stickyimage

Menu

【海外ネットショップ】コンバージョン率を下げる24つの間違い(後編)


本日は前回に引き続き多くの人がやってしまっているコンバージョン率を下げている24つの間違いについての後編をお届けします!

《関連記事》
【海外ネットショップ】コンバージョン率を下げる24つの間違い(前編)

 

<目次>

デザインにおける間違い
 13.目的のコンテンツを見つけやすくする
 14.訪問者が安心する要素を与える
 15.モバイル利用者を無視しない
 16.フォームを複雑にしない
 17.ネット上の写真を使いまわさない
 18.決済時にアカウント作成を強要しない
 19.コンテンツをパーソナライズする
戦略における間違い
 20.テストは一度で終わらせない
 21.顧客からのフィードバックを無視しない
 22.ホスティングとサイトスピードに投資する
 23.送料無料を提供する
 24.送料無料を提供する
まとめ

(見出しをクリックすると各章へジャンプできます)


 
デザインにおける間違い

 
13.目的のコンテンツを見つけやすくする

フィルタを使えないサイト検索は、穴が開いたバケツと一緒です。

その穴から買い物客はスルスルっと他のサイトに行ってしまうでしょう。

これは前記事でお話した12番と内容が被りますが、重ねて言わなければならないほど重要なことです。

見込み客が探している情報を見つけるためにできることはすべてやり尽くして下さい。

検索機能は顧客対応チームの一部です。
すべての検索は質問なのです。

検索機能が効果的に質問に応えられるかどうか確認しましょう。

 
14.訪問者が安心する要素を与える

訪問者を安心させるために、セキュリティアイコンやこれまでの実績など、信頼に足ると判断できるものを載せておきましょう。

見込み客があなたのウェブサイトにたどり着き、コンテンツやデザインが自分にとって合っていることを確認したら、次に知りたいのは「自分は安全な場所にいるのか?この会社は信用できるのか?」ということです。

ですので、あなたはそれらを見せておく必要があります。
見込み客が自信をもって買い物できる理由を与えてあげて下さい。

満足度の高いお客様の声や、顧客が必要としている情報が載っているお客様の声を掲載すると、より訪問者を引きつけることができるでしょう。

 
15.モバイル利用者を無視しない

モバイルからの訪問者をないがしろにすると、見込み客の半分以上を失うことになります。

モバイル端末は、eコマースにおいてデスクトップからのアクセスほどはトラフィックの変換率は高くないですが、以前よりもトラフィックは増加しています。

あなたのサイトにモバイルからアクセスした時、サイトの案内が適切でないと、見込み客は難しく感じてしまって他のサイトに行ってしまいます。

ここで再度、素晴らしいデザインが必ずしも効果的でないことを認識して下さい。

 
16.フォームを複雑にしない

コンバージョンフォームにあまりに多くのフィールドを含めると、登録率が下がります。

見込み客をすぐに次のステップに進めるために、必要最低限の情報のみ収集しましょう。

一度に知りたいことをすべて手に入れてしまおうと思うかもしれませんが、何回かの接触にわけて少しずつ収集する方が良いです。

メールアドレスと名前以外のものを収集しようとすると登録をやめられてしまうことが多く、見込み客の獲得が減少する原因となります。

 
17.ネット上の写真を使いまわさない

社会的証明を得るために写真を使用する場合、何を証明したいかがポイントです。

ネット上で頻繁に使用されている写真を使うと、手抜きだとかいい加減だとか思われかねません。

そうなるとあなたのブランドの評価は下がってしまいます。

既存の写真を使うべき場所は基本的にありませんので、他の人との差別化を図るためにも、誰も使っていないオリジナルの写真を使用するようにしましょう。

 
18.決済時にアカウント作成を強要しない

購入者に決済をさせるためにアカウントを作成させようとすると、購入者は減少します。

これまでも言ってきましたが、顧客の手間になるようなことは、行動を止めてしまう原因になります。

そしてその最後の場所は決済時です。

購入者がアカウント作成を絶対しなければならない場合は、購入時以外の適切な時期に作成してもらうように促しましょう。

ただし、購入後にアカウントを使って注文を追跡したいなどの理由で登録をしてもらうのは適切ですね。

 
19.コンテンツをパーソナライズする

サイトのコンテンツを顧客の属性や行動履歴に基いて最適化しないと、濃い顧客を得ることはできません。

一部のeコマースサイトでは、メッセージをリアルタイムかつ信憑性の高い方法でパーソナライズすることができます。

他の場合は、特定の属性ごとに訪問者をグループ化し、それに応じてコンテンツを提供する必要があります。

どの方法でも構いませんが、出来る限りパーソナライズされたコンテンツが多いほど、コンバージョン率の向上に繋がります。


 
戦略における間違い

 
20.テストは一度で終わらせない

テストは繰り返し行わなくては意味がありません。

一度テストを行ったら、もう一度内容を変えてテストを行い、結果を比較します。

そうしてどんどんテストを重ねて行くことが、ビジネスを成長させるための方法です。

新しい結果を得るためには何を変えなければいけませんが、1つ1つしっかりテストしていきましょう。

そうしないと何が良くて何が駄目なのかを判断することができません。

常にテストを行い、その結果に応じて調整を行います。
そして焦らず、ゆっくりと改善していきましょう。

 
21.顧客からのフィードバックを無視しない

顧客からのフィードバックを無視することは、貴重な勉強の機会を逃すことに他なりません。

顧客サービスは顧客のためだけのものではなく、あなたにとってもどこを改善するべきかを知ることができる重要な要素です。

毎日顧客と話しているスタッフと経営陣とでしっかりコミュニケーションを取りましょう。

これをサボるというのは、自分の裏庭にある金鉱の鉱山を放置するのと一緒です。

 
22.ホスティングとサイトスピードに投資する

お金を節約するのは大丈夫ですが、ホスティングやサイトスピードなどにお金を投資しないのは良くありません。

実店舗であれば、お客様が入れるだけの十分なスペースが必要です。

これはeコマースサイトでも同様なのですが、オンラインだと平方などで判断することができないため、知覚することが難しいです。

サイトの場合は、それは帯域幅で測ることができます。

訪問者がサイトのページをロードするのにかかる秒数は、コンバージョン率に大きく影響します。

ホスティング能力とサイトの表示スピードは、顧客を得るための重要な鍵を握っています。

 
23.送料無料を提供する

無料配送を提供しないのであれば、注文は減るでしょう。

すべての注文を無料で発送する必要はありませんが、無料になる方法や送料の割引を提供するだけで大きな効果があります。

どの研究でも一貫して、商品の値段を下げて送料を上げるよりも、商品の値段を引き上げて送料を下げる方が良いという結果が出ています。

 
24.送料無料を提供する

ホームページから目を離しまったら、あなたはビジネスの敗者となるでしょう。

トラフィック、広告、マーケティングメッセージ・・・すべてが重要です。しかし、ビジネスで最終的に大切なのは投資収益率(ROI)です。


 
まとめ

前編と後編の2回に分けてお話しましたが、ここでお話したことはついついやってしまいがちなことばかりです。

一見するとどれも効果がありそうなものに見えて、実は購入者側の都合を考えていない独りよがりな方法や戦略だったりします。

あなたはいくつ当てはまるものがありましたか?
これを機に、自身のサイトを見直してみてくださいね。

 


The following two tabs change content below.

エグゼクティブクラブ編集部

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。
2年 ago by in ネットショップ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved