stickyimage

Menu

妻たちの戦い。駐在妻と起業妻


「ねえねえ、リッソクって知ってる?」
「え?麻雀用語の立直?」

子供が小学校に上がってから、
イベント事が多くなってきた。

昨日はドッジボールの練習で
クラス対抗の大会に向けての練習。

PTAみたいに役割が決まってて、
Tシャツ作る係りとかコーチが分担される。

それでママさんチームとパパさんチームで
LINEのグループが作られて、
そこで、なんだかんだのやり取りが行われるのだ。

「どこかで集まろうみたいな話しになってて、
 まとめ役の人が途中まで色々決めてくれてたんだけど、
 しばらく音沙汰がなくなっちゃったの。」
「へー。」
「それで、どうする?って別の人が聞いたら
 『ごめんなさい、私でリッソクしてしてましたね』って。」

「立直っていうのは麻雀用語でさあ。」

私は得意げに話し始めた。
高校時代は地元の幼馴染と
毎晩麻雀をしてて、徹マンして
昼は学校で寝るという生活を送ってたからピンときた。

おかげで高校の成績は学年でダントツの最下位。
勉強よりも盲牌ができる人を尊敬してたぐらい。

「ちょっと使い方違う気がするけど、
 立直だから自分が最後だったって意味じゃない?」

私はそう答えた。

「人生で初めて聞いた言葉だから調べたの。」
「そしたらなんだって?」
「ボトルネックだとか、化学反応の遅い箇所だとか、
 IT用語っぽいんだけど」

ん?話しがズレてきたな。
ちょっとLINE見せてみ?

っつって、LINEの画面を見たら・・・

「律速」でした(゜Σ゜)

という感じで、シンガポールの駐妻が大半の
このコミュニティでは、謎な経歴の人妻が多い。
もしかして、元はプロマネか医学部卒か。

みんな格好も「ザ、セレブ」という感じなので、
なんかみんなサマになっているのです。

そんな彼女たちの中で、初対面で
挨拶代わりに話す言葉が
「任期は何年なんですか?」
という質問。

駐在の人たちは任期が終わると
すぐに帰るか、別の国に行くので
どうやらそこは大変そう。

この前はインドに決まった人がいて、
その人は喜んでた。インドは栄転。

私の場合は自分の会社で自分で
ビザ出してるので、特に任期はない。

「特に決まってない。」と答えると、
毎回、根掘り葉掘り何してるか
聞かれるらしい。

そう、私達ははぐれメタル。
シンガポールで大多数のコミュニティとは
一線を画す、レアメタル的存在なのだ。

なので、起業家妻が集まると、
起業家妻らしくロープレで対策を練る。
お茶をしながらこんなブレストをするらしい。

「任期は何年なんですか?」
「あー特に決まってなくてー」
「え?じゃあ旦那さんは何してるんですか?」
「えーあたしそういうの分かんなくって」

そこで食い下がられたらどうするの?
っていう妻の質問に対して
もうひとりの起業家妻はこう言うらしい。

「聞かないでオーラを出す。」

・・・。

トボけ倒すのか~(゜Σ゜)

仲良くなってもすぐ転勤するので、
それが寂しいっていう人もいるし、
しがらみが無くていいよねって人もいる。

私は後者の方かな。
気楽でいいや。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。
4か月 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved