ぐっすり眠れるようになる方法


朝4時、目覚ましが鳴ってしばらくまどろむ。日本とは1時間時差があるので、日本は5時だ。記事を更新する目安の7時までのリミットは2時間。いつも損した気分になる。

夜に書くと寝れなくなるので、早起きするか夜寝る前に書くかどちらかを選ぶことにしてる。この生活がずーーっともう続いてる。この習慣ともうずっと戦ってる。

結局5時半になってようやくムクっと起き出し、さあやるぞとプロテインに牛乳を混ぜて喉を潤し、最近の朝の日課になってるジムに行く準備を済ませる。

「筋力が落ちると気持ちも落ち込むから。」

そう言ってトレーニングに励む人は多い。それで毎日通うことにしたんだけど、これがまただいぶと肉体的よりも精神的に良い影響があって、とても調子が良くなった。

特に不眠で寝れなかったのがよく寝れるようになったし、冷え性気味だったのも改善されて体が温まる。

少し体つきも変わってきたかもしれないけど、期待はしない。淡々と続けるのみ。結局は継続力だと思う。

1つのことを続けてると、飽きる時もあるし調子が狂うこともある。それをなんとか工夫して、続ける力さえあればなんとかなると、信じてる。

少しやり方を変えてみる。例えば今日は改行のルールを変えてみた。どうかな、読みやすいかな。読みにくかったらまた元に戻そう。

ルーチンワークと違って、マーケティングの場合は話題性やインパクト、意外性が必要な場合がある。キャンペーンをする場合も中途半端じゃ人の印象に残らない。

そのために、住む場所を変えてみたり破天荒なことをワザとやってみたりして自分に耐性を作っておく必要がある。何時も通りのことをいつも通りにこなしていても、ジリ貧になるだけ。

誰かにインパクトを与えるということは、自分がそのインパクトに耐えられるだけの守備範囲を広く持っておかないといけないから。

だから私は海外に住むという選択肢を今は持つようにしてる。正直ビジネスをやる上では日本に居たほうがいいだろうなあと感じることも多い。

何か波風を立てる時は、周囲の説得からして時間がかかるけど、粘り強く淡々と提案と添削を繰り返していくことが大事かな。

「起業なんてしたって、成功するワケない。」

考えてみるとまずはここからのスタートで、それ以上の反対を受けることなんてその先いくらでもある。できない理由を1つずつ出来る方法に変えていって、気がついたら遠くまで来ていたことの繰り返し。

普段の生活だとそんなに目はつかないのに、筋トレ始めたら周りには欧米人のゴリマッチョがたくさんいるので、自分なんてまだまだだなあと感じるようになったり。

どこにいても簡単には1番になれない。だけど「昨日の自分を上回る」ってことが自分を満たす唯一の手段。

昨日の自分の何を超えていこうか。今日はまず腹筋から始めよう。

Young man comfortably sleeping in his bed

The following two tabs change content below.
エグゼクティブクラブ代表の吉田です。 エグゼクティブクラブは9年に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出し、 14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制、 業界最大級の海外販売・個人輸出の会として、 あなたに的確なアドバイスをさせていただきます。