stickyimage

Menu

【なぜ日本では流行らない?】米国ビジネス上欠かせないLinkedIn


LinkedIn_featured-image

ビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS) “LinkedIn”はご存知だろうか?LinkedInは2003年にシリコンバレーで誕生し、昨年に比べて35%もユーザー数が急増した、今やアメリカでは欠かせないSNSだ。2011年10月には日本語対応でのサービスが始まり、世界中のプロフェッショナルの生産性を高めることを目的としている。ところが日本では、日々ビジネスで活用している人はおそらく外資系に勤める日本人だけでごく稀なようである。日本の就職活動に利用されている印象もない。なぜ日本では流行っていないのか?今回はその理由に迫ってみた。

ユーザー数2億人突破

先ほども申し上げた通り、LinkedInは昨年に比べて35%もユーザー数が増加しているビジネスに特化したアメリカでは欠かせない人気のSNSだ。2011年にはユーザー数が1億人を超え、2012年には約1億5千万人、今年1月には2億人突破と順調にユーザー数を増やしている。時間にして1秒に2人というスピードでユーザー数は増えており、現在200カ国に渡り20カ国語に対応している。以下は国別に統計したユーザー数である。

記事を読む

LinkedInのFacebookページ

comment_logo 私みたいな業種で人材を求めているならLinkedInぐらいは登録しとかないとね。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
3年 ago by in 時事ネタ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2017 海外販売をしよう! All Rights Reserved