stickyimage

Menu

釣った魚にエサやらなかったツケ


「焼肉食べたーい。」

日曜日の昼下がり、今晩何すると
なんとなしに質問したら、妻はこう答えた。

私が作ったタイマーを妻と娘に使い方を
レクチャーした後の出来事。

んー?あれ?なんか違うぞ?

私はとっさに直感が閃いて、
妻にこう問いただした。

「そういえば、ダイエットどうなってる?」
「・・・、今月は進んでない。」

自分の体重を計測するようにと見たグラフは、
今月はどうやら低迷しているようだった。
バツの悪そうな顔でこちらをみる。
それは娘の、その顔とまんま一緒だった。

筋トレは私と同じく週4でやってる。
月火木金で、だいたい1時間半ぐらい。

時間数で言ったら150時間を超えたぐらい。
習慣化しているのと、体重は6.9キロ減ってた。
しかし別の見方をすると、体重の前月比ベースは
少しずつ遅くなってきている。

私の言う300時間で夢が全て叶うという意味は
目的から逆算して300時間という意味。

「目的は、ダイエットだろ?」
「うん・・そうだけど。」
「体重を48キロに『し続ける』ために手段を問わない。」
「まあそういうことになるよね。」
「だとすれば達成するために必要なのは2つしかない。」

万年赤字のハウステンボスを再建した
澤田社長の経営術をなぞって私は言った。

万年赤字のハウステンボスをわずか半年で
黒字に転換した経営手法は実にシンプル。

経費を2割削減して、売上を2割増やした。
それだけ。

つまり、ダイエットを成功させるためには、
摂取カロリーを減らして、消費カロリーを上げる。
たったこれだけのことでダイエットは成功する。

「ただただ筋トレしてたんじゃないの?」

いつも通り、嫌~な顔をされる。
図星だからだ。

私がどんどん夢を叶える過程で、
「稼ぐことから逃げない」という
徹底して一貫した行動指針がありました。

それで私個人は上手く行ったけれど、
周囲の目はどんどん冷ややかになっていった。
もう、ついていけないほど差が開いたからだ。

だけど私はそれを自慢したいワケじゃない。
むしろ、自分だけが努力して周りと差が開けば、
どんどん足を引っ張られることになる。

私の成長のために「他人を成功させる」ことが
私の中で最も重要なタスクになった。
それに私は次の300時間をかける。

風を、逆風から順風に戻すのだ。

他人を成功させるために大事なことは
「顧客に寄り添い、伴走する。」
それだけしかない。

だから私は自分で作ったこのタイマーを使って、
妻のダイエットを必ず成功させる。

妻が美しいなんて最高じゃないか。
美しい女性を選ぶんじゃなくて、
美しい女性を創るのだ。

釣った魚に餌をやらないとはよく言ったもんだけど、
遠くの人ばかりの成功に注目して、
身近な社内の幹部候補生や
家族に時間をかけなかったのは反省点。
一緒に成長しなかったツケが回ってきてる。

「まずは『ダイエット』っていうタスクを作って。」

私はそう言った。このタスクに対して
300時間という時間を計測する。

その中に、筋トレもあれば、
食事制限という項目も入る。

何をするかについて考える時間も
1クール25分の中に入ってくる。

考える時間、行動する時間も含めて
300時間目的から逆算して計測する。

筋トレに300時間かけるんじゃなくて、
ダイエットに300時間かけるのだ。

この目標設定で結果はぜんぜん違う。

私がプログラミングを勉強してるのは、
『プログラミングで人類を救うため』で、
プログラミングそのものが目的ではない。

HTMLもCSSもPHPもMySQLも
JavascriptもAjaxも学んだけど、
それ自体には意味がない。

使ってもらって、成功してもらって
初めてツールはほんとうの意味を成す。

例えば高岡さんという人がいます。
www.youtube.com…

陸王というTBSのドラマを知ってる人は
いると思いますが、小説で読んで面白かったので
それを書いた時に連絡をもらいました。

あのドラマの革新的なシューズの
モデルになった人です。
対談も収録しています。
youtu.be/HFZdAacSVm4…

彼は、裸足でフルマラソンを走破する人なんですが、
選手の怪我が多いことから、
怪我をしないベアフットのランニングシューズを
開発しました。

今のランニングシューズって過保護に
足を守る構造になっていて、
ソールが分厚い設計になっています。

衝撃を吸収するように分厚いソールで足を守ると
初心者でも簡単に走れるようにはなるけれど、
偏った走りをしている以上、
酷使するとアンバランスで壊れやすくなる。

ビジネスも同じで、初心者がフワッと成長すると
その後の伸び代で苦労することになります。
宝くじを当てた人がその後不幸になるのと同じ。

ランニングシューズのメーカーでありながら、
その使い方もアドバイスするという、
そういうニッチな世界で動画は急成長しています。

ちなみに私も普通にファンなので、
こっそりチャンネル登録しています。

まだメルマガ読んでくれてるんだろうか笑
これからの時代はこんな感じで、
ファン同士が繋がる時代になっていくでしょう。

私は10年以内に時価総額
100億の企業を作ります。

そのためには、もはや個人プレーは無理。
なので、まずは身近な人から
成功させていかなければなりません。

幹部候補生は月給を50万円以上に、
妻は超絶美人になってエステにも通ってもらい、
娘はバイリンガルのデザイナーに、
息子は天才プログラマになってもらいます。

そして次はあなたを全力で成功させる。
それができたらもう、死んでもいい。

何度も死にかけた。
そして私は成長した。
次はあなたの番だ。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
3か月 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved