母親に時給300円で。。


吉田です、おはようございます。

最初にね、自分の仕事を任せたのは母親でした。

発送がどうにも追いつかなくなって、
出品の方にチカラを入れるために
誰かに発送を任せようと思ったの。

私の父も自営業だったから、
そこの事務所の一角を借りてね。

そんで、発送業務を任せようかなんてね。
そこでようやく「荷物に番号を振る」って
概念が生まれました。

HASSO JAPANの原型となる

これがHASSO JAPANの原型となるモデルで
今ではバーコードで管理してるけど、
昔はアナログで、ふせん貼ってただけ(苦笑)

最初の時給は300円にも満たないレベル。
息子だからってホント迷惑かけたなあ。
その後100倍返ししましたけど。

例えば海外販売で月収20万円になったとして、
自分で業務を全てこなしていると、
どうにもこうにも袋小路に入ることがある。

もっと売上伸ばしたいのに、
出荷作業で手を取られたり
クレームのメール対応で1日が終わったり。

とにかく手を止められる、
中断させられることが多いので、
なんとか自分は売上を伸ばすための仕事に
専念したいと思うようになります。

仕事はどのようにして生まれるか

1人だと月収20万円でも、
2人でやると月収は10万円ずつになる。
うーん、これじゃ暮らせません。

30万円なら人に20万円渡して
自分は10万円受け取る形になるかな。

ただし、今までの状態だと頭打ちで、
これからの状態には希望がある。

初めて人を雇う時、新規事業を始める時は
こういった状況によく陥ります。
帯に短しタスキに長し、みたいなね。

例えば利益50万円の仕事を2人で分け合うなら
1人25万円ずつなので採算は合う。

管理職の方が給料高いってイメージを
持ってる人のほうが多いと思うけれど、
実際は逆で、ビジネスを組み立てる時は
管理職という職種は後にできて給料は安い。

その後、その事業が上手く行けば
途中から逆転して管理職給与が高くなります。

定型的な作業をする人の給料は
物量の増加にともなって
相対的に見ると安くなっていく
というイメージです。

スケールメリットを意識しよう

母親に発送作業を任せていた頃と
今の大きな違いは「スケールメリット」

5人が月収20万円なら総額100万円。
1人4万円分の仕事を5人が提供したら
20万円の仕事を生み出せる。

少し楽になったね。

これも1つのスケールメリットです。

たくさんモノが売れていくようになると
人の入れ替えも効くようになるし
ある程度の給与は保証してあげられます。

そこまでに行くのに、自分が我慢して
相手に多く渡していくことも多いでしょう。

一番最初と真ん中が我慢のしどころ。
私は今、始める前からこれを知ってる。

単体で行くか、共存するかはあなた次第。
最初のステージを1人で駆け上がるのは
大変なので、どの業界でもテッペンの人達は
独自のコミュニティがあって仲が良い。

そこまでは数名の経営者で一気に駆け上がり、
その収入はそのまま次の事業へ投資してく。

次の種へ、次の種へと種まきしていくことで
事業の柱がたくさん生まれることになって
リスクを回避することができるようになります。

最初が肝心

一定規模になるまでは突っ走らないといけない。
そこまでには銀行から資金を調達したり、
投資家から投資をしてもらうというということも
大きなビジネスをする上では必要な手段となります。

最初はまず、月5万円を自分で稼げるようになること。
次に、そのプラスのビジネスを大きくするために
必要な資金をどの手段で調達するかを考えましょう。

最初のお小遣い稼ぎ程度の収入を侮るなかれ。
大抵そこ見れば、その人の素質が分かります。

【あとがき1】

カンファレンスの募集開始を、
明日あたりに始められそうですね。

うーむ、この値段でこれやって良いものか・・

コエー(°Σ°)

ということで、明日の記事をお楽しみに!
凄いことになります。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。