stickyimage

Menu

【海外ネットショップ】拡張eコマースを使用してサイトを劇的に改善する方法


eコマースの自社サイトを持っているのであれば、Googleアナリティクスの拡張eコマースが非常に有用です。

拡張eコマースがリリースされてから数年経ちますが、まだ使ったことがないという人も多いのではないでしょうか?

この機能を利用してカゴ落ちを60%削減したというネットショップも存在するほど、拡張eコマースは効果的な機能を備えています。

通常のGoogleアナリティクスでは、一般的なウェブサイトの使用状況に関する様々な測定データを確認することができますが、拡張eコマースではオンラインセラー向けの特別な機能が備わっています。

商品の検索から決済まで、あなたのネットショップにおける買い物客の全行程を収集することができます。

拡張eコマースで確認できる大量の追加データは、ネットショップの改善に非常に役に立ちます。

今回は、そんな拡張eコマースの実用方法について解説していきます。

 

<目次>

最も有用な8つの統計情報
 1.サイト訪問開始から離脱までの顧客データ
 2.販売実績の統計
 3.流入経路と統計
 4.カゴ落ちの原因
 5.クーポンレポート
 6.返金と返品
 7.個々の製品パフォーマンス
 8.コンテンツ戦略の結果
取得したデータをビジネスに活かすには
 1.カゴ落ち
 2.行動データに基づくSWOT分析
 3.コンテンツ戦略
 4.カスタムアラート
まとめ

(見出しをクリックすると各章へジャンプできます)


 
最も有用な8つの統計情報

データは金脈と言っても過言ではありません。
しかしそれは、正しい場所掘った場合の話です。

どの数字を見るべきがをわかっていなければ、数字の海に溺れることになるでしょう。

ここでは、レポートの中でも最も有用な8つのデータについてお話します。

1.サイト訪問開始から離脱までの顧客データ

顧客のサイト訪問中の挙動を監視することで、サイトのユーザーエクスペリエンスを大きく向上させ、何が効果的か、何が効果的でないかなどを明らかにすることができます。

これらの統計により、顧客が離脱している場所や、ネットショップのどの部分を改善するべきかを特定することができます。

 

2.販売実績の統計

拡張eコマースでは、より専門的な統計はもちろん、より標準化された販売統計情報も一通り揃っています。

平均注文額(種類によって絞込み可)、注文あたりの平均商品数、最も売れている商品やカテゴリなどのデータも取ることができます。

 

3.流入経路と統計

どれくらいの人がどこから来ているのかを知るだけでは不十分です。

拡張eコマースでは、各ソースからの顧客の購入量を表示させることができ、アフィリエイトトラッキングを設定した分だけデータを管理できます。

また、各参照サイトの平均サイト滞在時間、総収益、平均注文額もこれらに含まれます。

 

4.カゴ落ちの原因

これが拡張eコマースの真骨頂です。

顧客の買い物中の挙動をあらゆる側面から分析することにより、顧客がなぜカートに商品を入れた後に決済まで至らなかったのかという理由を知ることができます。

あなたの扱っているほとんどの商品がカゴ落ち状態であることがわかりますよ。

理由がわかれば価格設定を見直したりなど、積極的なプロモーションを行うことができます。

 

5.クーポンレポート

クーポンなどによる割引は、慎重に行わないと利益がマイナスになってしまう可能性があります。

クーポンレポートを使えば注文ごとの収益がわかるので、割引額をどれくらいにすれば良いのかがわかります。

 

6.返金と返品

どの製品、またはどんなタイプの顧客が最も問題になっているのかを掘り下げます。

これらの統計は、顧客サービスの計画方法とリターンポリシーを予測できるだけでなく、返金を考慮した上での利益を導き出せるようになるため、正確な収益予測を立てることができるようになります。

 

7.個々の製品パフォーマンス

拡張eコマースを使うと、独自のA/Bテストを行うことができるようになります。

このレポートを利用すれば、ランディングページ、おすすめ商品、バナー広告など、宣伝時にどの商品が最も効果的かがわかります。

これらのデータを戦略に当てはめ、売れていない商品の改善をしたり、人気商品がさらに売れるように促進したりすることができます。

 

8.コンテンツ戦略の結果

eコマース業界では、オンラインで商品を販売することがすべてではありません。

オンラインマーケティング戦略に基づいた実践は、顧客の商品購入をフォローするべきかどうか、ショップを改善するべきかどうかを決定します。

拡張eコマースの機能はこれだけではありません。
必要なものがあればどんどん活用して、コンテンツ戦略を練りましょう。


 
取得したデータをビジネスに活かすには

データを取ったとしても、活用方法がわからなければ意味がありません。

統計を取ることとそれをビジネスに活かすことは、まったく異なるスキルです。

あなたのネットショップに拡張eコマースを設定したとしても、統計を取るだけでは利益は伸びません。

新しい言語を学ぶのと同じように、数字の背景を理解し、あなたの立てた戦略を変更するために使用する必要があります。

ここでは具体的に統計を適用させる方法を紹介します。

 

1.カゴ落ち

eコマースにおいてカゴ落ちは最大の敵であり、ただサイトを見ているだけの人よりもよっぽどやっかいです。

拡張eコマースは、決済を放棄したタイミングとその商品についてデータを取ることができます。

例えば、お客様が決済中に離脱した場合、配送方法や支払方法に問題がある可能性があります。

サイトを閲覧中に離脱した場合の多くは、お客様の感覚的に商品の価値と価格が合っていないと判断された可能性が高いです。

また、購入金額の合計を計算するためにショッピングカートを使用している、後日購入するために一時的にカートに入れた、いわゆるウィッシュリスト的な使い方をしているというのが2番目と3番目に多い原因です。

この場合、返品率をチェックをすれば原因が判明します。

もし上記の理由が該当しそうなら、価格計算機能やウィッシュリスト機能を追加することによって改善される可能性があります。

 

2.行動データに基づくSWOT分析

お客様の平均的なサイト訪問中の行動の背後にある数字を明らかにすることにより、拡張eコマースは適切なSWOT分析に必要な情報を提供してくれます。

SWOTとは強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つの単語の頭文字を取ったもので、マーケティング戦略を立てる上での有名な分析方法です。

顧客の行動の裏にある統計をよく見てみると、行動パターンが読み取れます。

これらのパターンを使用することで、ターゲットとなる顧客に合わせてサイトを改善することができます。

 

3.コンテンツ戦略

データを活用することで、自社サイトに投稿したコンテンツを最適化、そしてソーシャルメディアなどの外部サイトでのコンテンツマーケティングの改善という2つの分野において驚異的な結果を得ることができるようになります。

まずは統計を確認することにより、あなたのブログがなぜ成功しているのかを明らかにすることができます。

訪問者の行動を理解するために最も重用な訪問者数、滞在時間、離脱率という3つの指標と、顧客が何をどのように読んでいき、どのコンテンツが最もコンバージョンに繋がるのかがわかります。

そして次に、どのSNSプラットフォームやアフィリエイトサイトが、紹介数や質によって投資する価値があるのかを知ることができます。

例えば、Instagramと比較してFacebookの方が参照数が多いことに気づくかもしれません。

しかし、Instagramの方が参照数が少ないからと言って、Facebookの方が総収益が高くなるとは限りません。

データを活用することにより、Instagramにもっと時間を費やすべきなのか、Facebookに注力すべきなのかを判断することができます。

内部的にも外部的にも、あなたの目標に合ったコンテンツの作成と、どのような人々がそのコンテンツを好むのかを測定できます。

これらの数字は、あなたのSEOへの取り組みがどれくらい結果にプラスとして反映されているかどうかを示しています。

もし数字が芳しくない場合は、コンテンツに新しいキーワードを含める必要があります。

 

4.カスタムアラート

通常のGoogleアナリティクスの機能として使えるカスタムアラートは、拡張eコマースにおいても同様に価値のある機能です。

アナリティクスの「インテリジェンスイベント」で利用可能な、最も有用な6つのカスタムアラートは以下の通りです。

1.トラフィックの急増
2.トラフィックの急減
3.エンゲージメントの低下
4.売上の急上昇
5.コンバージョン率の低下
6.直帰率の急上昇

これらのカスタマイズされた通知を設定すると、分析をよりスムーズに行うことができます。


 
まとめ

データ解析はオンラインビジネスにおいて大変重用な要素ですが、面倒くさくて手を付けていなかったり、データを取っていてもうまく活用できていなかったりと、勿体無いことをしている人が非常に多いです。

何もわかっていない状態であれば、数字の羅列を見ても頭が痛くなるだけですが、それぞれの数字の背後にある意味を理解し、それをどう活用すれば良いかがわかりさえすれば、利益アップに大きく貢献してくれます。

まだ利用していないあなたはこれを機会に利用開始を、既に利用しているあなたは数字の意味と活用方法を再度見つめ直してみてはいかがでしょうか?


The following two tabs change content below.

エグゼクティブクラブ編集部

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。
2年 ago by in ネットショップ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved