stickyimage

Menu

Xと思いきや、まだYの話。


吉田です、おはようございます。

「最強の輸出入新年会2014」
の募集が始まっています。
お申し込みはお早めに!
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/kgod…

島田紳助さんの「X」と「Y」の話し。

「Y」が世の中の流れ・顧客
「X」が自分の戦力・自己分析

彼を知り己を知れば百戦殆うからずの意味とは

「彼=Y」「己=X」です。
では彼とは何か。己とは何か。

エモーショナルな話しではありません。
科学なので、公式です。

ソコ、ふわっとすんなっての。

小学校の算数レベルですけど、
学校の授業では公式を与えられて解けば正解します。
ビジネスの世界では解の公式は自分で作ります。

確率論で儲かるビジネスと分かってれば
儲かるのは当たり前。

やってみなけりゃ分かんないは論外。
勝ちが見えてますかってこと。

全体像の話しをすると、私がよく言ってる
「稼ぎ続ける」っていうのが全てです。

稼ぎ=マーケティング
続ける=マネジメント

「X」と「Y」の話しは対になって
完結してもマーケティングだけ。

昨日までに話したことは、
マーケティングの「マ」の部分。

マーケティングからマネジメントまで、
全部マスターすれば、ゼロから始めても
3年以内に利益3000万の事業は生み出せる。

何個か柱を作ってパターン化したので、
不安や焦りもなくなりました。
全部失ってもポンポン作ればいいだけだし。

XとYの見つけ方のパターンは一緒

「X」を見つける公式は「Y」とほぼ一緒なので
Xの話しに行こうかな~と思ったけど
消化不良になるので「Y」をもっと詰めよかな。

ビジネスは壮大な詰将棋。
全勝ビジネスの「Y」公式の作り方を披露します。

世の中は絶えず変化してて、
その変化は、20世紀なだらかただったのが
21世紀に入って急激に短くなりました。

でも、実はあなたは稼げる情報を
情報を「知って」います。
「分かって」ないだけ。

メルマガやニュース、人と会って
キーワードを集めることから始めましょう。

情報は上から集める

情報はてっぺんから集めます。
世の中のトレンドは何なのか。

eBayなのか、Amazonなのか、ネットショップなのか、
ヤフオクなのか、旅行代理店なのか、飲食店なのか。

商売はネットにかぎらず無数に存在します。
「Y」を知るためには、まず考えないで
集めることに特化します。

情報は集めるだけでは意味がありません。
分析するための前提条件が必要です。

お笑いの世界だと、
1.オチだとか
2.間の回数だとか
色々あるみたいですけど
ビジネスの場合は「5W2H」で考えます。

1.Who(誰が)
2.What(何を)
3.When(いつ)
4.Where(どこで)
5.Why(なぜ)
6.How mach(いくらで)
7.How(どうやって)

そして、調べた情報を配置して
データの信ぴょう性をチェックします。

この情報は時代とともに変化するので
常にアンテナを張ってアップデートしていきます。

このデータベースも作らんと
ただノウハウばっかコレクションしてる人を
世の中では「情弱」って言うの。

これにより稼げる情報が分かる。
情報の「見える化」ですね。

聞いたことや調べたことを
5W2Hで書き出してみます。

1.Who(誰が)=Aさんが
2.What(何を)=国内Amazon商品を
3.When(いつ)=2011年3月から
4.Where(どこで)=米国Amazonで
5.Why(なぜ)=ライバルが少ないから
6.How mach(いくらで)=1個利益3000円で
7.How(どうやって)=日Amazon→米Amazonへ

これだけだと母数が足りない。
カブっててもいいからいっぱいスクラップする。
これをどんどんアップデートしていきます。

常に新規ビジネスのアイディアを収集しとくこと。
100個ぐらい集めて、1個選んで深堀りする。

実際に米国Amazonと日本Amazonで
価格差調べてイケることを確認する。

これは、エグゼクティブクラブの
マニュアルとかで、しこたま書いてるので
あえて言いません。飽きた。

いや宣伝してるワケじゃなくって、
Amazon輸出でもなく、eBay輸出でもなく
新しい「Y」の見つけ方の話しですよ。

リスク極小で稼げることが分かったら
もうやるしかありません。

そこでビビってる人はただの意気地なしです。
いや、データが証明してるので
そもそも自信満々になりますよね。

はやる気持ちが抑えられなくなります。
将棋の羽生さんのように、
勝利を確信した時点で手が震えます。

やらない理由がないのと、周りの人
家族とか、銀行とか、投資家とかに
説明しても、根拠があれば
うんと言う他ありません。

一発で自分と関わる人全てを説得できます。
これが一発で終わらせるってこと。

マーケットリサーチ全てに使える5W2H

今回は物販で説明しましたけど、
サービスや情報、オフラインビジネスでも
全部見つけることが可能です。

ビジネスの内容は全然違うけど、
見つけ方のパターンは全部一緒。

だから私は、時代に合わせて
どんどん変化していけるということ。

回し方はPDCAです。

1.P1(稼げる情報の母数を集める)
2.P2(点数付けて1つに絞る)
3.D(やってみる)
4.C(売上をチェックする)
5.A(次のP1を探す)

情弱はP1すら知らない。
一発屋はまぐれ当たりしたP2にしがみつく。
だからずっと同じことしか出来ないんですよ。

答えは自分の中にある。

あなたは答えを「知って」いる。
「分かって」ないだけだ。

【あとがき1】

文字だけじゃ分かりにくいかなーと、
海外発の最新の動画撮影手法
「draw my life」使ってまとめようと思ったけど、
しんどすぎて途中で断念しました。

ホワイトボードに文字書いて
5倍速とかで再生と更に編集が入るので、
すっごい手間かかるし、PCスペック食いまくり。

こりゃ、手軽じゃないですね。
3時間ぐらい粘ったけど、やめたっと。

(°Σ°)・・

何やってんだ私わ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
6年 ago by in ネットショップ , ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved