stickyimage

Menu

【お金の裏話】仕入れと融資の意外な共通点


メーカー仕入れをすると掛売りと言って、
定価の7がけ、5がけと言った具合で、
30%オフ、50%オフの値段で仕入れることができます。

どうやったらいいですか?と
よく聞かれるけど、直接ホームページ見るか、
商品の裏側のラベル見て電話してくださいと言います。

メーカーが直接卸してる場合は担当者に繋がるし、
問屋がある場合は一番問屋、二番問屋等の
連絡先を教えてくれます。

基本、これだけ。

何が言いたいかというと、
メーカーにとってあなたの存在は、
商品をお買い上げ頂けるお客様だということ。

なので、緊張する必要もないし、
堂々としていれば良いということです。

では、メーカー側から見たリスクは何かというと、
貸し倒れのリスクですね。

取引を何度も繰り返すようになると、
後払いができるようになったり
掛け率が低くなったりと優遇してもらえますが、
後払いにしてお金が入ってこないのを心配してます。

なので、最初は現金払いということで、
口座を開いてもらうことが多いです。

ここで言う口座を開くというのは
取引を開始するという意味。

よく、法人でないといけないんじゃないかとか、
経験があまりないのでムリじゃないかとか、
そういうことをよく聞かれますが、関係ありません。

それは、与信といって支払いが
ちゃんとしてもらえるかどうかという話しなので、
交渉次第でなんとでもなるということです。

これは借り入れの場合も同じです。
tmhs.me/lp/loan/f/…

銀行から見ると、あなたは利子を
払ってくれるお客様なので、
お金を貸してくださいと言っても
いぶかしがる銀行員はもちろんいません。

貸したいのは山々だけれども、
返してくれるんだろうかというところで、
仕入れの場合も融資の場合も審査があります。

それに通れば、貸してくれるということ。

んで、ここからが裏話になります。
それ以外にも貸す側の事情があります。

例えばメーカーの場合ならキャンペーン。
新商品の認知を上げたいので、
シーズン前に、とにかく売ってくれる小売店を
探している時期があります。

銀行なら、ノルマ。

それぞれの支店に営業成績があって
もちろん担当者もその期間は
ノルマ達成のために手段を選びません。

なので、タイミングが重要だというのが、
この対談の秘密の部分でもあります。

なんだか夜のお仕事の誕生月みたいなもんかなと。
テレビで見たけど、その月は売上1位を目指して、
1年で一番頑張る時なんだとか。

あなたは自分の欲しいタイミングだけで
考えていませんか?

ということで、勉強になるので是非
無料対談をご覧ください。
tmhs.me/lp/loan/f/…

なかなか聞かせてもらえない話し。
無料で聞けるなんて、マジで運がよいです。

Text sign showing Call To Action. Conceptual photo Encourage Decision Move to advance Successful strategy Man holding megaphone loudspeaker speech bubble message speaking loud.


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
3週間 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved