して最適化をしなければなりません。

・高齢の顧客は間違いがあっても自分のせいだと思いますが、若い顧客はそのサイトを責めます。どちらにせよ、間違いが多発する場合は、提供しているショッピング環境に問題があります。エラーに応じてページを修正したり、高齢顧客がメインの場合には間違いを受け止めたり、若い顧客がメインの場合には何かあった場合にもページを去ることがないよう丁寧に案内します。

・気をつけなければいけないのは、若い顧客ほど「とりあえずクリックして後で質問する」という傾向にあるため、問題を起こしやすくなります。若い顧客をターゲットにする場合は、エラー制御と問題発生の予防に時間をかける必要があります。

 
性別

性別もサイトデザインに影響を及ぼしますが、年齢層よりもわかりにくいものです。

まず戦略を立てる前に、男女の考え方や生物学的理由の根本的な違いを理解しておく必要があります。

左脳は理論、右脳は感情。
女性は大脳の両半球をつなぐ領域がより発達しているため、買い物のような意思決定の際に両側を使うことができますが、男性は左側の理論のみで考える傾向があります。

これは男性にとって買い物は仕事であり、可能な限り迅速かつ効果的に「仕事を完了させる」ことを目指していることを示唆しています。

しかし、女性は時間をかけてショッピングを楽しみます。

・女性は敷かれた導線を辿りやすく、商品のおすすめやセールス広告のようなプロモーションを見てくれることが多いです。

・男性はランディングページの開始時から簡単なナビゲーションレイアウトを好みます。女性は感情的な側面に働きかけた場合、新しいセクションや予想しないセクションを開きやすいです。例えば、ショッピングガイドやブランドのポリシーなどの「余分な」セクションは男性よりも女性の方が好みます。

・男性は商品自体に関わる画像を好むため、商品写真に風景などの画像を含めるのはNGです。女性は服がどのように見えるか、またはガジェットがどのように生活を改善するかなど、商品を使用した場合のイメージを示唆する画像を好みます。女性の場合、商品写真に文脈をあわせたストーリーを伝えるのが良いでしょう。

・女性はメールマーケティングに非常に敏感です。メールは個人的な接触を可能にし、顧客と直接う話したり、価値観を説明したりすることが出来ます。

・男性は有料広告に非常に敏感です。あなたの広告がショッピング中に見つけられた場合、男性は広告をショッピング目標をより早く達成するためのショートカットと見なします。ただし、あなたの商品の宣伝が十分なものである必要があります。

 
興味

[集客] > [インタレスト] は、ユーザーデータをマイクロスケールからミクロスケールに変換することができるセクションです。

ここでは、顧客のタイプや市場に関するより正確なデータを使用して、訪問者が何を望んでいるのかを実際に見ることができます。

アフィニティカテゴリは非常にわかりやすく、訪問者が興味を持っているものを具体的に示し、彼らが購入しようとしている商品タイプに深く関連しています。

これはマーケティングキャンペーンやプロモートする製品に直接的な影響を及ぼし、ビジネス戦略全体をまったく新しい業界にシフトすることすらできます。

Word Streamによると、[購入思考の強いセグメント]のセクションは、リマーケティングの際の広告キャンペーンを展開するスマートな方法です。

これにより、あなたが設計した特定のユーザーグループを観察することができ、広告の配置場所を決定するのに有効です。

Googleによると、[購入思考の強いセグメント]は熱心な顧客だけでなく購入を迷っている人も浮き彫りにします。

 
地域

最後に[地域]セクション([集客] > [地域])で、マイクロレベルの顧客データを確認するのを忘れてはいけません。

ここでは言語と地域などの幅広い情報を取得することができます。

サイトに必要な言語はもちろん、必要としない言語/翻訳オプションを知ることもできます。

地域はeコマースにおいて最も重要です。
あなたが考えていなかった国からの顧客が多くいるかもしれません。

また、カゴ落ちと地域の相互関係を知るのにも使用することができます。

決済時に送料ページでカゴ落ちがあった場合は、人気の高い地域で配送オプションが不足している可能性があります。

そしてもう1つ重要なのは支払いオプションで、特定の国には独自の支払い方法やシステムがありますので、それを支払いオプションに組み込んで顧客が快適に購入出来るようにします。

また、拡張eコマースは新しいアイデアやプロモーションキャンペーンをより効果的な地域に適用させるのにも役立ちます。

人気のある地域が寒い場所なら、防寒具などの商品を宣伝するのが良いでしょう。

地域特有のイベントやお祝い事があるのであれば、その期間に特別なセールを行うこともできます。

農村部と都市部を区別することも、特定の商品・・・例えば農村部なら園芸用品などを販売するなどの判断をすることもできます。

創意工夫をすれば、顧客がどこに住んでいるかを知ることであなたと顧客との関係を強化できる可能性が高まります。


 
まとめ

次回は後編、商品データを活用する方法と拡張eコマースを利用したSWOT分析について話していきます。

お楽しみに!

 


The following two tabs change content below.

エグゼクティブクラブ編集部

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。
2年 ago by in ネットショップ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved