stickyimage

Menu

【第二話】場所を選ばず、パソコン一台で世界中を旅する方法


3年更新で、シンガポールビザの更新が通りました。
海外で暮らすということは、いつでもできることではありません。

今回は、本物のノマドが伝える
「場所を選ばず、パソコン一台で世界中を旅する方法」
についてお伝えします。

この国に居住する要件の主なものは
学歴、資産、スキルの3つの要件があります。

特にシンガポールは条件が非常に厳しく、
周りの起業家は東大、京大、阪大の
大学院卒の人が大半です。

私は三流大学に一浪して入った人間ですが、
「大学だけはとにかく出ておけ」と言ってくれた
父の言葉が今、身に沁みています。

次に資産要件です。5年以上前で
ギリギリ高卒でもビザが降りた人もいますが、
その人は資産が10億円以上あります。

スキルについては
「シンガポールのためになる人物か」
をチェックされます。

特に最近はこの3つ目の要件の配分が非常に高く、
私がビザの申請をする時でも中国人の資産家の
話を例に挙げ、不動産を買いまくっても審査に落ちた
ということを弊社の現地会計士は懸念されていました。

つまり、シンガポールに貢献できるほどの
人物でなければこの国には住めないということです。

私の場合は起業歴と納税額、そして
経営手腕が認められたことが大きかったです。

国の情勢にもよりますが、若さも大事な点です。
この国にはリタイアメントビザが無いので、
国民の半数が移住者であるこの国では
世界中から優秀な人物を選抜して集めているのです。

私は来年で満40歳を迎えます。

今でもたくさんの失敗をしているので、
まだまだ自分に自信があるとは言えません。

しかし、27歳で起業した当時は若手でしたが、
もうそれ相応の立ち振舞を求められる年齢となりました。

私に言えることは、未来についてのどうこうよりも、
過去どのようにして問題解決をしてきたか、です。

その延長線上に現在があり、今ここにいることだけは
紛れもない事実だからです。

創業12年の本物の起業家として、そして口だけでなく、
本当に家族で難易度の高い国に移住ができた
1人の人間として、ありのままをお話します。

そんな私も、最初は2万円台の家賃のところから
脱サラしての起業でした。

そこからどうして、こうなったのか。
私はどのように問題解決してきたのか。
その答えに迫ります。


The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

最新記事 by 吉田ゆうすけ (全て見る)

9か月 ago by in ビジネスマインド. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

About

エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved